« 前へ | Main | 次へ »
AGNONA 2017AW
9月5日、アニオナ(AGNONA)が、およそ半世紀にわたる日本での取り組みを記念し、「A LONG AND RICH HISTORY OF AGNONA IN JAPAN」と銘打ったエキシビション、そして2017年秋冬コレクションのファッションショーを、東京都港区のイタリア大使館で開催しました。

アパレルウェブで記事を執筆させていただきましたのでぜひご一読ください!

(ここだけの話:クリエイティブディレクター、サイモン・ホロウェイ氏は日本が好きな理由のひとつに「日本食が最高だからね!」ってこっそり耳打ちしてくれました!)

【取材レポート】アニオナがイタリア大使館で来日ショーを開催



(photo by yumiyamane)

 2017/09/11 21:40  この記事のURL  / 

Roger Vivier 「ベル ヴィヴィエ」発売記念
Roger Vivier (ロジェ ヴィヴィエ)が、ブランドを象徴するアイテムである「ベル ヴィヴィエ」リミテッドエディション発売を記念し、プライベートカクテルを開催しました!



タイムレスなスクエアバックル。

カトリーヌ・ドヌーヴが映画「昼顔」で着用したモデルです。



そして、こちらはなんと日本限定↓




会場にはロジェ ヴィヴィエのクリエイティブ・ディレクターであるブルーノ・フリゾーニと、ブランドアンバサダーのイネス・ド・ラ・フレサンジュが2人揃って駆けつけました。







現在伊勢丹新宿店にてポップアップイベント「BELLE VIVIER - THE PARISIAN BEAUTY(ベル ヴィヴィエ - ザ パリジャン ビューティ)」が開催されていますが、お二人は明日、こちらのポップアップに登場するとか。



ポップアップ自体は9月5日まで。その後全国で発売されるそうですよ!






アパレルウェブではショートムービーも公開していますのでぜひご覧ください!

http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/RogerVivier



 2017/09/01 22:32  この記事のURL  / 

GRACE CONTINENTAL MUSEUM
1997年に代官山にてデビューしたGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)。

今年の9月で20周年を迎える同ブランドが、綱町三井倶楽部で20周年記念パーティー”GRACE CONTINENTAL MUSEUM”を開催しました。



会場となった綱町三井倶楽部。大正2年、三井家の迎賓館として鹿鳴館の設計者として知られる ジョサイア・コンドル博士の設計によって建てられた西洋建築の傑作といわれています。
入る前から荘厳な雰囲気です。



ルネサンス様式を基調とした宮殿造りの館内では「MUSEUM」の名の通り、美術館のようにGRACE CONTINENTALのコレクションが展示されておりました。


素敵なのは、絵画とトルソーを並べるプレゼンテーション。






また、20周年を記念した特別なコレクションも展示。



20周年記念コレクションも、これから実際に店舗で販売されるそうですが、数量は限られているとのことなのでお早めに。




こちらはなんとミンク100%のプルオーバー。とても柔らかくて贅沢な一品です。



広い洋館の中には様々な展示の工夫が…
こちらは’IN THE DARK’と題された、暗いお部屋の中でのプレゼンテーション。





20年、GRACE CONTINENTALの始まりを象徴する展示。
当時のコーヒーで染みをつけたトルソーと、アイコンであるボストンバッグ。




20年という長い月日を支えてきた全ての方に感謝の気持ちをこめて開催されたこのパーティー。

この先の20年も、とても楽しみですね。



GRACE CONTINENTAL:
https://www.gracecontinental.com/onlinestore/
 2017/08/28 21:45  この記事のURL  / 

BMW×ANREALAGE “REFLECT FROZEN BLACK.”


BMWのプラグイン・ハイブリッド・スポーツカー 「BMW i8」の限定モデル「BMW i8 PROTONIC FROZEN BLACK」の新車発表を記念して、ANREALAGE(アンリアレイジ)がBMWとコラボして特別なコレクションピースを製作しました!




そのコレクションピースと「BMW i8 PROTONIC FROZEN BLACK」のコラボレーション展示会が始まるということで、オープニングレセプションにお邪魔してまいりました。


レセプション当日は特別にショーも行われました。


「BMW i8 PROTONIC FROZEN BLACK」からインスピレーションを得たという新作ミニ・コレクションは、「REFRECT FROZEN BLACK」と題された、光を反射することで模様が浮き出る新たな素材を使っています。


こちらはフラッシュなしで撮影したもの↓




そしてこれをフラッシュありで撮影すると…








色が変化し、模様が浮かび上がります!!


さすが、テクノロジーや革新的な技術を取り入れたファッションを特徴とするANREALAGEです。


先日のYUIMA NAKAZATOのオートクチュールコレクションでも感じましたが、こうしたテクノロジーを積極的に用いるデザインって、とても日本っぽくてかっこいいなと思います。
柔軟な発想で、これからも世界を驚かせていってほしいです!



(ANREALAGEデザイナー 森永氏 all photo by yumi yamane)



「BMW i8 Protonic Frozen Black x ANREALAGE特別展」概要

■期間: 2017年7月29日(土)〜8月10日(木)
11:00〜19:00 (土日:11:00〜18:00)

■会場: BMW GROUP STUDIO
東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー1F

■展示内容:
・BMW i8 Protonic Frozen Black(特別仕様車)
・BMW i3 フルードブラック
・ANREALAGE新作ミニ・コレクション“REFLECT FROZEN BLACK”

 2017/07/30 22:15  この記事のURL  / 

【BURBERRY】 THE CAPE REIMAGINED


トレンチコートやカシミアスカーフに続く、BURBERRYのアイコニックアイテム「ケープ」。

そのケープにフォーカスした展覧会「ケープ リイマジンド(THE CAPE REIMAGINED)」が、明日7月20日(木)から渋谷区神宮前のケースビー(CASE B)で開催されます。

ロンドンで行われた「2017 February コレクション」では、1点物のクチュールケープ約80体がフィナーレを飾りました。なんと制作に約560時間かかった作品もあるそうです!

そして、ロンドンではショー終了後に、ショー会場である「Maker’s House」(1920年代より文化サロン的な役割も果たした書店の跡地で、イギリスのクラフツマンシップへの敬意を込めて名づられたショー会場)で本ケープのインスタレーションを一般公開したそうです。

そこから、ニューヨークやロサンゼルスなどを周り、今回日本にやってきたのです。








「THE CAPE REIMAGINED」では、そのハンドメイドのアーティスティックなコレクションが間近に見られます。






こちらは、垂直に立つようにあしらわれたスパンコールがダイナミックに渦巻くデザイン。
このアイテムが、前述しました製作時間560時間のものです。
この細やかさに思わずため息がでます。。。




こちらは、エリザベス朝時代のひだ襟を思わせるシルクオーガンザのケープ。
創業125年の工場で職人が織り上げた至極のアイテムです。


この他にも、ウールを編み上げたり、フェザーをシルクやサテンで再現したりと、様々なケープが展示されております。

入場料は無料となっておりますので、圧倒的なクリエイションを間近に見れるこのチャンスにぜひ、行ってみてください!




<イベント情報>
イベント名:THE CAPE REIMAGINED / ケープ リイマジント
会期:2017 年 7 月 20 日(木)から7 月 30 日(日)
場所:CASE B / ケースビー
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-16-26
営業時間:11:00-19:00 ※最終日(7月30日)のみ、17:00閉館
入場:無料
問い合わせ先:バーバリー・ジャパン/0066-33-812819


関連記事:http://apparelweb-collection.tumblr.com/post/


 2017/07/19 21:03  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
山根 由実(やまね ゆみ)

神戸生まれ神戸育ち。
大学卒業後フィンランド•ラップランド大学に留学。
アート&デザインを学ぶ。
現在はフリーライターとして活動中。

HP:http://yumiyamane-web.main.jp/
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/yumiyamane/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード