« 2013年08月 | Main | 2013年12月 »
《Etudes W》プログラムノート
明日初演される、三面の二十五絃箏のための《Etudes W》について書きたいと思います。

いつも、作品を書くときの姿勢として重要に思っているのは、1作1作が大きかれ小さかれ、自分にとっての挑戦になるように、ということです。それから、弾いてくださる演奏家にとっても挑戦となり、少しでもなにか新しい気づきをもたらすように、ということを強く意識しています。そうすることが、音楽の質と強度を保ち、聴衆に新しい体験をもたらすことに直接つながると考えるからです。

4plusさんとの《Etudes》シリーズは、今回で4作目になります。毎回、二十五絃箏という楽器やその音楽に対して挑戦するようなつもりで、取り組んでいます。ちなみに、今までの《Etudes》シリーズに関しては、《EtudesV》作曲ノートをご一読ください。また、2010年作曲の《Etudes》と、2011年作曲の《EtudesU》は、youtubeに音源をアップしていますので、リンクから聴いていただけます。

今作《Etudes W》での大きな挑戦は「縦譜で書く」ということでした。縦譜というのは、箏の古典の曲で使われている記譜の仕方のひとつであり、五線譜のように鳴る音を記すのでなく、どの絃を弾くかが記されます。つまりタブラチュア譜です。

五線譜でなく、より古典的で箏という楽器に寄り添った記譜の方法で曲を書いてみたいと考えたのは、ある箏奏者の方に出会ったのがきっかけでした。その方は、落語に出てきそうな、まさに江戸のお箏の手習いの先生という感じで、現代音楽や西洋音楽とはあまり関わりがないようでした。その方に「箏の曲も書きます」と言ったとき、「縦譜でお書きになるの?」と聞かれ、「いえ、主に五線譜です…」と答えると、少しがっかりされたように見えました。そのことが何だかとても気にかかり、ずっと頭から離れませんでした。やがて、きっと縦譜でしか書けない箏の音楽があるはずで、それを少しでもわかりたい、それについて考えることなしに、箏の曲を書いているとは言えないのでは、と思うようになりました。このような経緯から、《Etudes W》は、古典の曲でよく使われる箏の手を取り入れつつ、唱歌を同時に考えながら縦譜で書き、それでも、古典の曲とは違う音の姿を描けないか、ということに挑戦しました。

五線譜から音を読み取ることに慣れきっている私がまず苦労したのは、縦譜と実際に鳴る音がすぐに結びつかないということでした。それから、私なりに古典箏曲の縦譜を勉強していくと、箏の調絃というのは非常に合理的で、それが手と密接に関わり、縦譜のフォーマットをも成り立たせていることがわかってきました。《Etudes W》は、1作目の《Etudes》と続けて演奏できるよう、《Etudes》と同じ調弦で書くことをあらかじめ決めていたので、数年前に自分が考えためちゃくちゃな調絃と折り合いをつけるのは、なかなか大変なことでした。それでも、五線譜で作曲してから縦譜に浄書するのでなく、最初から縦譜で書くということにこだわり、大変苦労しながらもなんとか曲を書き上げることができました。縦譜で書くことによってたくさんの発見があり、記譜について改めて考える機会になりました。以前、能管の唱歌をもとにフルートの作品を書いたときに、日本の音楽の譜面は、演奏の結果の音ではなく音を出す方法を書くものなのでは、と思ったのですが、それも改めて実感しました。

絃数の多い二十五絃箏に対して、縦譜で書くことに意味があるのか、それは、曲を書き終えた今も正直わからないのですが、私の書いた縦譜を同世代の演奏家たちがどう読み取るのか、それを聴くのが楽しみで仕方ありません。

お時間ありましたら、ぜひ聴きにいらしてください!





第4回 二十五絃箏新曲作品演奏会

2013年11月30日(土)
17:00開演(16:30開場)
会場: すみだトリフォニー小ホール
チケット: 一般前売¥2,500/当日¥3,000
     学生前売¥2,000/当日¥2,500

プログラム (すべて世界初演)
 小田 百合子: 悲歌〜二十五絃箏のために〜
 木山 光: Variations on a Theme by Mao Damashi
 桑原 ゆう: Etudes W
 中本 芽久美: T (W/U) I
 根本 卓也: 《Todesfuge(死の遁走)〜パウル・ツェランの詩に寄せて》

お問い合わせ / 佐藤 Tel.03-5314-9242
       koto_4plus@yahoo.co.jp


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*
きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/11/29 21:58  この記事のURL  /  コメント(0)

《Etudes W》初演のご案内
今週末、二十五絃箏三面のための《EtudesW》が初演されます。
今回で4度目となる、新進気鋭の箏奏者グループ「4plus」による二十五絃箏新曲作品演奏会。実は皆勤賞で出品させていただいています

演奏のお三方がおっしゃるには、回を重ねるごとに難しい曲になっているそう... 作曲している本人としては、今作は前作よりは演奏が楽だろうな、良かった良かった、と毎回思っているのですが、違うらしいです。笑 というわけで、これでもかこれでもかと、挑戦状を叩き付けるような感じになってしまっているようですが、毎回本当によく練習してくださって、作曲家冥利に尽きるのです。昨日リハーサルに行ってきましたが、今回もすばらしく演奏してくださってます!お三方の超絶技巧をぜひ聴きにいらしてください。



第4回 二十五絃箏新曲作品演奏会

2013年11月30日(土)
17:00開演(16:30開場)
会場: すみだトリフォニー小ホール
チケット: 一般前売¥2,500/当日¥3,000
     学生前売¥2,000/当日¥2,500

プログラム (すべて世界初演)
 小田 百合子: 悲歌〜二十五絃箏のために〜
 木山 光: Variations on a Theme by Mao Damashi
 桑原 ゆう: Etudes W
 中本 芽久美: T (W/U) I
 根本 卓也: 《Todesfuge(死の遁走)〜パウル・ツェランの詩に寄せて》

お問い合わせ / 佐藤 Tel.03-5314-9242
       koto_4plus@yahoo.co.jp





《Etudes W》のプログラムノートを、コンサート前にまた更新致します。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*
きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/11/28 03:11  この記事のURL  /  コメント(0)

My favorite summer looks
PCを買い替えて、やっと更新ができるということで、載せそびれていた夏のコーディネートたちをまとめて失礼します






NUMBERING TANK TOP, PURPLE END
ORIGAMI SHORTS, dholic
SILVER TOTE, dholic
LAME GLITTER SHOES, made in HEAVEN


Love the combination of numbering tank top, origami shorts, silver tote and shoes! And I love deep slits of both sides of this top!





ZIGZAG HALTER NECK MINI DRESS, nana nadesico
LACE PURSE, my mom's old closet
WEDGED SANDALS, Dolce Vita


I love this dress with beautiful details so much. Especially the back style of zigzag satin ribbon is amazing!





SPIDERS T-SHIRT, G.V.G.V.
CHECKERED PENCIL SKIRT, TOPSHOP
METALLIC TOTE, dholic


This t-shirt with the print of realistic 2 spiders was the best one of all my last summer t-shirts!





CROPPED TANK TOP, TOPSHOP
LOVESTRUCK SKIRT, Sretsis
LACE-UP HEELS, G.V.G.V.


This lovely skirt arrowed through my heart at first sight and I bought it without hesitation! I love to coordinate cropped tops to the skirt.



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*
きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/11/16 00:58  この記事のURL  /  コメント(0)

トランペット×ギター
《みづかげ三章》初演のレポートを書きそびれたまま、私のMacさんがご臨終してしまい、普通だったらすぐ買い換えるのだろうと思うのですが、機械がそんなに得意じゃない私は買い換えようと思うだけでかなりの労力をつかうため、そのエネルギーも時間もなくて、そのまま約3ヶ月がたってしまいました。
そしていま、告知のために漫喫でせっせと更新している次第であります!

