« 前へ | Main | 次へ »
パリブログI イルミネーション
こんにちは〜

ご無沙汰しております。

パリもずいぶんと寒くなってまいりまして…冬のお楽しみ、イルミネーションも始まっていますよ〜

有名なシャンゼリゼ通のイルミネーション



すべてLEDだそうですよ。11月20日に点灯式がありました。

黄色っぽいライトとブルーのライトでシンプルです。

コンコルド広場名物の観覧車が今年もお目見え。

初めて乗りました〜夢のよう〜



そしてきれいなライトアップもいいのですがやっぱりお楽しみはこちら



クリスマスマーケット〜



屋台がた〜〜っくさん出ていますよ。

クリスマスっぽい雑貨屋さんから食べ物、ホットワインやホットチョコレートなど、

ヨーロッパのクリスマスを体感するならぜひこちらへ。

私のお目当てはもちろん食ですが。



この↓シャケの看板がかわいい屋台では焼きたてのシャケサンドが食べられますよ。
美味ですよ〜



こちらは高級ブティック街のモンテーニュ通



パリ中がきれいなイルミネーションに包まれて

クリスマスの楽しくも厳かな雰囲気を醸し出しております。

モンマルトルも



ノートルダムも



パリにいらっしゃる方はぜひ!!

(シャンゼリゼのイルミネーションは1月7日まで)
 2012/12/01 00:00  この記事のURL  / 

パリブログH -食編-
こんにちは〜

コレクションレポートの途中ですが、ひさびさのパリブログ。
本日もまた食編をお送りいたします。

今回ご紹介するのは’薬屋’という名のビストロ。
'La Pharmacie’です。

パリ11区、メトロOberkampf駅のすぐ近く。
Jean Pierre Timbaud通りという道を行くと、何とも言えないレトロでかわいい青色が見えてきます。

そこが'La Pharmacie(ラ・ファーマシー)’
ちょっと外観はレストランっぽくないですのでご注意を。


内装はいかにもパリらしいビストロなんですが、赤を基調としていてモダンでおしゃれ。
おいしいナチュラルワインが置いてあるのですよ。



いただきますのは'Bouge’という名のナチュラルワイン。2013年の。



ランチタイムはお得なセットメニューで、
前菜+メインもしくはメイン+デザート、それぞれいくつかある種類から選びます。


私の前菜はこちら。

インサラータ・カプレーゼ〜…イタリア料理ですが…
バジルおソースが美味!
と〜ってもフレッシュで体内が洗われる感覚でした。


そしてきれいになった体内に流し込みますメインディッシュはこちら。

ビーフ・おステーキ。
アップでボリューム感を演出してみました。
フレッシュサラダと自家製のポテトの付け合わせが嬉しいですね〜。
こちら(フランス)でステーキを頼むと基本お塩などのシンプルな味付けのみなので
お好みで塩・胡椒、マスタードなどをつけて召し上がれ。
焼き加減はSaignant (セニョン)=レアがオススメです。
ちなみにフランスではお肉は柔らかさでなく味で勝負。
噛み応えのあるお肉をしっかりと味わって召し上がれ。


お連れ様はヘルシーにお魚。

確か鯖だったと思いますが優しいお味。
付け合わせはちょっぴりカレー風味のキャベツでアクセントを。



こうしてシェフが丁寧に手の込んだお料理をオープンキッチンで作ってくれるのです。
夜だとメニューがアラカルトになってちょっぴり高いかもしれませんが
ランチだとセットで17ユーロとお得。
ちょっと特別な日のランチに。お料理はどれも間違いないのでチョイスもお楽しみください。


そしてお腹いっぱいで大満足の山根は…





しっかり追加でデザート(モモのタルト)とカフェをいただいたのでした…。
ごちそうさまでした。


La Pharmacie
22, rue Jean Pierre Timbaud 75011 Paris




contact: yumi.yamane1118@gmail.com
(お仕事のご依頼もこちらへお願いします↑)
 2014/07/17 23:59  この記事のURL  / 

パリブログG -食編-
こんにちは〜

あれだけ天気が安定せず寒かったパリもいよいよ暑くなってまいりまして
(というか今度は急に暑くなりすぎ)、今日も25°を超えております。
お天気が良いのは素晴らしいのですが、パリの太陽、強すぎ。日差し、痛すぎ。
湿度が低いことや緯度が高いことに関係しているそうですが、日本では日傘が欠かせない太陽アレルギーの山根としましては辛いところであります。
こちらでは日傘なんてさしてたら変な人を見る目で見られるし、サングラスは似合わないし、夏に向けての紫外線対策に苦慮しております。

と、山根の個人的事情は置いておいて、暑くなるとみなさん、飲みたくなりませんか?
そう、ビアー(ビール、フランス語ではビエール)です。
本日はパリで飲める本格ベルギービールのご紹介。



パリ17区、メトロ13番線の「Guy Moquet」という駅でおりるとすぐの
「LE BAR BELGE(ル・バー・ベルジュ)」。
パリでめずらしいベルギービールがリーズナブルに楽しめるバーなのです。

もちろんテラス席で外を眺めながらビールを堪能するのもいいですが、
お店の中の、古き良きヨーロッパの面影を残すシックな内装(ただ古いだけなんですがわざと作り込んでいないリアルさが良いです)に囲まれて雰囲気を楽しむのもオススメです。





