« 2016年01月 | Main | 2016年03月 »
エレクトーンソロ作品の映像がアップされました
昨年末に市川侑乃さんのリサイタルで改訂初演された《月すべり》が、youtubeにアップされました



《月すべり》は、彼女の1回めのリサイタルのときに委嘱をいただいて書きましたが、なかなか形にならず、本番の2日前くらいにでっちあげるようにしてなんとか完成し、そのまま初演をしていただく、というとんでもなく迷惑なことをしてしまいました。そのとき自分に課したものがまったく消化できず、とても心残りでしたので、今回最初からほとんどつくりなおすように改訂しました。改訂初演と言いながら新曲初演みたいなものでした。

私が子供のころから1番馴染んできた楽器はエレクトーンで(ピアノをちゃんと始めたのは中学生後半のときと、遅かったのです)、エレクトーンで最初期の音楽の勉強をしてきたことが今の私の耳をつくっているのに間違いありません。エレクトーンコンクールに出ていたときも、そのときの自分なりにエレクトーンならではの音楽を作ろうとし、ある程度やり尽くした感じがあったので、作曲をする者として久しぶりにエレクトーンに向き合い曲を書くのは大変難しかったです。

エレクトーンはやろうとすれば何でもできる楽器ですが、何かひとつの要素にフォーカスしようと思い、今回はエレクトーンの鍵盤の大きな特徴であるホリゾンタルタッチ(鍵盤を左右にずらすタッチ)とアフタータッチ(鍵盤を一度下に押して、さらに深く押し込むタッチ)によるポルタメントだけを徹底的に扱うことにしました。演奏者は打ち込んだリズムパターン(もちろんこれはスコアにしっかり書いてあります)を流しながら、それに合わせて微妙にピッチのずらされた(これもスコアにセント単位で指定をしてあります)ポルタメントをつないで演奏していきますが、1小節ごとに拍子が違い、リズムも違い、且つ、容赦なくテンポが変化していきます。完全に正確に進行していくリズムパターンに煽られながら、鍵盤を左右にずらしたり押し込んだり、その身体の動きの連続から、次第に舞のようなものが立ち上がったらいいなと思いました。

タイトルの「月すべり」は草野心平の「河童と蛙」からの引用で、ポルタメントの「すべる」音から連想されています。新しい作曲の方法を模索している時期でもあって、今までにしたことのない作曲の仕方を試してみたのですが、ひとつの要素を徹底的に展開し、自分でも得体の知れない、というか、とらえどころのないものが少し出てきたことが、むしろ面白く、またとても嬉しく思いました。そのぶん、ちょっと不思議で聴きにくい曲なのかもしれないですが... 緊張感のある素晴らしい演奏をしてくれていますので、ぜひ聴いてみてください!

この日の演奏会はどの演奏もすばらしく、どの作品もそれぞれのエレクトーンに対する視点が明確で大変面白かったです。なんだかとても清々しい気持ちになり、大きな満足感がありました!


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / works: *click*
今後の作品発表予定 / concert schedule: *click*

 2016/02/13 21:51  この記事のURL  /  コメント(0)

CYAN issue.008 掲載
CYAN issue.008 (1月30日発売) にインタビュー記事が載っています。



さすがにいわゆる現代音楽とは何かというところまでは踏み込めなかったり、もっとこういう風に言えばよかったと言葉足らずな部分もあって不甲斐なかったりするのですが、美容とファッションが主の一般女性誌に、作曲についてこんなにしっかりと書いていただけるなんて、とてもありがたいことです...!撮影がちょうど声明作品のお稽古をしているときだったので、その関係の本が色々と写っています。よかったらぜひご覧になってみてください!

Amazonでの購入はこちらから*→http://goo.gl/H3KvGl





*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / works: *click*
今後の作品発表予定 / concert schedule: *click*
 2016/02/07 21:20  この記事のURL  /  コメント(0)

Big Love





HEART INTERSIA CAMEL WOOL FELT COAT, MSGM
RIBBED KNIT PULLOVER, REKISAMI
FAKE LEATHER PANTS, Dholic
LEATHER LACE-UP FLAT SHOES, BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
OTONA RANDSEL, Tsuchiya Kaban




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / works: *click*
今後の作品発表予定 / concert schedule: *click*
 2016/02/06 02:03  この記事のURL  /  コメント(0)

My Brand New Randsel





WOOL MAXI LONG COAT, G.V.G.V.
SHETLAND KNIT MAXI DRESS, MADISONBLUE
OTONA RANDSEL, Tsuchiya Kaban
PUMP FURY SNEAKERS, Reebok







*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / works: *click*
今後の作品発表予定 / concert schedule: *click*
 2016/02/04 01:47  この記事のURL  /  コメント(0)

Profile
桑原ゆう (くわばら・ゆう)
桑原ゆう, Yu Kuwabara

作曲家。1984年12月7日生まれ。
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中より国内外の音楽祭、セミナー等に参加し作品発表を始め、Akademie Schloss Solitude (ドイツ)、武生国際音楽祭、impuls (オーストリア)、ミラノ国際博覧会、ロワイヨモン作曲講習会 “Voix nouvelles” (フランス)、ルツェルン音楽祭 (スイス)などで作品が取り上げられている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選。一部の作品は Edition Wunn (ドイツ)より出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。
近年は声明や民俗芸能等の取材を重ね、それらを扱う作品を精力的に発表、また、同世代の演奏家と立ち上げた「淡座」で古今亭志ん輔氏との公演を重ねるなど、日本の音と言葉を源流から探り、文化の古今と東西をつなぐことを主なテーマに創作を展開している。他、NHKラジオドラマ、ファッションブランドのランウェイショーなどの音楽を作曲し、様々な分野と交流して創作活動を行う。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』1期生。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

