« 前へ | Main | 次へ »
Les Annees 50 (50年代ファッション展)
こんにちは〜


パリのガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催中のLes Annees 50 (50年代ファッション展)に行ってまいりました。



こちらガリエラ宮。お天気も良くて外のベンチでピクニックする人もチラホラ。





でも思ったより人が少ないな〜もう展示期間も終わりかけだからかな〜と思っていたら…



ど〜ん、とすごい列!すごい人です!!

外の道路にまで溢れ出しておりました!!!

45分並びました。寒かったら心が折れていたでしょう(今日は最高気温20℃くらい!)。

こちらが入り口↓



展示物はと言いますと、もちろん撮影禁止なのですが、

1950年代の基調なパリモードの歴史が満載。

オートクチュール黄金期と言われる50年代。

シャネル、ディオール、ジバンシー、カルヴェン、ピエール・バルマンはもちろん

Jacques Heim、Marcel Rochasなど貴重なクチュールメゾンのドレスが、生地感やディテールがはっきりとわかるくらいに間近に見られるのです。

まさにその時代の息吹が伝わってきます…

この時代を語るに欠かせないディオールの「ニュー・ルック」はもちろん、

クリスチャン・ディオール亡き後のイヴ・サンローランのデザインももちろん展示されています。

こうした一時代をピックアップした展示でも、ファッションの進化と変化がとても大きいことがよくわかります。

ドレスはもちろん、服飾小物や当時の雑誌の表紙、デザイン画なども展示されていて、とっても充実した内容となっております。

こちらの展示は11月2日まで。

今パリにいらっしゃる方はぜひ!!


ガリエラ宮パリ市立モード美術館
10 Avenue Pierre 1er de Serbie, Rue de Galliera, 75016 Paris
01 56 52 86 00
メトロ9番線Ienaからすぐ



ちなみに腹ごしらえはIenaよりも隣の駅のAlma-Marceauの方がいいですよ。
カフェとかいっぱいあります(高いけど…)。

せっかくなので入りましたけど。



食べましたけど。



大変おいしゅうございました〜

では。
 2014/10/30 08:17  この記事のURL  / 

agnes b +α in Paris
こんにちは。



パリ散歩パートB


レ・アールにある agnes b 本店に行ってまいりました〜


1976年に最初のお店をオープン。


それ以降、メンズ、子供服、旅行用品とどんどんお店を拡張。


それぞれのお店はつながってたりなかったりしますが、


どのお店もほんとに近くにあるので、


この界隈に来ればアニエスの全てが揃う、魅力的な場所なのです。。。



HOMME メンズ









ENFANT 子供服




VOYAGE 旅行用品




VOYAGEとFEMMEはつながっていて



吹き抜けのあるひろ〜いお店です。





ギャラリースペースもあって、



写真やアートの展示なども行われたり…



CDや写真集の販売スペースがあったり…



とっても洗練された agnes b …





アニエスファンの方もそうじゃない方も


是非訪れてもらいたい、ステキなお店です。。。



agnes b
rue du jour 6 75001 PARIS
最寄り駅:メトロ4番線 Etienne Marcel






そして


アニエスで必死に写真を撮るヤマネ…


(Photographed by Aki)



の持つ紙袋に注目…



Antoine & Lili






パリ発のレディースブランドで、1997年に一号店をオープン。


「カラフル」「ジューシー」「エスニック」「アーバンミックス」


といったキーワードを軸に、自由でヴィヴィッドなアイテムを展開しています。







ピンク色に囲まれたロマンチックな店内。。。


とびっきり女の子なガーリーアイテムの中に、シックなものもあり


手の届くお値段なのも魅力的。



パリに行った際は是非どうぞ〜


17 rue du Jour 75001 Paris
http://www.antoineetlili.com/fr/page/accueil.html
 2013/02/08 16:54  この記事のURL  / 

パリ散歩 A
こんにちは。


パリ散歩。今日はPont Marie(ポンマリ)にある


Bibliotheque Forney に行ってきました〜


Bibliotheque(ビブリオテック)とは「図書館」のこと。


なので、「フォルネ図書館」ということになりますね。


こちらの図書館は、アートやファッション、デザインに関する書籍が豊富に揃っています。



最寄り駅は、7番線の「Pont Marie」。





メトロを降りたらこの出口から外へ〜





すると、こんな通りにでます。




セーヌ川沿いの穏やかな通りをまっすぐに進みます。




この辺りはギャラリーが多く、アーティスティックな雰囲気。。。












そして先ほどの道をしばらく行くと、左手に現れる通りが「Rue du Figuier」。





その通りを入るとすぐにフォルネ図書館にたどり着きます。




こんなカンジで工事中なのでご注意ください〜
(なかなか見つけられずにぐるぐると周辺をまわってしまいましたので…)




歴史深い建物の中を見るだけでも価値があります。。。





天井が高く、美しい回廊のある読書室もステキでした〜
(内部は撮影禁止でした。。)

ギャラリーがあって展示をしてることもあるそうです。





*図書館の利用には登録が必要なのでIDと証明写真を忘れずに〜


Bibliotheque Forney:
1, rue du Figuier Paris

火、金、土:13:00 - 19:30
水、木:10:00 - 19:30
日、月:休み
 2013/02/01 18:00  この記事のURL  / 

パリ散歩
こんにちは。



パリに帰ってきました。


パリ滞在も残すところわずかとなってしまいましたが…


まだまだレポートは続きます〜



今日はパリ散歩、マドレーヌ編。


パリ8区。メトロ14番線の「Madeleine」で降ります。


すると広がるマドレーヌ大通り。





少し東に進むと「Rue Cambon」という通りがあります。





こんな通りです。





そこには、シャネルや




jamin puechに




tom fordビルが…




そしてパリ発のブランドHEIMSTONE(エイムストーン)もここにありました。




パリジェンヌ2人が立ち上げたパリらしい、個性的でかわいいブランドです。




そしてまたマドレーヌ大通りに戻ってきました〜


今度は西に進みます。


J.M.WESTONがありますね〜




マドレーヌ寺院のところまで戻ってくると…





KENZOがありました。





さらに進むとMARGARET HOWELL。




ちょっと奥まっているので見つけにくいですが…





マカロンで有名なLadureeもありました〜すごい行列。。。





そして歩いていると左手に見えてくるのが、


「Rue Royale」。





とても開放的なこの通り。


後ろにはマドレーヌ寺院





前にはコンコルド広場







そしてその中間に位置するのが…





ISSEY MIYAKE ブティックです〜


とっても広い店内で品数も豊富。


店員さんも程よい距離感で接してくれて


かなりのんびりと自由に見ることができました〜




ISSEY MIYAKEといえば先日のメンズコレクション。


「WINTER MOBILITY」をテーマに


イッセイらしい機能的でスタイリッシュなコレクションを展開しました。


コレクションのルックと記事はこちらから〜



http://www.apparel-web.com/collection/2013aw/parismens/issey-miyake/
 2013/01/31 18:25  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
山根 由実(やまね ゆみ)

神戸生まれ神戸育ち。
大学卒業後フィンランド•ラップランド大学に留学。
アート&デザインを学ぶ。
現在はフリーライターとして活動中。

HP:http://yumiyamane-web.main.jp/
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/yumiyamane/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード