« 合宿 | Main | 明日 »
《みづかげ三章》プログラムノート
ひとつ前の記事に合宿のレポートを書きましたが、初めて書かせて頂いたマンドリンオーケストラ作品の初演が近づいてきました。

私の作曲はいつも、与えられたテーマや条件と向き合うことから始まります。自分の思いつく限りの方法を用いてテーマや条件に何度も話しかけ、何かしらの関係性をつくろうと努力します。そうするといつしか向こうから、こういう曲を書いたらいいよと語りかけてくれるのです。今回は、マンドリンオーケストラという特別な編成でしか実現できない音や音楽とは何だろうかという問いから作曲が始まりました。

マンドリンオーケストラという編成は、弦楽合奏と置き換えられるように思われがちですが、その音色、音の姿は、弦楽合奏とはまるで違います。とりわけ、マンドリンのトレモロによる持続音は、ヴァイオリンやチェロなどの持続音とは全く質の違うものなので、同じような表現を求めるのはあまり意味の無いことだと思います。また、一般的に「マンドリン=トレモロ」というイメージがありますが、マンドリンは音のひとつひとつに多彩な音色をのせることができ、単にピックで弾かれる音自体がとても魅力的です。そして、たちあがりが速くはっきりしているので、素早い点で捉えることができるという特徴もあります。
マンドリンのトレモロの細かく震える音の美しさを真に活かす音楽とは何だろうか、トレモロによる持続音とピックで弾かれたひとつひとつの音、双方の良さを引き出すにはどうしたらよいか、どう組み合わせて音響を作ろうかと考えているうち、マンドリンの音が水の音のように聴こえてきました。マンドリンの透明な音色やピアニシモの美しさを活かし、トレモロによる薄い水の層を重ねたり、様々な密度の点描や空間的な仕掛けを散りばめたりすることによって、水の流れの多様な姿を描けるように思いました。また、マンドリンが音を鳴らす時には、ピックが弦に触れるノイズが必ず含まれます。そのノイズは風の音となって、水流の上を渡っていくように聴こえます。
ひとりひとりの奏でるマンドリンの音ひとつひとつが水のひと滴であり、それがたくさん集まると小さな川の流れとなる。川の流れは色々に姿を変え、いくつかの小さな川の流れが合わさって、やがて、大きな流れとなる。大きな流れはさらに太く強くなって、海となり、渦となり、いつか宇宙となる…、そのような音楽を作りたいと思い、水の姿を映し出す音楽という意味で《みづかげ三章》と名付けました。
 
オーケストラの面白さは、多様な背景を持つ人たちが集まってひとつの音楽をつくろうとするところにあると思います。ことにマンドリンオーケストラはそれが特徴的で、全く異なる日常生活をしている様々な年代の人たちが、一緒に音楽をつくるため、マンドリンを持ち寄って指揮者の元に集まりひとつの何かを表現しようとしています。その面白さを活かそうと、《みづかげ三章》はオーケストラ作品でありながら、とても室内楽的な内容になりました。細かくパート分けがなされていて、ひとつひとつの音全てに大きな役割が与えられています。多様な大きさや形のアンサンブルが組み合わされ、ソロで演奏しなければいけないところが随所に散りばめられ、気を抜けるパートや人に頼って演奏できるパートはひとつもありません。全ての奏者に全ての音を責任を持って弾いて欲しいという想いを込めました。ひとりひとりの奏でるマンドリンの音ひとつひとつが水のひと滴であり、それがたくさん集まると小さな川の流れとなる。川の流れは様々に姿を変え、いくつかの小さな川の流れが合わさって、やがて、大きな流れとなる。大きな流れはさらに太く強くなって、海となり、渦となり、いつか宇宙となる…そのような音楽を作りたいと思い、水の姿を映し出す音楽という意味で《みづかげ三章》と名付けました。


エスプリマンドリンオーケストラの記念すべき第1回演奏会で委嘱を頂けるなんて、とっても嬉しく、有難いことです。エスプリマンドリンオーケストラは、この演奏会の目玉である《シェヘラザード》を、マンドリンオケで演奏するために集まったそうですが、メンバーの皆さんは、ほとんどの方が平日は音楽以外の仕事をされている、又は、音楽以外を専門とする学生さんで、休日や空いた時間で音楽をされています。おそらく、いわゆる現代音楽を演奏するのは初めてだし、よくわからない... という方も中にはいらっしゃるかなと思ったので、《みづかげ三章》のタイトル通り、曲を三章に分けることにしました。(ただし、楽章間はほとんど空けず、ほとんどつなげて演奏されます。)そして、三章のうちの中間の第二楽章は、わりに取り組みやすく、練習したらかっこ良く弾けるかも!と思えるような曲にしようと心がけました。この作戦はなかなかうまくいったようで、第一楽章、第三楽章の理解に、すんなりとつなげられたようです。

本番まであと少し。出来る限りの良い音楽をつくれるように、作品と演奏の橋渡しを頑張りたいと思います。なんと入場無料でチケットもいりませんので、ぜひ聴きにいらしてください。







エスプリマンドリンオーケストラ 第1回演奏会

演奏 / 碇山隆一郎 (指揮)、エスプリマンドリンオーケストラ
開場 14:00 / 開演 14:30
於 ティアラこうとう大ホール
入場無料、全席自由

プログラム
【第一部】弦楽オーケストラステージ
弦楽のための第三章“トリプティーク” / 芥川也寸志
みづかげ三章 (2013) 委嘱新作・世界初演 / 桑原ゆう
【第二部】管弦楽オーケストラステージ
交響組曲「シェヘラザード」/ リムスキー=コルサコフ

お問い合わせ / espritmandolin@gmail.com




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

桑原ゆうHP / Yu Kuwabara web site: *click*
作品一覧 / Yu Kuwabara works: *click*
今後の作品発表予定 / Yu Kuwabara concert schedule: *click*

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」をチップチューンに編曲した作品が、iTunesで配信されています。
8bit project 「つけまつける (featuring Yu Kuwabara) - Single
上記リンクから、サンプルもお聴きいただけます。
 2013/07/31 22:53  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


Profile
桑原ゆう (くわばら・ゆう)
桑原ゆう, Yu Kuwabara

作曲家。1984年12月7日生まれ。
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中より国内外の音楽祭、セミナー等に参加し作品発表を始め、Akademie Schloss Solitude (ドイツ)、武生国際音楽祭、impuls (オーストリア)、ミラノ国際博覧会、ロワイヨモン作曲講習会 “Voix nouvelles” (フランス)、ルツェルン音楽祭 (スイス)などで作品が取り上げられている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選。一部の作品は Edition Wunn (ドイツ)より出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。
近年は声明や民俗芸能等の取材を重ね、それらを扱う作品を精力的に発表、また、同世代の演奏家と立ち上げた「淡座」で古今亭志ん輔氏との公演を重ねるなど、日本の音と言葉を源流から探り、文化の古今と東西をつなぐことを主なテーマに創作を展開している。他、NHKラジオドラマ、ファッションブランドのランウェイショーなどの音楽を作曲し、様々な分野と交流して創作活動を行う。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』1期生。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

随筆「音楽の起りと歌の起り」
小林秀雄に学ぶ塾 同人誌「好・信・楽」創刊号 (2017年6月号) 掲載

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<今後の作品発表予定>
2017.07.07-16, Bobbio (Piacenza), Italy
Divertimento Ensemble International Workshop for Young Composers V edizione

2017.07.15 (Sat) 21:00-22:30, Auditorium Santa Chiara, Bobbio (Piacenza), Italy
十の聲 (2017) 世界初演
I concerti dell’International Workshop for Young Composers
Divertimento Ensemble, Sandro Gorli (cond)
詳細はこちら

2017.07.24 (月) 19:30開演 @六本木クラップス (東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビルB1)
Bill Evans《Waltz for Debby》/ Jimi Hendrix《Purple Haze》(2017) 委嘱編曲・世界初演
音和座
演奏 / 邦楽ゾリスデン [吉澤延隆 (箏)、福田智久山 (尺八)、本條秀慈郎 (三味線)、前川智世 (箏)]

2017.08.12-28, Luzern, Switzerland
LUCERNE FESTIVAL ACADEMY Composer Seminar

2017.08.19 (土) 19:00開演 @東京アートミュージアム (調布市仙川町1-25-1)
二つの聲 (2017) 委嘱新作・世界初演
うつろひの花 / ソプラノトランペットと笙のバージョンによる (2014)
東野珠実・曽我部清典デュオ「真夏の夜の星筐」
演奏 / 東野珠実 (笙)、曽我部清典 (トランペット、ゼフュロス)
詳細はこちら

2017.07.26 (Sat) 15:00-16:30, KKL Luzern, Lucerne Hall, Luzern, Switzerland
影も溜らず (2017) 世界初演
Identities 5 | Ensemble of Lucerne Festival Alumni
Lucerne Festival Academy Composer Seminar Performance
Ensemble of LUCERNE FESTIVAL ALUMNI, Yutaka Shimoda (solo vn), Johanna Malangre (cond)
詳細はこちら

2017.08.30 (Wed) 21:00-, RADIO SRF 2 Kultur NEUE MUSIK IM KONZERT
《影も溜らず》ラジオ放送
Werkschau des《Composer Seminar》
詳細はこちら

2017.09.16 (土) 17:00開演 @市田邸 (東京都台東区上野桜木1-6-2)
セレナード (2017) 世界初演
かたち、あや、あるいはすがた (2017)
Rush《ホケトゥス風ライムライト》(2016) 編曲
作曲者不詳《おいらが、小っちゃな餓鬼の頃》(2017) 編曲
〜新秋の市田邸で、『“げん”結び―音楽と文学―』を愉しむ!〜「十二夜、あるいは、タイムトラベル!?」
演奏 / 柴田友樹 (朗読)、市川泰明 (テノール)、佐藤翔 (チェロ)
主催 / NPO法人たいとう歴史都市研究会
詳細はこちら

2017.09.25 (月) 18:00-19:00, NHK-FM横浜放送局
NHKFM横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」出演
バックステージツアー〜音楽堂・県民ホール〜
FM横浜81.9MHz、小田原83.5MHz
詳細はこちら

2017.09.39 (土) 14:30開演 @公演通りクラシックス (東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F)
George Gershwin《I Got Rhythm》(2017) 委嘱編曲・世界初演
眞美子とゆかいな仲間達 vol.3『Trioでおくる 紺碧のとき』
演奏 / 寺井真美子 (ピアノ)、佐藤翔 (チェロ)、齋藤綾乃 (打楽器)
詳細はこちら

2017.11.02 (Sat) 19:30-21:00, French Parlor, Founders Hall, USD: University of San Diego, U.S.
Mystische Miniature (2017) 委嘱新作・世界初演
New Musical Geographies II
Christopher Adler (khaen)
詳細はこちら

2017.11.04 (土) 15:00開演、14:30よりプレトーク @神奈川県立音楽堂 (神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
月の光言 (2017) 委嘱新作・世界初演
神奈川県立音楽堂・伝統音楽シリーズ 聲明「月の光言(こうごん)」
出演 / 声明の会・千年の聲 (迦陵頻伽聲明研究会と七聲会による)
構成・演出 / 田村博巳
詳細はこちら

2017.11.05 (日) 15:00開演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン (大阪府豊中市服部本町2-5-24)
三つの聲 (2016) 関西初演
ルツェルン音楽祭アカデミーメンバーの演奏で聴く 〜スウェーデンと日本の未来のクラシック音楽〜
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、大西泰徳 (チェロ)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 13:30開演 @東京国立博物館内応挙館 (東京都台東区上野公園13-9)
もみぢつゝ (2017) 委嘱新作・世界初演
音和座「もみじして」
演奏 / 宮田まゆみ (笙)、本條秀慈郎 (三味線)
詳細はこちら

2017.11.18 (土) 15:00開演 @京都市立芸術大学 大学会館ホール (京都市西京区大枝沓掛町13-6)
三つの聲 (2016)
パウラ・ヘドヴァル 北欧の作曲家とヴァイオリン現代奏法レクチャー&コンサート
演奏 / レン・アンサンブル | Paula Hedvall (ヴァイオリン)、桑原香矢 (ヴィオラ)、西村まなみ (チェロ)
詳細はこちら

2017.12.22 (金) 19:00開演 @新宿FACE (東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
Moon Spell (2017) 委嘱新作・世界初演
アンサンブル室町 in 歌舞伎町!ー祝10周年ー
演奏 / アンサンブル室町
詳細はこちら



Link
New Post
Category Archive
Monthly Archive