こちらでいただける貴重なビールは



「ORVAL(オルヴァル)」。
なんとこちら、修道院で醸造されているビールなのだそう。
ラベルの上の方に'TRAPISTE(トラピスト)'と書かれているのですが
こちらはトラピスト会(カトリックの修道会、厳律シトー会とも言う)の厳格な規則に従って製造しているビールなどだという証であります。

かのマイケル・ジャクソンも愛したビールであり、トラピスト・ビールの中でも最も個性的でファンが多いというORVAL(オルヴァル)。
アルコール度数が6.2%と高めでグイグイと喉越しを楽しむためのビールではございません。
しっかりしたボディーと苦みを少しずつ舌で受け止めながら常温でチビチビいただくのがいいみたいです。


そしてもうひとつ。


「Westmalle(ウェストマール)」。
こちらもトラピスト・ビールの一つなので修道院で作られております。
いくつか種類があるようですが、こちらの黄色いラベルのものはなんとアルコール度数9%以上とビールにしてはなかなかの数値をたたき出しております。
ただ、香りはフルーティーで先ほどのORVALと比べると苦みは少なめ。
女性の方にも好まれるかもしれません…が飲み過ぎ注意です!
こちらも常温でチビチビいただいてください。



と、偉そうにビールを語ってしまいましたが実は山根、お酒をあまり飲みません。
飲めません、というわけではないのですがあまり飲みません。
特別なお祝いの席や取材ではもちろん飲みますが、普段家でガブガブ飲んだりはしません。

ですのでもっぱら私の楽しみと言えばこちら。





ベルギーポテトーーーーーーーーーーーー!

…。

すみません。大好物なもので…。

こちらのお店ではおいしいおつまみも揃っていますよ。
この日は大先輩に連れて行っていただきこんなものが食べたい、と適当に言っていたので全く同じものがメニューにあるのかは分かりませんが、「Jambon(ジャンボン-ハムの意)」と「frites(フリット)」と言えばこのようなものが出てくると思います。

パリでおいしいベルギービールとおつまみをいただくならオススメのお店です。

LE BAR BELGE(ル・バー・ベルジュ)
75 Avenue de Saint-Ouen, 75017 Paris




ベルギーポテトで思い出しました、パリでおいしいベルギーポテトのお店も今度ご紹介いたします〜

では。

 2014/06/13 00:25  この記事のURL  / 

パリブログF -お店編-
こんにちは〜

今日は去年オープンしたコンセプトショップ
'The Broken Arm' に行ってまいりました。

De Jeunes Gens Modernesの編集やラグジュアリーブランドのコンサルをしていた3人が始めたセレクトショップ。

洗練された雰囲気の漂う北マレ地区の一角に街に溶け込むようにさりげなく佇んでおります。




こじんまりとした空間なんですがとってもクリーン。
品揃えはシーズン毎に変わると思いますが、
3.1PHILLIP LIM やCEDRIC CHARLIER、JACQUEMUS、SWASHなど。



メンズ、ウィメンズ両方あって、何気なく配置されている小物のセンスも秀逸。
写真集なども置いてあって感性が刺激されます。




ショップの隣にはカフェも併設。



こちらも大人気でエスプレッソマシンは常にフル稼働。
祝日だからかな〜
席がなかったので待ち合わせをしているという素敵なマダムにお願いして相席させていただくことに。
わたくし山根は、超(病的なほど)人見知りなんですがたまに思い切って勇気を出すこともあるのです。
だって人との触れ合いだって大事だし。



ちょっと話がそれましたが、自家製のケーキやクッキーもあってテイクアウトも可能。



カフェクレーム4ユーロ(写真下)、エスプレッソ2.5ユーロなり。



ランチやデザートもこだわりの食材で丁寧に作られているらしく、
と〜ってもおいしそうでしたよ〜今度食べたい。



店内・外にグリーンが多くてほっこり。



お客さんもオシャレ〜な人が多くて、
その場にいるだけで擬似オシャレ体験…的な。
クリエイターらしき人たちのミーティング風景もあり
ぜひイートインで店内の雰囲気を味わうことをオススメします。
日曜日は休みなのと、カフェは18時までなのでご注意を〜

The Broken Arm
add:12 rue Perree 75003 Paris
metro: Temple



そしてThe Broken Armをじっくり堪能した後は
かねてから気になっていた'PAPIER TIGRE'へ〜
歩いて10分くらいで見えました〜!



と、思ったらなんと!!








休み…(涙
せっかく来たのにだよ〜(涙
祝日だからかな〜(2回目)



というわけで'PAPIER TIGRE'に関しましてはまたこんど。

では。


Instagram: http://instagram.com/yumiyamane

contact: yumi.yamane1118@gmail.com
(お仕事のご依頼もこちらへお願いします↑)
 2013/07/01 00:00  この記事のURL  / 

パリブログE -まちあるき-
こんにちは〜。

パリは鬱陶しい天気が続いております。
気温も12,3℃〜18℃とちょっと寒め。
太陽が出てくれるとあったかいんですが〜…
ヨーロッパの春ってこんなものなのでしょうか。
いつまで革ジャン着るんだろ。

さて。
先日こちらで開催されている「パリ★まちあるき」というイベントに参加してまいりました〜
詳細はこちら↓

http://machiaruki-fr.



定期的に開催されているようですよ〜
パリ、パリ近郊の方々はぜひどうぞ〜

 2014/05/27 23:38  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
山根 由実(やまね ゆみ)

神戸生まれ神戸育ち。
大学卒業後フィンランド•ラップランド大学に留学。
アート&デザインを学ぶ。
現在はフリーライターとして活動中。

HP:http://yumiyamane-web.main.jp/
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/yumiyamane/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード