« 前へ | Main
クリエイティブな女性像
こんにちは!
そろそろ春めいて何か新しい事を始めたくなる季節がやってきました今月はとにかくいろんな人に会っています刺激は人から受けるのが一番。(とサイエンスで実証済み笑)以前から気になるアーティストやスタジオに思い切ってコンタクトしてみたり、ずっと会っていなかった友だちにも会ったりして、やっぱり人との繋がりって大切だなあと改めて感じています

今日はタイトルの通り、わたしがとっても影響受けているクリエイティブな女性をご紹介をします。といってもいつも書いている美術館のアーティストや、ファッション関係のデザイナーではありません

アーティスティックな知人友人が多いのですが、通常アーティストって一言でいうと音楽をやっているか、ペンキだらけか、何のこっちゃよく分からない抽象的な存在ですよね

NOBLE STYLE主宰の永谷さおりさんは、わたしがいろんな角度から影響を受けている、関西をベースに活躍しているクリエイターです

さおりさんはアーティフィシャルフラワー(造花)とリボンを組み合わせ、生花とはまた違ったクラフト感覚のアレンジメントを提案しています。もともとお花屋さんでは無く、ウェディング業界で全てにおいて手腕を振るっていただけあって、センスと技術力はヨーロッパのフローリストに勝るとも劣りません
職業柄たくさんのフラワーアレンジメントを目にする機会が多いのですが、NYでは生花も含めなかなかこの完成度のものに出会えません。





さおりさんは現在お稽古サロンを主宰していてレッスンは常時満席アーティスティックな感性とビジネスセンスを持ち合わせたセルフプロデューサーです。自身がどうあるか、というのは人それぞれ考え方はあると思いますが、気品に溢れていながらとっても気さくで初めて会った時からするっと緊張の糸をほどいてくれる、そういった部分も含めて影響を受けてしまうのです。

もちろんそんな裏側には努力と困難を乗り越えてきて、表面的ではないところがわたしにとっては魅力的なんだと思います。

こんな人になりたいなー

話していると、わくわくしてくる人っていますよね。英語では"She is inspring"と表現しますが、まさにそんなさおりさんに今回はお願いをして記事を書かせてもらいました。

もっと写真を見たい方、興味を持たれたかたはブログを覗いてみてくださいね。読むだけ気分が上がりますよ〜


 2016/03/23 09:13  この記事のURL  / 

« 前へ | Main

プロフィール

YUKO NAKAO スタイリスト/ヴィジュアルマーチャンダイザー

ヴィンテージファッションを使ったスタイリングが特徴。
雑誌"Esthétique"をプロデュースする。プロモーションツールの企画、制作、店舗デコレーション、MD企画、ファッションコンサルテーションに携わる。
2009年渡米。ニューヨークを拠点に活動を続ける。


2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集