あさって9日に、曽我部清典さん山田岳さんによる、トランペットとギターという、ありそうで無かっためずらしい組み合わせによるコンサートがあり、拙作が初演されます




曽我部清典×山田岳 トランペット&ギターデュオコンサート

日時:2013年11月9日(日) 19:00開演
場所:公園通りクラシックス
1ドリンク付 3,000円(予約制)

プログラム
 桑原ゆう:新作
 鈴木治行:新作
 星谷丈生:新作 ほか公募作品

ご予約・お問い合わせ:03-3464-2701(公園通りクラシックス)



私の曲、タイトルは《風と星のガムラン》です。
今年に入って作曲が今までに増して苦しく、この曲を書いているときはその症状がとくにひどくて、自分の頭の中をそのまま取り出した、みたいな曲になっちゃっています...反省 トランペットは息の音だけを極めて繊細にあつかい、風の音の中からギターの音がぽろぽろとこぼれて、ゆらゆら揺れるような曲にしよう、というコンセプトはすぐに決まったものの、その後かなり作曲が難航し、お二人ともあまりにすごい演奏家なので気負っちゃったりプレッシャーを感じたりしたかと思えば、ずいぶん欲が出ちゃったり...なんだか情緒不安定な、とても難しい曲になってしまいました。お二人には大変申し訳ありません
リハーサルでは、本当にいろいろと工夫してくださり、理想とした音がだんだんとたちあがってくるのを感じて、とても嬉しかったです。本番どのように鳴るのか、私自身とても楽しみです。

私の曲はともかく、他の作品がとてもおもしろそうですし、素晴らしいお二人の共演をぜひぜひ聴きにいらしてください!



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*
きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/11/07 17:46  この記事のURL  /  コメント(0)

Profile
桑原ゆう (くわばら・ゆう)
桑原ゆう, Yu Kuwabara

作曲家。1984年12月7日生まれ。
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中より国内外の音楽祭、セミナー等に参加し作品発表を始め、Akademie Schloss Solitude (ドイツ)、武生国際音楽祭、impuls (オーストリア)、ミラノ国際博覧会、ロワイヨモン作曲講習会 “Voix nouvelles” (フランス)、ルツェルン音楽祭 (スイス)などで作品が取り上げられている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選。一部の作品は Edition Wunn (ドイツ)より出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。
近年は声明や民俗芸能等の取材を重ね、それらを扱う作品を精力的に発表、また、同世代の演奏家と立ち上げた「淡座」で古今亭志ん輔氏との公演を重ねるなど、日本の音と言葉を源流から探り、文化の古今と東西をつなぐことを主なテーマに創作を展開している。他、NHKラジオドラマ、ファッションブランドのランウェイショーなどの音楽を作曲し、様々な分野と交流して創作活動を行う。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』1期生。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

随筆「音楽の起りと歌の起り」
小林秀雄に学ぶ塾 同人誌「好・信・楽」創刊号 (2017年6月号) 掲載

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<今後の作品発表予定>
2017.07.07-16, Bobbio (Piacenza), Italy
Divertimento Ensemble International Workshop for Young Composers V edizione

2017.07.15 (Sat) 21:00-22:30, Auditorium Santa Chiara, Bobbio (Piacenza), Italy
十の聲 (2017) 世界初演
I concerti dell’International Workshop for Young Composers
Divertimento Ensemble, Sandro Gorli (cond)
詳細はこちら

2017.07.24 (月) 19:30開演 @六本木クラップス (東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1)
Bill Evans《Waltz for Debby》/ Jimi Hendrix《Purple Haze》(2017) 委嘱編曲・世界初演
音和座
演奏 / 邦楽ゾリスデン [吉澤延隆 (箏)、福田智久山 (尺八)、本條秀慈郎 (三味線)、前川智世 (箏)]

2017.08.12-28, Luzern, Switzerland
LUCERNE FESTIVAL ACADEMY Composer Seminar

2017.08.19 (土) 19:00開演 @東京アートミュージアム (調布市仙川町1-25-1)
二つの聲 (2017) 委嘱新作・世界初演
うつろひの花 / ソプラノトランペットと笙のバージョンによる (2014)
東野珠実・曽我部清典デュオ「真夏の夜の星筐」
演奏 / 東野珠実 (笙)、曽我部清典 (トランペット、ゼフュロス)
詳細はこちら

2017.07.26 (Sat) 15:00-16:30, KKL Luzern, Lucerne Hall, Luzern, Switzerland
影も溜らず (2017) 世界初演
Identities 5 | Ensemble of Lucerne Festival Alumni
Lucerne Festival Academy Composer Seminar Performance
Ensemble of LUCERNE FESTIVAL ALUMNI, Yutaka Shimoda (solo vn), Johanna Malangre (cond)
詳細はこちら

2017.08.30 (Wed) 21:00-, RADIO SRF 2 Kultur NEUE MUSIK IM KONZERT
《影も溜らず》ラジオ放送
Werkschau des《Composer Seminar》
詳細はこちら

2017.09.16 (土) 17:00開演 @市田邸 (東京都台東区上野桜木1-6-2)
セレナード (2017) 世界初演
かたち、あや、あるいはすがた (2017)
Rush《ホケトゥス風ライムライト》(2016) 編曲
作曲者不詳《おいらが、小っちゃな餓鬼の頃》(2017) 編曲
〜新秋の市田邸で、『“げん”結び―音楽と文学―』を愉しむ!〜「十二夜、あるいは、タイムトラベル!?」
演奏 / 柴田友樹 (朗読)、市川泰明 (テノール)、佐藤翔 (チェロ)
主催 / NPO法人たいとう歴史都市研究会
詳細はこちら

2017.09.25 (月) 18:00-19:00, NHK-FM横浜放送局
NHKFM横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」出演
バックステージツアー〜音楽堂・県民ホール〜
FM横浜81.9MHz、小田原83.5MHz
詳細はこちら

2017.09.39 (土) 14:30開演 @公演通りクラシックス (東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F)
George Gershwin《I Got Rhythm》(2017) 委嘱編曲・世界初演
眞美子とゆかいな仲間達 vol.3『Trioでおくる 紺碧のとき』
演奏 / 寺井真美子 (ピアノ)、佐藤翔 (チェロ)、齋藤綾乃 (打楽器)
詳細はこちら

2017.11.02 (Sat) 19:30-21:00, French Parlor, Founders Hall, USD: University of San Diego, U.S.
Mystische Miniature (2017) 委嘱新作・世界初演
New Musical Geographies II
Christopher Adler (khaen)
詳細はこちら

2017.11.04 (土) 15:00開演、14:30よりプレトーク @神奈川県立音楽堂 (神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
月の光言 (2017) 委嘱新作・世界初演
神奈川県立音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言(こうごん)」
出演 / 声明の会・千年の聲 (迦陵頻伽聲明研究会と七聲会による)
構成・演出 / 田村博巳
詳細はこちら

2017.11.05 (日) 15:00開演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン (大阪府豊中市服部本町2-5-24)
三つの聲 (2016) 関西初演
ルツェルン音楽祭アカデミーメンバーの演奏で聴く 〜スウェーデンと日本の未来のクラシック音楽〜
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、大西泰徳 (チェロ)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 13:30開演 @東京国立博物館内応挙館 (東京都台東区上野公園13-9)
もみぢつゝ (2017) 委嘱新作・世界初演
音和座「もみじして」
演奏 / 宮田まゆみ (笙)、本條秀慈郎 (三味線)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 15:00開演 @京都市立芸術大学 大学会館ホール (京都市西京区大枝沓掛町13-6)
三つの聲 (2016)
パウラ・ヘドヴァル 北欧の作曲家とヴァイオリン現代奏法レクチャー&コンサート
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、西村まなみ (チェロ)
詳細はこちら

2017.12.22 (金) 19:00開演 @新宿FACE (東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
Moon Spell (2017) 委嘱新作・世界初演
アンサンブル室町 in 歌舞伎町!ー祝10周年ー
演奏 / アンサンブル室町
詳細はこちら



Link
New Post
Category Archive
Monthly Archive