« 2017年05月 | Main | 2017年07月 »
ハワイがビッグトレンドに
リゾートテーマは毎シーズン出てきます。どこのリゾートなのかというのは、まとまる時もあるし、ばらけることもあります。2017春夏はカリビアンでしたが、2018春夏は各メゾンがこぞってハワイテーマをあげています。

ミラノもパリも、ハワイです。中には、アメリカのリゾートとぼかすメゾンもありましたが、皆、キーモチーフはアロハです。

同じアロハと言っても、メゾンによって表現は様々。ディースクエアードは、パンクと掛け合わせ、ルイヴィトンはオーガンジーを被せて3D風に。ポールスミスは、「マグロ」という言葉を使って和要素も入れています。

こんなに多くのブランドが同じ場所をテーマにするのは珍しいですね。やはり、根っこにあるのは、オープンカラーシャツのロングトレンドでしょう。コレクション会場では、オープンカラーシャツを着たメンズを多く見かけました。ミッドマーケットでも広がり始めてますよね。それが下地にあってこそのアロハシャツなのでしょう。

日本では、アダルトメンズ中心に根強い人気があるアロハシャツですが、客層やアイテムを変えてビッグトレンドとなりそうです。

◆ディースクエアード

Courtesy of Dsquared2

◆ルイヴィトン

Courtesy of Louis Vuitton


◆ポールスミス

Courtesy of Paul Smith

Via Collection by Apparel-web

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/06/30 06:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

パンツは細いのか太いのか
日本のミッドマーケットにも広がりつつある、太めのパンツ。メンズコレクションの世界では、もはや太めがデフォルトという感じです。

キャロットパンツ、ルーズパンツに加え、新顔としては、ワンクションのストレートパンツも。

白のスリムパンツがデフォルトだったピッティの会場でも、お洒落な人は、皆ゆるっとしたパンツを穿いています。

先シーズンも感じましたが、コレクション会場に細めパンツを穿いていくのは、もうちょっと恥ずかしい状況です。

しかし、揺り返しが起きるのがトレンド、今シーズンは細身のパンツがランウェイで目立ち始めました。トレンドの行き先は、また細身に。

元々、細身のパンツが好きな日本人男性。短期間、ゆるめシルエットがトレンドとなりながらも、また細身に戻るのかもしれませんね。

◆ピッティでのスナップ

Photo by Ko Tsuchiya

◆マルニ

Courtesy of Marni

◆アレキサンダーマックィーン

Courtesy of Alexander McQueen

Via Collection by Apparel-web

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/06/30 05:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

メンズコレでアスレジャー進化中
NYのウィメンズマーケットから生まれたアスレジャー、日本ではストリート系メンズのアウトドアトレンドと重なり、今春本格的流行になっています。そして、ランウェイでもここ数シーズントレンドとして広がっています。

いよいよこのアスレジャーな着こなしが、富裕な大人マーケットにも広がりそうです。ヤングやヤングアダルトでは当たり前、アダルトまで広がるということでしょう。ピッティでは正しく花盛りでした。

アダルトがアスレジャーをやると、どうしても部屋着感が出るもの。そういう不安を排除してくれる工夫がたくさんあります。まず、どう見てもよそ着に見える素材、爽やかな色使い、スタイルアップの工夫などです。

もはや、アスレジャーというよりもスポーツミックスという感じでもあります。スポーツテーマとしても、テニスやセーリングなどのセレブイメージが大人に受け入れられそうです。アスレジャートレンドとプレップトレンドが融合して生まれたのかもしれません。

そういう私も、個人的(年齢的)には、アスレジャーには距離を置いていましたが、これだったら着られるなぁと思うものが多く、気分が高揚したことが多くあったぐらいです。

「あー。アスレジャーね。」で終わらせないことが大事なのではないでしょうか。

◆ベルルッティ

Courtesy of Berluti

◆ジーゼニア

Via Collection by Apparel-web

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/06/29 19:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

メンズコレクションの重心はパリとピッティに
約20日にわたる2018春夏メンズコレクションの取材旅行から戻ってきました。そこで、記憶が新しいうちに所感を綴りたいと思います。

私の書いたコレクションレポートはこちらからご覧ください。

アパレルウェブの2018春夏メンズファッションウィークはこちらから是非ご覧ください。

ロンドンメンズの画像・動画・記事はこちらから

ピッティウオモの画像・動画・記事はこちらから

ミラノメンズの画像・動画・記事はこちらから

パリメンズの画像・動画・記事はこちらから

このように欧州のメンズコレクションは、大きく4つです。

この中で明暗が分かれてきています。パリとピッティが明、ロンドンとミラノが暗です。パリは、ビッグメゾンが変わらずショーを行い、さらに気鋭のブランドが集まってきて、様々な形式でショーを行っています。

ピッティは、ここ数年、話題のブランドを招聘してショーを行っていますが、今シーズンもJ.Wアンダーソン、オフホワイト、ヨシオクボ、新生ハンティングワールドなどがショーを行い、ゼニアやバリー、トミーヒルフィガーなどの国際ブランドがブース出展し盛り上げました。

その一方、5周年を迎えたロンドンは日程を5日間と拡大しましたが話題のブランドが少なく、ミラノは実質3日に短縮。メンズ・ウィメンズ統合の煽りを受けました。

中でもミラノの今後が心配です。同じイタリアに2つのメンズコレイベントあるため、イタリアらしいクラシコやファクトリーブランド系はピッティで用が済み、ラグジュアリーはウィメンズウィークへの統合、残るはコンテンポラリーブランドやストリートブランドとなりそうだからです。そうなったら、彼はパリでショーをやるようになってしまうのではないでしょうか。

プラダ、フェンディがメンズ単独ショーをやっている間は、吸引力を保てますが、それがウィメンズに統合されてしまったら、本当に存在感がなくなるからです。ドルチェ&ガッバーナやディースクエアードのようなメンズの強いラグジュアリーが実はミラノには多くなかったということが露呈しているといえようです。

「モードの交差点」パリ、「紳士服の殿堂」ピッティに対し、「ストリート」のロンドン、「デザインとものづくりの融合」ミラノがどう巻き返すのか、心配であり期待したいところであります。

◆ピッティの会場


◆パリでこれまで伝説のショーが行われてきた会場「グランパレ」


★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/06/29 07:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集