« 2013年04月 | Main | 2013年06月 »
国立音大ワークショップ
来週、6/4 (火)、国立音楽大学で自作についての講義をさせていただきます。

国立音楽大学 6-111教室
16:20〜17:50
入場無料、外部を含めた聴講自由
http://www.kunitachi.ac.jp/syllabus/syllabus_search.php?rec_no=647

川島素晴先生の「ワークショップ」という授業で、毎回、日本の現代音楽の第一線で活躍されている方々が、ゲストとして講義をされています。(こんな授業、私が学生のときにもあったらよかったのに!)ゲストの方が皆さん素晴らし過ぎて、私なんかで本当にいいのかしら...と、とっても心配なのですが、今まで自分がやってきたこと、特に、日本の文化や音楽との関わりを中心に、映像や録音を交えてお話する予定です。

また、3月に初演した、声明と仏教打楽器のための「るりの歌、星のうた」の実演も、おふたりのご協力を得て行ないます。(声明: 斎藤説成、打楽器: 篠田浩美)

この実演だけでも、なかなかない機会ですし、私の週だけだれもいないー!なんてことになると悲しいので (笑)、皆様よかったら、ぜひいらしてください。頑張ってお話しします。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/05/31 19:48  この記事のURL  /  コメント(0)

真景累ヶ淵 その四 初演
「真景累ヶ淵 その参」再演 に引き続き、「真景累ヶ淵 その四」初演も無事に終演致しました。
今回から、原宿VACANTに会場を移しての初演となりました。VACANTにはときどき公演を観にきていて素敵な会場だなと思っていましたが、こんなに可愛い寄席ができあがりました 音の響きもとても良いです。



高座を正面に、演奏陣(今回は胡弓とチェロ)は客席の後ろから音を出す配置となりました。



志ん輔師匠には「今回はチェロのピチカートでブルースのような音楽を入れたいな」と言われて、「ブ、ブルース!?」ってなりましたが、なんとかそれらしく、そして、ブルースがその他のいわゆる現代音楽っぽい音に対して浮きすぎないように、とバランスもとりつつ、準備をしました。
今回その四のストーリーは、これまでの回に輪をかけて波瀾万丈、真景累ヶ淵のお話全体から見ても、大きな展開のある場所でした。音楽も前回前々回に比べて出番が多く、短いスパンで変化していくようなものになりました。しかも、師匠の噺は毎回変化するので、言葉だけをきっかけにする訳にはいかず、噺の流れをつかんで、その流れにのって音が入るようにしなくてはいけません。だから、演奏陣はなかなか大変そう ゲネプロで「迷いの駕篭」の場面の音楽の変更もあったりと、今回は今までに増してはらはらしましたが、本番は、細かく合わせるところもうまくいき、累ヶ淵のぬめっと、ぞわっとして、でも綺麗な感じを出すのに、貢献できたかなと思います。

終演後、全体での楽しい打ち上げのあと、師匠と今回の反省会をし、それを踏まえてその五や今後の回をどうしていくかについてお話しました。
私個人としては、淡座旗揚げ公演、真景累ヶ淵 其の一、三、四と師匠とご一緒してきて、噺に対してどう音楽を考えたら良いか、どういう準備をして稽古にのぞめばよいか、やっと少しだけ、まだ本当にほんのちょっとなのですが、わかってきたような、、、何かつかめそうな気がしています。今後も師匠にしっかりついていって、勉強させて頂きたいと思います。

次回の真景累ヶ淵は「真景累ヶ淵 その五」の初演で、12月7日 @VACANT となっております。引き続き、どうぞよろしくお願い致します


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/05/31 19:00  この記事のURL  /  コメント(0)

Balkan Project
今夜ヘルシンキで、アコーディオン奏者のDenis Patkovicが「Balkan Project」と題したコンサートをします。
https://www.siba.fi/whats-on1/-/events/event/7517
http://www.goethe.de/ins/fi/hel/ver/de11064010v.htm

プログラムは、Adriana Holszky、Jukka Tiensuu、Uros Rojko、Keiko Harada、それから、私の新曲《Teri-Mukuri》(2011/2013) で、4曲が世界初演、1曲がフィンランド初演です。
すべての作品が、Denisの委嘱によって書かれ、バルカン音楽をモチーフとした作品(のはず)です。