随筆「音楽の起りと歌の起り」
小林秀雄に学ぶ塾 同人誌「好・信・楽」創刊号 (2017年6月号) 掲載

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<今後の作品発表予定>
2017.07.07-16, Bobbio (Piacenza), Italy
Divertimento Ensemble International Workshop for Young Composers V edizione

2017.07.15 (Sat) 21:00-22:30, Auditorium Santa Chiara, Bobbio (Piacenza), Italy
十の聲 (2017) 世界初演
I concerti dell’International Workshop for Young Composers
Divertimento Ensemble, Sandro Gorli (cond)
詳細はこちら

2017.07.24 (月) 19:30開演 @六本木クラップス (東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1)
Bill Evans《Waltz for Debby》/ Jimi Hendrix《Purple Haze》(2017) 委嘱編曲・世界初演
音和座
演奏 / 邦楽ゾリスデン [吉澤延隆 (箏)、福田智久山 (尺八)、本條秀慈郎 (三味線)、前川智世 (箏)]

2017.08.12-28, Luzern, Switzerland
LUCERNE FESTIVAL ACADEMY Composer Seminar

2017.08.19 (土) 19:00開演 @東京アートミュージアム (調布市仙川町1-25-1)
二つの聲 (2017) 委嘱新作・世界初演
うつろひの花 / ソプラノトランペットと笙のバージョンによる (2014)
東野珠実・曽我部清典デュオ「真夏の夜の星筐」
演奏 / 東野珠実 (笙)、曽我部清典 (トランペット、ゼフュロス)
詳細はこちら

2017.07.26 (Sat) 15:00-16:30, KKL Luzern, Lucerne Hall, Luzern, Switzerland
影も溜らず (2017) 世界初演
Identities 5 | Ensemble of Lucerne Festival Alumni
Lucerne Festival Academy Composer Seminar Performance
Ensemble of LUCERNE FESTIVAL ALUMNI, Yutaka Shimoda (solo vn), Johanna Malangre (cond)
詳細はこちら

2017.08.30 (Wed) 21:00-, RADIO SRF 2 Kultur NEUE MUSIK IM KONZERT
《影も溜らず》ラジオ放送
Werkschau des《Composer Seminar》
詳細はこちら

2017.09.16 (土) 17:00開演 @市田邸 (東京都台東区上野桜木1-6-2)
セレナード (2017) 世界初演
かたち、あや、あるいはすがた (2017)
Rush《ホケトゥス風ライムライト》(2016) 編曲
作曲者不詳《おいらが、小っちゃな餓鬼の頃》(2017) 編曲
〜新秋の市田邸で、『“げん”結び―音楽と文学―』を愉しむ!〜「十二夜、あるいは、タイムトラベル!?」
演奏 / 柴田友樹 (朗読)、市川泰明 (テノール)、佐藤翔 (チェロ)
主催 / NPO法人たいとう歴史都市研究会
詳細はこちら

2017.09.25 (月) 18:00-19:00, NHK-FM横浜放送局
NHKFM横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」出演
バックステージツアー〜音楽堂・県民ホール〜
FM横浜81.9MHz、小田原83.5MHz
詳細はこちら

2017.09.39 (土) 14:30開演 @公演通りクラシックス (東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F)
George Gershwin《I Got Rhythm》(2017) 委嘱編曲・世界初演
眞美子とゆかいな仲間達 vol.3『Trioでおくる 紺碧のとき』
演奏 / 寺井真美子 (ピアノ)、佐藤翔 (チェロ)、齋藤綾乃 (打楽器)
詳細はこちら

2017.11.02 (Sat) 19:30-21:00, French Parlor, Founders Hall, USD: University of San Diego, U.S.
Mystische Miniature (2017) 委嘱新作・世界初演
New Musical Geographies II
Christopher Adler (khaen)
詳細はこちら

2017.11.04 (土) 15:00開演、14:30よりプレトーク @神奈川県立音楽堂 (神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
月の光言 (2017) 委嘱新作・世界初演
神奈川県立音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言(こうごん)」
出演 / 声明の会・千年の聲 (迦陵頻伽聲明研究会と七聲会による)
構成・演出 / 田村博巳
詳細はこちら

2017.11.05 (日) 15:00開演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン (大阪府豊中市服部本町2-5-24)
三つの聲 (2016) 関西初演
ルツェルン音楽祭アカデミーメンバーの演奏で聴く 〜スウェーデンと日本の未来のクラシック音楽〜
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、大西泰徳 (チェロ)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 13:30開演 @東京国立博物館内応挙館 (東京都台東区上野公園13-9)
もみぢつゝ (2017) 委嘱新作・世界初演
音和座「もみじして」
演奏 / 宮田まゆみ (笙)、本條秀慈郎 (三味線)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 15:00開演 @京都市立芸術大学 大学会館ホール (京都市西京区大枝沓掛町13-6)
三つの聲 (2016)
パウラ・ヘドヴァル 北欧の作曲家とヴァイオリン現代奏法レクチャー&コンサート
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、西村まなみ (チェロ)
詳細はこちら

2017.12.22 (金) 19:00開演 @新宿FACE (東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
Moon Spell (2017) 委嘱新作・世界初演
アンサンブル室町 in 歌舞伎町!ー祝10周年ー
演奏 / アンサンブル室町
詳細はこちら



Link
New Post
Category Archive
Monthly Archive