« 前へ | Main | 次へ »
展示会で効果抜群のビジュアルツールとは
多くの場合、展示会の主な目的は、ブランドのアピール・販路の拡大・ビジネスネットワーク作り。前回は役立つ3つのポイントをお話ししました。今日は2つ目の完成度の高いカタログ、ルックブックを用意するについてもう少し具体的に説明をしたいと思います。

そもそもなぜお金をかけてまで完成度の高いカタログを作るのか疑問がある、そんな余裕は無い、もしくはモノが売れてからと後回しになっている、デザインを売りにしている商品を扱う方にはぜひ読んで頂きたいです

人間は、視覚、聴覚、感覚で物事を理解する3つの思考パターンに分かれ、以下のように捉えようとします
視覚タイプの人は目から入る情報
聴覚タイプの人は説明や文章など理論的
感覚タイプの人は雰囲気や感情・感覚的

これはビジュアルマーチャンダイジングにおいて大切な心理的要素になり、展示会でのプレゼンテーションに活かすことができます。とくに初出展のブランドはまずは知ってもらうこと、ネットワークを作ることが重要です

例えばブースに立ち寄ってくれた人の興味の度合いが、次のようなところからブランドの露出が始まるとします。
「オーダーには至らないけどなんとなく面白いものを作っているな」
「自分のビジネスにはフィットしないけど個人的に欲しい」
「次のシーズンから取引を考えたい」
「ブログもしくは取材のネタにしたい」
その場ですぐに会話には至らなくても何か渡して印象に残したいですよね。

そこでカタログやパンフレットを渡します。
視覚タイプには、写真やグラフィックの完成度の高さ=イメージに直結します。
聴覚タイプには、商品の特徴や他のブランドとの違い=ブランドについて理解・納得します。
感覚タイプには、グラフィックのセンス・人の印象・ブースの雰囲気=好きかどうか判断します。

いずれにせよ完成度の高いビジュアルイメージと言葉にすることで、目的のうち2つ(ブランドのアピール、ビジネスネットワーク作り)の結果に影響します。
印象に残る=カタログを持って帰ってもらうか 残らない=ゴミ箱行きになるか。

展示会は大きな投資。せっかく素晴らしい商品が出来たのでそれが伝わる良いイメージで知ってもらいましょう!その点でビジュアルコミュニケーションはとっても有効な手段の一つになるのです。

ありがとうございました








 2016/03/05 02:46  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

YUKO NAKAO スタイリスト/ヴィジュアルマーチャンダイザー

ヴィンテージファッションを使ったスタイリングが特徴。
雑誌"Esthétique"をプロデュースする。プロモーションツールの企画、制作、店舗デコレーション、MD企画、ファッションコンサルテーションに携わる。
2009年渡米。ニューヨークを拠点に活動を続ける。


2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集