Denisは、随分前からこのコンサートを構想していて、「バルカン音楽の素材を作曲家に渡して、それを使ったアコーディオンソロの作品を委嘱したい!コンサートをして、録音もする!名付けてバルカンプロジェクトだ!」というようなことを言っていました。そのうちに、彼からメールで、バルカン音楽の素材がどっさり送られてきて、色々と聴いたり調べたりしていました。複雑な変拍子、特徴的なリズム、踊りと音楽など、面白いテーマがたくさんあったのですが、その中で、私は、様々な種類のトリルに特に興味を持ち、トリルを中心とした曲を書こうと決めました。

もともと2011年の冬にコンサートをすると言っていたので、確か2011年の6月くらいに書き終えていましたが、計画がうまくいかなかったようで、初演が流れてしまって、そのまま放置していました。すっかり忘れかけていた今年の4月に、急にコンサートが決まったと連絡があり、急いで改訂、そして今夜晴れて初演になります。

難しい曲だし、他の初演の3曲も全部クレイジーな曲のようで、Denisはとても大変そうでした。スカイプでリハーサルもしたけれど、今回は音楽的にしっかり詰めるところまではなかなか難しく 私もその場にはいられなかったので、次回に期待という感じでしょうか。作品についてはまた書こうと思いますが、Denisは、まだ完璧には弾けてないけどとっても良い曲だと思う、と喜んでくれたし、Tiensuuも私の曲を褒めてくださったそうで、とりあえずはよかったかな。これから曲を育てていくのが楽しみです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/05/24 20:55  この記事のURL  /  コメント(0)

YNOT 2013 A/W collection runway show
今晩中国で、『YNOT』というブランドの、2013年秋冬コレクションのランウェイショーが行なわれています。そのショーの音楽を作曲させていただきました。

『YNOT』は、昨シーズンにデビューした、デザイナー鈴木道子さんのふたつめのブランド
以前、道子さんのひとつめのブランド『Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.』のランウェイショーの音楽を作らせて頂いて、(こちらこちらの記事を参照ください。)またこんな経験をいただけるなんて、嬉しいかぎりです。

イメージやキーワードなどはまだ詳しく書けないので、それは今度にとっておきますが、素敵なお洋服にまた違った視点を与えられるような音楽を目指しました。
今回は、基本の編成をチェロ4重奏と想定してスコアを作り、それを多重録音で聴かせようと試みました。竹本聖子さんに全パート演奏していただいてレコーディングし、福島諭さんにスコアの指示どおりに編集、構築していただきました。かなり大変な演奏や作業を、短時間で素晴らしく仕上げてくださったおふたり。とっても有難かったです。なかなか面白い音楽にできあがったと思います。

スケジュールの関係で中国に行けず、ショーの本番に同席することができなかったのはとても残念
観たかったな〜

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/05/16 20:00  この記事のURL  /  コメント(0)

Profile
桑原ゆう (くわばら・ゆう)
桑原ゆう, Yu Kuwabara

作曲家。1984年12月7日生まれ。
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中より国内外の音楽祭、セミナー等に参加し作品発表を始め、Akademie Schloss Solitude (ドイツ)、武生国際音楽祭、impuls (オーストリア)、ミラノ国際博覧会、ロワイヨモン作曲講習会 “Voix nouvelles” (フランス)、ルツェルン音楽祭 (スイス)などで作品が取り上げられている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選。一部の作品は Edition Wunn (ドイツ)より出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。
近年は声明や民俗芸能等の取材を重ね、それらを扱う作品を精力的に発表、また、同世代の演奏家と立ち上げた「淡座」で古今亭志ん輔氏との公演を重ねるなど、日本の音と言葉を源流から探り、文化の古今と東西をつなぐことを主なテーマに創作を展開している。他、NHKラジオドラマ、ファッションブランドのランウェイショーなどの音楽を作曲し、様々な分野と交流して創作活動を行う。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』1期生。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

随筆「音楽の起りと歌の起り」
小林秀雄に学ぶ塾 同人誌「好・信・楽」創刊号 (2017年6月号) 掲載

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<今後の作品発表予定>
2017.07.07-16, Bobbio (Piacenza), Italy
Divertimento Ensemble International Workshop for Young Composers V edizione

2017.07.15 (Sat) 21:00-22:30, Auditorium Santa Chiara, Bobbio (Piacenza), Italy
十の聲 (2017) 世界初演
I concerti dell’International Workshop for Young Composers
Divertimento Ensemble, Sandro Gorli (cond)
詳細はこちら

2017.07.24 (月) 19:30開演 @六本木クラップス (東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1)
Bill Evans《Waltz for Debby》/ Jimi Hendrix《Purple Haze》(2017) 委嘱編曲・世界初演
音和座
演奏 / 邦楽ゾリスデン [吉澤延隆 (箏)、福田智久山 (尺八)、本條秀慈郎 (三味線)、前川智世 (箏)]

