« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
《ラブソングW》の映像と《EtudesU》の初演
9月にギターソロのための新曲のベルギーでの初演について書きましたが(こちらの記事)、その初演の映像が公開されています。
こちらからご覧になれます↓

Yu Kuwabara / 桑原ゆう (1984-) : ラブソングW / Love song W for guitar solo (2011) / premiered at Fragments - Concert de musique contemporaine du Japon on Sep 20 in 2011 / performed by Julien Sigure / at Conservatoire royal de bruxelles, Belgium

コンサートの雰囲気が味わえる映像になっています。実は私の曲を弾き始めてすぐに、なぜかチャイムが鳴り出すというハプニングがあり、そのために一度中断し、もう一度改めて弾き始めたそうです。その部分も映像におさめられていて、見せてもらいました。アップされている映像はそれをカットしてくださっているので、これを見る限りでは全くわかりません。おもしろいですね。

そして音楽の細部をさらによく聴いて頂くために、Julienさんが送ってくださった録音も、許可を頂いてアップしました↓

Yu Kuwabara / 桑原ゆう (1984-) : ラブソングW / Love song W (2011) / recording before the premiere

本番前にはるばるベルギーからメールで送ってもらって聴いたのですが、とても繊細に弾いてくださっていてすごく嬉しく、安心しました。音響が遠くからこちらに向かってきて通り過ぎて行く感じや、音やパッセージ同士の立体的な関係性、距離感など、録音を聴く限りでは私のイメージ通りに演奏してくださってます。特に説明もしていないのにすごいです。少しは、伝わるスコアが書けるようになってきたのかしら... いや、まだまだだと思いますが!

それにしても、こうしてデータでやりとりしてリハーサル出来るなんて、すごい時代ですね。便利なものです。でもどんなに便利になっても、その場での体験や生身の人間同士のやりとりにはかなわないはず。ベルギー行きたかったなぁ。

プログラムノートも公開していますので、ぜひこちらからご覧ください
Yu Kuwabara / 桑原ゆう (1984-) : ラブソングW / Love song W (2011)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


そして、3日後には三面の二十五弦箏のための新曲《EtudesU》の初演があります。
前にも書きました (二十五弦箏三重奏のための新曲初演。) が、リマインドでもう一度。


第2回二十五絃箏新曲作品演奏会

日時 : 2011年11月3日 (祝/木) 開場 16:30 / 開演 17:00
会場 : 武蔵野スイングホール (JR中央線・武蔵境駅下車徒歩2分)
   〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目14番1号(0422-54-1313)
チケット料金 : 一般 前売2500円 / 当日3000円
       学生 前売2000円 / 当日2500円

演奏 : 4plus (木村麻耶、佐藤亜美、日原暢子、町田光 / 二十五弦箏)

プログラム
・桑原 ゆう / EtudesU(2011)
・名倉 明子 / タイトル未定 (2011)
・根本 卓也 /《Elegy for all the dead of 3.11.》(2011)
・松井 裕紀子 / タイトル未定 (2011)
・伊福部 昭 (1914-2006) / 日本狂詩曲 (1935) 第1楽章『夜曲』、第2楽章『祭』

お問い合わせ : 4plus事務局 03-5314-9242
koto_4plus@yahoo.co.jp



《EtudesU》は数日前にリハーサルをしてきたのですが、苦労して練習してくださった跡が見えて感激しました。難しい曲なのです。実は、4plusさんに初演して頂くのは昨年に続いて二回目。去年もとても良い演奏でしたが、今回はそれ以上になる予感がしています。

リハーサルのときに去年の話になったのですが、去年私のスコアを見たときには全く読み方がわからず、どんな音楽なのか想像もつかなかったそうです。でもそんなスコアを素晴らしく演奏して頂いて、二回目も新曲を書いてくださいと依頼をいただきました。そして、今年のスコアを見たら、あ、これはまた難しい、練習しなきゃ、ということになったそう。去年は全くわからなかったスコアが、今年はパッと見てなんとなく内容がわかるなんて、この変化を体験できるのは作曲家としてすごく嬉しいことだと思います。長期的な関わりを持ってくださって、本当に感謝です。

作品のタイトル通り、演奏家にとっての「Etude」になったんだね、と友人が言ってくれたのですが、本当にそうなのです。弾く人にも作る人にとっても「Etude」になるようにと思って、Etudeを重ねるという意味で複数形のタイトル《Etudes》にしました。やぁ、嬉しいですね。

音のイメージをちゃんとつかんでいてあまり言うこともないので、あとは皆さんで練習して頂いてゲネプロです。曲も去年より気に入っています。是非とも本番をたくさんの方に聴いて頂きたいです。コメント欄からのご連絡にも対応いたしますので、皆様ぜひ、よろしくお願い致します。


先日のファッションショーの記事も書きたいのですが、いま余裕がないので、また時間のあるときに書こうと思います。


桑原三姉妹HPは こちら

こちらのブログも更新中です
よろしくお願いします。
桑原ゆうオフィシャルブログ Powered by Ameba
桑原ゆうmina公式ブログ
 2011/10/31 11:03  この記事のURL  /  コメント(0)

My latest looks
作曲関係の記事が続いたので、今回は最近のコーディネートショーです
まずはスクールガール風コーディネートから。



check shirt from UNIQLO
skirt & knit from American Apparel
bag from miumiu
black & white shoes from bianca's closet
ribbon katyusya from free's shop

この秋はこんなガーリーなプレッピーコーディネートをよくしてます。
ユニクロのチェックシャツはすっかり秋冬の定番。私はメンズのSサイズをゆるっと着るのが好きです。毎年買い足してます。


次はベージュ、キャメル、赤、バーガンディー、と今季気になる色を全部いっぺんに着ちゃいました、みたいなコーディネート。



knit from Forever21
skirt from American Apparel
hat from ROSE BUD
bag from miumiu
socks from あちゃちゅむ
shoes from Jeffrey Campbell

朱色みたいな赤とバーガンディーって意外と合うのでびっくりなんです。こういう意外な色の組み合わせを発見すると嬉しくなります。
そして、見て頂きたいのが、このお靴 ジェフリーキャンベルのAD long というやつです。ソールに一目惚れして購入しました。ラバーソールが流行ってますが、厚底の靴可愛い!そしてこの太陽色のグラデーションがたまらないです。可愛い上に歩きやすいので、最近はこればっかり履いています。


次はオールベージュのコーディネート。



shirt, skirt, knit & belt from American Apparel
boots from Jeffrey Campbell

アクセサリーは重ね付けするのが好きで、指輪も重ね付けするのが好きなのですが、作曲するときは邪魔なのでもちろん外しますよ


最後はグレー、バーガンディー、バター、キャメルと、アップルパイみたいな色合いのコーディネート。



cardigan from nadesico
skirt, lace tops & socks from American Apparel
boots from Jeffrey Campbell

nadesicoのカーディガンはこの日に初めておろしたお気に入り。スカートは2番目のコーディネートの気回しです。


でも最近は作曲でおうちにこもってるので、ユニクロのくったくたのパーカとジャージを着回してます とほほ。
がんばります。


桑原三姉妹HPは こちら

こちらのブログも更新中です
よろしくお願いします。
桑原ゆうオフィシャルブログ Powered by Ameba
桑原ゆうmina公式ブログ
 2011/10/30 19:59  この記事のURL  /  コメント(0)

2012 S/S collection!!! - Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.
ファッション業界はもう春なのだそうです。
そして今日『Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.』 2012 S/S コレクションのランウェイショーがあるのですが、なんとなんと、その音楽を私が作らせて頂きました。
会場でピアノも弾きます。

『Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.』は 以前Y's Red Label のデザイナーをされていた鈴木道子さんのブランドです。ブランド名からショパンのノクターンにインスピレーションを受けていることがわかりますが、現代的な中にもクラシック音楽のどっしりとした基盤を感じさせるような、ひらっとしつつも地に足がついている感じのお洋服が揃っています。


今回素敵な縁で、こうやって自分の好きな音楽と好きなファッションが初めて結びつく機会を頂き、ほんとうに嬉しいです。もちろん、今回のコレクションの曲は私が普段書いているいわゆる現代音楽とはちょっと違いますが、でも自分なりにブランドのインスピレーションをどう音楽と関係づけるかを考え、コンセプトを持って作りました。詳しくは終わってからまた書こうと思います。

人前でピアノを弾くのも滅多に無い機会なので今から緊張しています。ほんとうに演奏家のみなさんはすごい、人前で弾くことが普通なんですもんね。それは日々の訓練あってこそです。頭が下がります。


打ち合わせのときから、私がこんなところに紛れ込んでいてよいのだろうかと思うくらい、くらくらっとしていたのですが、多分今日会場では、あまりの自分の場違いさに途方に暮れることと想像しています。
ひゃー、楽しんでがんばります。


Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.のウェブページはこちらです。
素敵な写真が見れます。
お洋服は渋谷パルコやなんばパークスなどでお取り扱いがあるそうです。


「Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.」2012 S/S Collection
 ☆ RUNWAY SHOW 
  2011年 10月18日(火) 
  16:30〜 Open 17:30 〜 Start
  麻布セントメアリー教会 (東京都港区元麻布3丁目13-10)



桑原三姉妹HPは こちら

こちらのブログも更新中です
よろしくお願いします。
桑原ゆうオフィシャルブログ Powered by Ameba
桑原ゆうmina公式ブログ
 2011/10/18 00:34  この記事のURL  /  コメント(0)

HP開設のお知らせ
今までトップページしかなかったホームページですが、ついにコンテンツをアップ致しました
↓どうぞ、クリックしてページに行ってみてください
http://3shimai.com/



妹たちとまとめて、桑原三姉妹の公式ホームページです。イラストをクリックすると、個人のページに行くようになっています。
それぞれの今までの活動歴や作品一覧、youtubeやブログのリンクなど、情報はほとんど網羅していますので、どうぞご覧になってみてください。
コンサートやライブなど出演情報もこまめに更新していきます。


ホームページ全体のデザインと制作は私が友人に助けてもらいながら行い (thanks to Yusuke Kawamura!)、アイコンも含めイラストを描いたのは次女のまこです。
モノトーンでなるべくシンプルにして、我ながら可愛いページになったと思います


昨年の冬に、いまの時代、ホームページというものが必要なのではなかろうかと思い立ち、早1年...。
どなたかに作成をお願いするという方法もあったし、なにかそういうサイトを利用する手もありましたが、やはりこまめに更新していくには自分で作るのが断然良いし、せっかくなら雰囲気のあるページが良い!ということで、ウェブデザインをしている友人に頼んでhtmlとcssの書き方を教わりました。
もちろんHP制作なんて初めてで、web言語のwの字も知らない、やっとパソコンがまともに使えるようになったくらいのペッペケペーな私は、最初はもう???でいっぱいでした。でも、もともと細かい作業が好きな方なのでだんだん楽しくなってきて、作曲やその他の作業の合間にコツコツ作り、わからないときは調べたり勉強したり、友人に直してもらったりしながらなんとか完成させました。

web言語を勉強するのはとっても面白かったです。構造的なことや考え方は、作曲とも共通点がたくさんありました。
htmlとcssを連動させるのは、変数を使った公式を作ってそこに数字をあてはめるのと同じことなので、セリーや電子音楽の様々な技法を連想させます。
htmlを書いていると、記号の入れ子がいっぱいできるのです。これも面白い。
それから、だんだんわかってきたのが、すっきりしたプログラムにしないと更新するのも大変だし読み込むのも大変だということ。シンプルできれいなプログラムの方がページも美しくなるだなんて、少し意外でした。私は作曲するときはスコアが超重要だと思っていて、できれば音の空気や質量や音楽の雰囲気まで伝わるようなスコアにしたいと、日々ぐりぐりと0.9mmのシャーペンで書き込んでいます。演奏される音にスコアに書いてあるものが直接反映されるからです。webも同じなのですね。でも、web言語の方がもっと現実的で、曖昧なところが全くないので、それもまた勉強になりました。


という訳で、何が言いたいかというと、頑張った!ということです
ぜひ時々のぞいてくださいね

今後とも、桑原三姉妹をよろしくお願い致します。

 2011/10/03 11:59  この記事のURL  /  コメント(0)

Profile
桑原ゆう (くわばら・ゆう)
桑原ゆう, Yu Kuwabara

作曲家。1984年12月7日生まれ。
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中より国内外の音楽祭、セミナー等に参加し作品発表を始め、Akademie Schloss Solitude (ドイツ)、武生国際音楽祭、impuls (オーストリア)、ミラノ国際博覧会、ロワイヨモン作曲講習会 “Voix nouvelles” (フランス)、ルツェルン音楽祭 (スイス)などで作品が取り上げられている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選。一部の作品は Edition Wunn (ドイツ)より出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。
近年は声明や民俗芸能等の取材を重ね、それらを扱う作品を精力的に発表、また、同世代の演奏家と立ち上げた「淡座」で古今亭志ん輔氏との公演を重ねるなど、日本の音と言葉を源流から探り、文化の古今と東西をつなぐことを主なテーマに創作を展開している。他、NHKラジオドラマ、ファッションブランドのランウェイショーなどの音楽を作曲し、様々な分野と交流して創作活動を行う。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』1期生。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

随筆「音楽の起りと歌の起り」
小林秀雄に学ぶ塾 同人誌「好・信・楽」創刊号 (2017年6月号) 掲載

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<今後の作品発表予定>
2017.07.07-16, Bobbio (Piacenza), Italy
Divertimento Ensemble International Workshop for Young Composers V edizione

2017.07.15 (Sat) 21:00-22:30, Auditorium Santa Chiara, Bobbio (Piacenza), Italy
十の聲 (2017) 世界初演
I concerti dell’International Workshop for Young Composers
Divertimento Ensemble, Sandro Gorli (cond)
詳細はこちら

2017.07.24 (月) 19:30開演 @六本木クラップス (東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1)
Bill Evans《Waltz for Debby》/ Jimi Hendrix《Purple Haze》(2017) 委嘱編曲・世界初演
音和座
演奏 / 邦楽ゾリスデン [吉澤延隆 (箏)、福田智久山 (尺八)、本條秀慈郎 (三味線)、前川智世 (箏)]

2017.08.12-28, Luzern, Switzerland
LUCERNE FESTIVAL ACADEMY Composer Seminar

2017.08.19 (土) 19:00開演 @東京アートミュージアム (調布市仙川町1-25-1)
二つの聲 (2017) 委嘱新作・世界初演
うつろひの花 / ソプラノトランペットと笙のバージョンによる (2014)
東野珠実・曽我部清典デュオ「真夏の夜の星筐」
演奏 / 東野珠実 (笙)、曽我部清典 (トランペット、ゼフュロス)
詳細はこちら

2017.07.26 (Sat) 15:00-16:30, KKL Luzern, Lucerne Hall, Luzern, Switzerland
影も溜らず (2017) 世界初演
Identities 5 | Ensemble of Lucerne Festival Alumni
Lucerne Festival Academy Composer Seminar Performance
Ensemble of LUCERNE FESTIVAL ALUMNI, Yutaka Shimoda (solo vn), Johanna Malangre (cond)
詳細はこちら

2017.08.30 (Wed) 21:00-, RADIO SRF 2 Kultur NEUE MUSIK IM KONZERT
《影も溜らず》ラジオ放送
Werkschau des《Composer Seminar》
詳細はこちら

2017.09.16 (土) 17:00開演 @市田邸 (東京都台東区上野桜木1-6-2)
セレナード (2017) 世界初演
かたち、あや、あるいはすがた (2017)
Rush《ホケトゥス風ライムライト》(2016) 編曲
作曲者不詳《おいらが、小っちゃな餓鬼の頃》(2017) 編曲
〜新秋の市田邸で、『“げん”結び―音楽と文学―』を愉しむ!〜「十二夜、あるいは、タイムトラベル!?」
演奏 / 柴田友樹 (朗読)、市川泰明 (テノール)、佐藤翔 (チェロ)
主催 / NPO法人たいとう歴史都市研究会
詳細はこちら

2017.09.25 (月) 18:00-19:00, NHK-FM横浜放送局
NHKFM横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」出演
バックステージツアー〜音楽堂・県民ホール〜
FM横浜81.9MHz、小田原83.5MHz
詳細はこちら

2017.09.39 (土) 14:30開演 @公演通りクラシックス (東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F)
George Gershwin《I Got Rhythm》(2017) 委嘱編曲・世界初演
眞美子とゆかいな仲間達 vol.3『Trioでおくる 紺碧のとき』
演奏 / 寺井真美子 (ピアノ)、佐藤翔 (チェロ)、齋藤綾乃 (打楽器)
詳細はこちら

2017.11.02 (Sat) 19:30-21:00, French Parlor, Founders Hall, USD: University of San Diego, U.S.
Mystische Miniature (2017) 委嘱新作・世界初演
New Musical Geographies II
Christopher Adler (khaen)
詳細はこちら

2017.11.04 (土) 15:00開演、14:30よりプレトーク @神奈川県立音楽堂 (神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
月の光言 (2017) 委嘱新作・世界初演
神奈川県立音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言(こうごん)」
出演 / 声明の会・千年の聲 (迦陵頻伽聲明研究会と七聲会による)
構成・演出 / 田村博巳
詳細はこちら

2017.11.05 (日) 15:00開演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン (大阪府豊中市服部本町2-5-24)
三つの聲 (2016) 関西初演
ルツェルン音楽祭アカデミーメンバーの演奏で聴く 〜スウェーデンと日本の未来のクラシック音楽〜
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、大西泰徳 (チェロ)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 13:30開演 @東京国立博物館内応挙館 (東京都台東区上野公園13-9)
もみぢつゝ (2017) 委嘱新作・世界初演
音和座「もみじして」
演奏 / 宮田まゆみ (笙)、本條秀慈郎 (三味線)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 15:00開演 @京都市立芸術大学 大学会館ホール (京都市西京区大枝沓掛町13-6)
三つの聲 (2016)
パウラ・ヘドヴァル 北欧の作曲家とヴァイオリン現代奏法レクチャー&コンサート
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、西村まなみ (チェロ)
詳細はこちら

2017.12.22 (金) 19:00開演 @新宿FACE (東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
Moon Spell (2017) 委嘱新作・世界初演
アンサンブル室町 in 歌舞伎町!ー祝10周年ー
演奏 / アンサンブル室町
詳細はこちら



Link
New Post
Category Archive
Monthly Archive