« 前へ | Main | 次へ »
RUCOLINE 2017AW
イタリア発のラグジュアリーフットウェアブランド「RUCOLINE(ルコライン)」の2017秋冬コレクション展示会に行ってまいりました。


RUCOLINEといえば「R」マークですが、こちらはその「R」をあえてマットに表現したシリーズ。



足の甲から足首にかけてのカーブがとてもきれいですね。
ヒールの高さもあるので足長効果が期待できそうです!
カラーパレットもベーシックなものが揃っているのでコーディネートの幅も広がりそう。
(タイトなロングスカートと合わせても格好いいかも…)






こちらはヌーディーなカラーにゴールドのRがとても印象的。
実物はよりカラーグラデーションがきれいでした!



そしてこの秋から日本に本格上陸するメンズも。
全体的にスタッズが施されたこのスニーカーは圧倒的な存在感。
個人的にはマットなブラックスタッズがお気に入り。





そして、さすが機能性を重視しているブランドだけあって、バッグもとてもしっかりとした作りになっています。バリエーションも充実でレザーの重厚感がいいですね。






全体的によりアクティブな印象に、そしてさらにバリエーション豊かになっているRUCOLINE。
これからの展開が楽しみですね。

春夏コレクションはこちらから。



 2017/05/21 20:31  この記事のURL  / 

“CAN PEP REY” POP UP @Graphpaper


「ワードローブ」をコンセプトに、シンプルで上質な、コーディネートの軸となるアイテムを展開している“CAN PEP REY(キャン ぺプレイ)”。

ドイツ出身のポール(Paul Conradi)とベルギー出身のモード(Maud Vanden Beusseche)によるブランドです。

その2017春夏シーズンから日本本格上陸を果たしたCAN PEP REYが、現在青山のGraphpaperにて期間限定POP UP STOREを開催しております!



異国、イビザのBARで過ごす一日をイメージした2017春夏コレクション。
非日常な場所での日常を、リアルでアンニュイなワードローブが盛り立てます。

クローゼットを開ければそこにある。
ついつい選んでしまう体に馴染んだ服。いろんなアイテムとコーディネートを楽しめる服。
気軽に着たいからこそ着心地がよくて動きやすく、優しい表情を見せる服。

それこそがCAN PEP REYの紡ぎ上げる服なのです。





自然や風景画をヒントに選んでいるというカラーバリエーション。
柔らかく、微妙な色のニュアンスが独特の空気感を醸し出しています。




POP UP前日のレセプションパーティーに合わせてデザイナーさんも来日!
モードさんは3回目の来日となるそうで、日本の美的感覚や空気感がとても刺激になると語ってくださいました。
「シンプル」でありながらも「本物」であること。そんな彼女のデザイン哲学が、日本の精神性と通じているようです。



確かに、実際アイテムを見て、手に取ってみるとシンプルな中に込められた細やかなディテールがよくわかります。(袖の長さとか丈感が本当に絶妙で、そして何より素材の優しさにビックリします)

POP UPは18日までですので、皆様ぜひ実際に触れてみてください!
(月曜日はお休みで、営業は20時までです)

関連記事はコチラから




POP UP: 2017年5月12日(金) 〜5月18日(木)
場所 :Graphpaper
住所:東京都渋谷区神宮前5-36-6
公式サイト:http://www.canpeprey.com
 2017/05/13 20:28  この記事のURL  / 

ABAHOUSE HARAJUKU OPEN!!
2017年4月29日にABAHOUSE LASTWORD 原宿店がフラッグシップストア「ABAHOUSE HARAJUKU」としてリニューアルオープンしました。




“French-Style for you” をコンセプトとしており、ABAHOUSE HARAJUKUでしか展開しないエクスクルーシヴラインの他にもパリから買い付けた新進気鋭のブランドのセレクトラインも並びます。


(一番右のシャツはStevenson Overall 別注半袖シャツ 。ベースとなるインディゴの生地は1940年代の紡績機で紡いだ糸で織り上げているそう。)



(フレンチシックを体現するサスペンダーパンツ)


セレクトラインでは、女性デザイナー、デボラ・ニューバーグによるメンズブランド 「デ ボン ファクチャー(DE BONNE FACTURE)」や、ミニマルな上質スタイルを展開する「コルテッセ(COLTESSE)」など日本ではまだあまり手に入らないブランドのアイテムが揃います。


取り扱いブランド:
ABAHOUSE
RECENCY OF MINE ABAHOUSE
ABAHOUSE HARAJUKU EXCLUSIVE COLLECTION
COLTESSE
DE BONNE FACTURE
MONSIEUR LACENAIRE L
E MONT SAINT MICHEL
PHILIPPE AUDIBERT and more.






オープニング前のレセプションではタイポグラフィー・アーティストのCeizer(カイザー)さんのライブペインティングが。




これからも様々なPOP-UPイベントを通年開催するそうです!
HPをチェックしてぜひ訪れてみてください!

ABAHOUSE HARAJUKU
営業時間 : 11:00-20:00
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-16 1F
TEL:03-5466-5700
http://blog.at-scelta.com/abahouse-harajuku/



 2017/05/06 19:39  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
山根 由実(やまね ゆみ)

神戸生まれ神戸育ち。
大学卒業後フィンランド•ラップランド大学に留学。
アート&デザインを学ぶ。
現在はフリーライターとして活動中。

HP:http://yumiyamane-web.main.jp/
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/yumiyamane/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード