« 前へ | Main | 次へ »
ファッションカンタータ フロム 京都 A
こんにちは〜



では、前回に続きまして、ファッションカンタータ フロム 京都 Aをお送りします。


(Here's report of Fashion Cantata II ~Music performance and Kimono fashion show~)


ファッションカンタータ フロム 京都 @はコチラから〜




ファッションカンタータのお楽しみと言えば和洋ファッションショーの融合ももちろんですが


毎回豪華ゲストミュージシャンによるライブもあります。


(Fashion Cantata is not only an event of fashion but also fantastic music live. )




今年はなんと、圧倒的なパフォーマンスで人々を魅了する



東京スカパラダイスオーケストラ


(This time, the guest musician is Tokyo Ska Paradise Orchestra.)



Y'sのショーの余韻の中に現れるメンバーたち…











晴天の中繰り広げられる華麗なるライブパフォーマンス。









今回のファッションカンタータの演出を手掛けた中野裕之さんが


"テーマの「情熱」を想いながら会場の真ん中に立って舞台をイメージした時、


まっさきにスカパラさんが思い浮かんだ"


と語っておられましたが、まさにしかるべき存在感。





世界で活躍する実力派ライブバンドの情熱が溢れ出し


会場もどんどんヒートアップ。









お寺とスカパラという一見ミスマッチなコンビネーションですが


その非日常感がさらにワクワク度を高め


スカパラワールドにすっかりと飲み込まれてしまいました〜









きれいなブルーの衣装も映えますね〜









そしてそして



ライブを存分に楽しんだら続いて「京都コレクション協議会」の作家さんによる着物のショーが始まります。



4人の作家さんがそれぞれ5体ずつ発表します。



平安時代から続く京きものの伝統。



そこに新たな息吹を吹き込み斬新なきものを提案。



(Now, finally you'll see the Kimono fashion show by artisans of Kyoto Collection Council.
They are creating unique and very original Kimono using traditional technique and modern inspiration.)




まずは栗山吉三郎さんの和装コレクション。







トップを飾るのは杏さん。









鮮やかな色のコントラストが美しい。。。











コチラ↓は「君子蘭」という作品。




「高貴」という花言葉を持つ君子蘭。


今回のテーマである情熱を注いで染め上げたそうです。










続いて藤井浩さんの作品。





コチラ↓「情熱の花」



淡いモノトーンのコントラストの中に浮かび上がる真っ赤な「情熱の花」。


幻想的でありながら艶やかな美を表現。











また、今回のきものショーでの特別な仕掛けは、


バレリーナの方がモデルを務めていることです。






着物は内股、バレーは外股。


真っ向から対立、相反するものかのような二者が融合し


新たなしなやかさ、上品さを生み出していたように思います。














さて、ファッションカンタータはいよいよ終盤へ…



ファッションカンタータ フロム 京都 Bへ続きます〜



おたのしみに。


Report of Fashion Cantata from Kyoto Part 3 will follow...
 2013/05/28 22:23  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
山根 由実(やまね ゆみ)

神戸生まれ神戸育ち。
大学卒業後フィンランド•ラップランド大学に留学。
アート&デザインを学ぶ。
現在はフリーライターとして活動中。

HP:http://yumiyamane-web.main.jp/
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/yumiyamane/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード