« 2015年11月 | Main | 2016年01月 »
2015年 業界出来事 私的10大ニュース 後編
2015年、私が見て回ったり、コンサルティングをしている中で、印象に残った出来事をランキング形式紹介。1位はあの悲しい出来事です。


1.パリの同時多発テロ
やはり、今年の一番の衝撃は、この出来事です。中近東などで、テロや爆撃が起きており、パリだけハイライトすることに対する意見はあるかと思います。しかし、ファッション業界において、パリというは特別な都市す。平和だからこそ、楽しめるファッション、そのファッションの首都であるパリであのようなことが起きた時は、言葉にできない衝撃でした。そして、テロが起きたエリアは、ファッションピープルに馴染みのあるエリアでした。その同時多発テロ後、最初のファッションショーが1月のパリメンズ。毎シーズン、通っているので、今回も行って参ります。パリで、デザイナーたちがどのようなメッセージを私たちに発信するのか。しっかりと見てきたいと思います。




2.インバウンド消費拡大
「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど、インバウンド消費の拡大を市民が実感した年でした。それと呼応するように、ラグジュアリーブランドなどのグローバルプレイヤーの投資が東京に増え、東京のファッションキャピタルとしての存在感が上がったとも言えます。しかし、パリやニューヨーク、ロンドンなどの世界のファッションキャピタルと比べると、まだまだ伸び代があるのも確か。インバウンドをバブルとして捉えずに、さらに伸ばすための戦略が求められる段階となると思います。その一つの鍵が、テクノロジーの利用。音楽、英語とともにグローバルスタンダードなりつつあるウェブの力を最大利用することが必要でしょう。その現れとして、越境EC、タブレット接客などが始動した年でもありました。



3.百貨店オリジナルブランド開発活発化
インバウンドの恩恵を最も受けた業態の一つが百貨店。しかし、百貨店の皆さんもインバウンド依存でよいとは思っていません。そこで取り組みが進んでいるのが、オリジナルブランド開発です。かつての百貨店のオリジナルブランドといえば、プロパー下限でのベーシック商材が中心でしたが、今はスピンオフしても成り立つ、キャラ立ちしたものの開発が今求められています。先行していた西武・そごうは、ジャンポール・ゴルチエを迎えたコラボラインを発表。イセタンはルーガ、京王はミ・デゥーを始動させ、卸も目論んでいます。アメリカの百貨店ではすでに中核政策となっている、オリジナルブランド開発・拡大、ブランド独占政策。来年以降も増えていくでしょう。



4.ライフスタイル型業態あらたなステージへ
ロンハーマンの成功により、ミドルグレードで活発化した「ライフスタイル型業態」。しかし、その多くは苦戦しました。その要因は、本当のライフスタイル提案でなかったこと。多くは、「うちのファッションに合う雑貨を揃えました」的なものでした。そこから、改善の方向性が生まれています。その方向性は大きく2つ。一つはミニモールのような業種ミックス型への移行。これまでとの違いは、異業種をプロに耐え得るものを導入している点でしょう。もう一つの方向性は、「尖らせたライフスタイル」。最大公約数のライフスタイルではなく、「この指とまれ」型ライフスタイルの提案です。アートを多く取り入れているのもその特徴でしょう。今年後半に開発された、ベイクルーズの「シティショップ」とパルの「CPCM」がその象徴でしょう。



5.日本企業のアジア進出新局面に
上海一辺倒だったアジア戦略から是正されて数年たち、グローバルプレイヤーと同様に、香港やシンガポールなどのアジアのファッションキャピタルへ出店を増やしてきましたが、さらに広がりを見せました。その一つがタイ。ファッション感度の高い国と知られていましたが、法規制の問題で外資の出店が難しかったので日本企業の出店は少なかった国の一つでした。しかし、規改正により一気に出店が増えました。また、出店エリアだけでなく、出店業態にも変化が見られます。これまでは百貨店アパレルかSPAが中心でしたが、ビームスやUAなどのセレクトショップも出店。UAは台湾に、テーラリング中心のセレクトショップ業態も出店しました。マシュスタイルラボは、台湾にローカル対応ブランド「ウラハ」も始動。新局面を感じさせる年でした。



ファションビジネスは平和だからこそ成り立つビジネス。2016年の1位は、幸せに包まれた話題を選べるよう祈るばかりです。

6-10位はこちらから

山中健

★年末年始もFBでは発信します
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
 2015/12/28 03:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2015年 業界出来事 私的10大ニュース 前編
2015年もあと数日となりました。今年もいろいろなことがありました。そこで、私が印象に残った出来事をランキング形式で綴りたいと思います。まずは、6位から10位です。


6.蔦屋家電

この蔦屋家電には、マーケットトレンドの変化要素が、ギュッとつまっています。物販の中でも住関連は最もライフスタイルが遅れていると言われていますが、それが新局面にはいったことを表しています。業界常識を超えた売場分類、上辺だけでないコンサルティング販売、時間消費型への取り組み。「これまでもあるんではないか」という感じを覚える方も多いかもしれませんが、ハイエンドなものではありました。しかし、住関連のボリュームマーケットでは少なかったように思います。蔦屋家電は価格ドットコムのような激安ではないですが、割高でもありません。アマゾンと同じぐらいでは、ないでしょうか。このような取り組みがボリュームマーケットに広がる始まりのように思います。



7.アメカジトレンドピークへ
日本男性が大好きな「アメカジ」。これが、幅広い世代、幅広いファッショングループに受け入れた年だったと思います。安定してあったアメカジマーケットの他、ヤングメンズやモードのマーケットも、ユーティリティチィーデザインを取り入れたルックがあたっています。しかし、すでに既視感を覚えているデザイナーやバイヤーの声も聞かれます。「業界人が飽きてから、マーケットに広がる」というマーケティングのルールからすると、もう少し続くでしょうが、ボリュームの一部で違った流れも出てきています。この先に注目です。



8.イセタンサローネ開発
「平場のスピンオフ」以外、あまり上手くいってないかった百貨店の専門店開発。この春に六本木に、オープンした「イセタンサローネ」が新たな指針を示しました。百貨店が手がける「セレクトショップ」というと、ミニ百貨店のようで、「いかにも他人任せ」な商品セレクトが目立っていましたが、今回はのイセタンサローネは新進デザイナーやアートなども取り入れ、業種・ブランド構成で尖らせています。今月にはメンズを丸の内にオープン。そして、東急もセレクトショップを東急プラザ銀座にオープンする予定。百貨店が、専門店のバイヤーと競う時代になったのだと実感した次第です。



9.デザイナー交代劇

ラグジュアリーでは毎年、デザイナーの退任、交代劇は話題となりますが、今年は、より印象に残る年でした。特に、ランバンのアルベール・エルバス氏の退任。パリのトレンドを牽引する存在だっただけにショック。その後の、従業員やパリ市までも巻き込んで騒動は大きくなり、問題が長引いたことも印象的です。また、ラフ・シモンズのディオールの退任も、なんの前触れもなかったので衝撃的でした。




10.H&M バルマン 秒殺
毎回、話題となるH&Mのデザイナーコラボ。このバルマンは、マルジェラ以来の盛り上がりでした。リアルマーケットのトレンドからすると、「どうなのかな?」と思っていましたが、蓋をあけてみたら、それこそ「秒殺」。発売日の正午にはもう売場さえなくなっていました。インバウンド&転売がその要因として大きかかったように思います。「努力して、手間をつかった消費者が手に入らない服って何なのだろう」と思った次第です。



山中健

★年末年始もFBでは発信します
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting



 2015/12/27 11:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ファッションショーは誰のもの?
ファッションショーのあり方について見直すべきか否かの報道記事を見つけました。

この記事を読んで考えたのは、「ファッションショーって誰のものか?」ということです。

この記事は、もっと実需に近い時にショーをやるべきか、どうかというものです。大多数は、買う人のためにショーを見せるべきと思われるでしょう。これは、ファッションマーケティングの変化を表しているものでしょう。

ファッションショーの招待客は、ジャーナリスト、セレブリティ、富裕な顧客、主要小売店のバイヤーたちです。私もこのジャーナリストの末席としてお邪魔させていただいております。

伝統的にファッションショーは、オピニオンリーダーに見せて、そこから広がりを作っていくものでした。専門知識を身につけたプロが、一般消費者に記事などで翻訳しながら、広がりをつくっていくこいうものです。一方、メゾンは、プロの目にかなうクリエーションを磨き上げて見せる。その場がファッションショーでした。

しかし、今はウェブやSNSで、プロも一般消費者も同時にショーを見ることができます。そのため、もっと実需の時にやるべきという考え方が生まれるのでしょう。

でも、私はそれでいいとは思えません。すべてのブランドに当てはまりませんが、トップクラスのメゾンのショーは総合芸術だと思います。それを脈々と受け継いでやっていることが、ファッションとしての存在意義があるのではないでしょうか。ガールズブランドもトップメゾンもまぜこぜにして、実需の時にショーを行うべしというはあまりにも暴論だと思います。

また、ショーは生で見るのと、ライブストリーミングでみるのと、写真でみるのでは、発見が違います。

生では、パターン、素材、カッティング、デザインが融合して生まれるオーラを確認できますが、ライブストリーミングやムービーでは無理です。そして、そのオーラを理解できるようになるまでには、学習が必要です。そのような理解者と一緒にメゾンは、新たなファッション、才能を作り出していくのです。

そのため、プロにはそのブランドの最高の部分を生で見せ、一般消費者はライブストリーミングやSNSで新たなルックに喜びを見出し、パーティーやストアイベントなどでブランドの世界観に触れてもらうということが必要かと思います。それぞれのアプローチが異なるだと思います。

「ファッションショーは誰のためのものか?」、それはメゾンやデザイナーのためのものかもしれません。一流の作り手がつくりだす、究極の“プロダクトアウト”的発想なのだと思います。


卓越したウェブマーケティングで知られるバーバリー2016年春夏コレクション

山中健

★コンサルティングやリサーチ、取材で感じたことはこちらでも綴っています
<リンク:https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
>https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
 2015/12/21 15:51  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

iPad 接客に思う
RINAさんのブログにある通り、ZARAがiPad接客を行う計画がニュースになりましたよね。

海外での店では、iPad接客を行う店はどんどん増えてきて。特にレジはiPadを使って行っています。これ、レジまで行く面倒もないですし、目の前でスタッフがカードをきってくれるから、安心。

ZARAは、商品説明やお薦めに使うようですが。RINAさんが言う通り、むしろ「まだやっていなかったの?」と思っちゃいました。

で、このニュースのシェアされているものの、コメントの中に「こんなの使うより、言った方が早い」というコメントが。。。。


確かに、日本のこれまでの接客レベルだったらそうでしょう。でも海外では、日本のような接客ができない、受けられない場合があります。

「接客するスタッフの意識が“お薦め”にない」「価値観がさまざまなお客様やスタッフがいるため情報を共有できない」そして、そもそも「言葉が通じない」です。

日本もインバウンドが増えて一番最後の場合が増えるのではないでしょうか。これまでの延長線上で物事を考える危険性を感じる次第です。

もちろん、iPad接客を上手くやるには、それを使った接客の流れづくりもあります。そのためのトレーニングも必要になります。ロープレも、商品を使ったものだけでなく、iPadを使ったものが必要になっていくでしょうね。




写真:スタッフ全員がiPadを使って接客するバーバリーのリージェントストリート店

山中健

★東京でのコンサルティングやリサーチ、取材で感じたことはこちらでも綴っています
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
 2015/12/10 18:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集