2017.08.12-28, Luzern, Switzerland
LUCERNE FESTIVAL ACADEMY Composer Seminar

2017.08.19 (土) 19:00開演 @東京アートミュージアム (調布市仙川町1-25-1)
二つの聲 (2017) 委嘱新作・世界初演
うつろひの花 / ソプラノトランペットと笙のバージョンによる (2014)
東野珠実・曽我部清典デュオ「真夏の夜の星筐」
演奏 / 東野珠実 (笙)、曽我部清典 (トランペット、ゼフュロス)
詳細はこちら

2017.07.26 (Sat) 15:00-16:30, KKL Luzern, Lucerne Hall, Luzern, Switzerland
影も溜らず (2017) 世界初演
Identities 5 | Ensemble of Lucerne Festival Alumni
Lucerne Festival Academy Composer Seminar Performance
Ensemble of LUCERNE FESTIVAL ALUMNI, Yutaka Shimoda (solo vn), Johanna Malangre (cond)
詳細はこちら

2017.08.30 (Wed) 21:00-, RADIO SRF 2 Kultur NEUE MUSIK IM KONZERT
《影も溜らず》ラジオ放送
Werkschau des《Composer Seminar》
詳細はこちら

2017.09.16 (土) 17:00開演 @市田邸 (東京都台東区上野桜木1-6-2)
セレナード (2017) 世界初演
かたち、あや、あるいはすがた (2017)
Rush《ホケトゥス風ライムライト》(2016) 編曲
作曲者不詳《おいらが、小っちゃな餓鬼の頃》(2017) 編曲
〜新秋の市田邸で、『“げん”結び―音楽と文学―』を愉しむ!〜「十二夜、あるいは、タイムトラベル!?」
演奏 / 柴田友樹 (朗読)、市川泰明 (テノール)、佐藤翔 (チェロ)
主催 / NPO法人たいとう歴史都市研究会
詳細はこちら

2017.09.25 (月) 18:00-19:00, NHK-FM横浜放送局
NHKFM横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」出演
バックステージツアー〜音楽堂・県民ホール〜
FM横浜81.9MHz、小田原83.5MHz
詳細はこちら

2017.09.39 (土) 14:30開演 @公演通りクラシックス (東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F)
George Gershwin《I Got Rhythm》(2017) 委嘱編曲・世界初演
眞美子とゆかいな仲間達 vol.3『Trioでおくる 紺碧のとき』
演奏 / 寺井真美子 (ピアノ)、佐藤翔 (チェロ)、齋藤綾乃 (打楽器)
詳細はこちら

2017.11.02 (Sat) 19:30-21:00, French Parlor, Founders Hall, USD: University of San Diego, U.S.
Mystische Miniature (2017) 委嘱新作・世界初演
New Musical Geographies II
Christopher Adler (khaen)
詳細はこちら

2017.11.04 (土) 15:00開演、14:30よりプレトーク @神奈川県立音楽堂 (神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
月の光言 (2017) 委嘱新作・世界初演
神奈川県立音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言(こうごん)」
出演 / 声明の会・千年の聲 (迦陵頻伽聲明研究会と七聲会による)
構成・演出 / 田村博巳
詳細はこちら

2017.11.05 (日) 15:00開演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン (大阪府豊中市服部本町2-5-24)
三つの聲 (2016) 関西初演
ルツェルン音楽祭アカデミーメンバーの演奏で聴く 〜スウェーデンと日本の未来のクラシック音楽〜
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、大西泰徳 (チェロ)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 13:30開演 @東京国立博物館内応挙館 (東京都台東区上野公園13-9)
もみぢつゝ (2017) 委嘱新作・世界初演
音和座「もみじして」
演奏 / 宮田まゆみ (笙)、本條秀慈郎 (三味線)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 15:00開演 @京都市立芸術大学 大学会館ホール (京都市西京区大枝沓掛町13-6)
三つの聲 (2016)
パウラ・ヘドヴァル 北欧の作曲家とヴァイオリン現代奏法レクチャー&コンサート
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、西村まなみ (チェロ)
詳細はこちら

2017.12.22 (金) 19:00開演 @新宿FACE (東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
Moon Spell (2017) 委嘱新作・世界初演
アンサンブル室町 in 歌舞伎町!ー祝10周年ー
演奏 / アンサンブル室町
詳細はこちら



Link
New Post
Category Archive
Monthly Archive