« 2013年10月 | Main | 2013年12月 »
ゼニアとピラーティの化学反応
6月のミラノメンズで見た、エルメネジルドゼニアのショー。印象的でした。




<Photo by Koji Hirano>

サンローランのクリエイティブディレクターを務めていたステファノ・ピラーティを迎え、そのソフトでルーズなルックは話題を呼びました。
そのルックが、日本でどのように展開されるのか、気になっていたため、東京での展示会で確認をしてきました。

東京での提案は、シュッとしたルックに変換されていました。





しかし、ショーで魅せたしなやかさはそのままで、春夏らしい開放的なムードをテーラリングに吹き込んでいます。

そして、ランウェイでは確認できなかったいろいろな仕掛けが、この袖は、ニットを袖裏から出してめくっています。

この手に持っているものは、大きな布で、インテリアやビーチでのラグジュアリーな敷物としても生きそうです。




このピラーティが手掛ける、クチュールラインは国内の限定店舗で発売されるそうです。どの様な方が買うのか、そこも興味がありますね。

富裕で時代の空気を嗅ぎ取り、そしてセンスのよい大人の男性なのでしょうね。

★ミラノメンズでのショーのレポートはこちら
http://www.apparel-web.com/collection/2014ss/milanomens/ermenegildo-zegna/
 2013/11/29 13:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Desigual (デシグアル) 世界に拡大中
バルセロナ発のDesigual。大胆なプリントとカラー、そしてPOPさが特徴のカジュアルブランドです。

2009年の夏、バルセロナに行った時に、良い立地を必ず押さえ、「人気のあるブランドだなぁ」と思ったのをよく覚えています。その後、シンガポール、パリ、NYでも好立地に店を構え、日本では、今から1年前に原宿に店を出し、12月にオープンするイオンモール幕張新都心で10店舗になるということ。

そして、9月にはNYでショーも行いましたね。



Photo by Ming Han Chung

バルセロナやシンガポールのような、日差しのまぶしい土地であれば、とても映えるのですが、日本ではどうなのだろうかと思っていました。


で、先週行われた東京展示会にお邪魔していました。プライベートランチ形式での発表だったのですが、ブランドらしいハッピーな演出が魅力的でした。





ショーのスタイリングは、在日のアメリカ人で人気ブロガーのミーシャ・ジャネットさん。なかなか、素晴らしいチョイスですよね。







日本人には大胆すぎるピースも、ストリートの空気を吹き込んでミックスすれば、いけるかもと思います。近々にはミーシャさんとのコラボも予定しているとか。

楽しみですね。
 2013/11/25 19:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

モンクレールW 2シーズン目もますます格好いい
2シーズン目となるモンクレールWの2014春夏コレクションが発表され、東京展示会にお邪魔しました。

今シーズンは、サファリに生息する植物や動物に注目したコレクションで、そのカラーづかいと、複雑な表情の素材づかいが特徴です。相澤さんらしいですね。そして、春夏ということもあり、インナーやソックス、そしてバックパックなど、アイテムをバリエーションアップしているのも特徴です。

そして、このプレゼンテーション。ミラノと同じ手法で行われていました。男臭くて、恰好よかったですよ。





★ルック画像はこちらから
 2013/11/20 10:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

グッチがチャリティの切手を発売
先週末、グッチのアーカイブ展「ICONS OF HERITAGE &#8211; 受け継がれるアイコン」のレセプションにお邪魔しました。





この展覧会は、グッチのこれまでのアイコン的ピースを展示しているもので、ビンテージ好きの方には、見応えのあるものになっています。


また、この展覧会では、グッチがチャリティとして切手を発売しています。グッチでは、東日本大震災により経済的な理由により、就学が困難となった子供たちへの支援活動をしており、2011年から毎年チャリティアイテムを発売しています。今年のそれが、切手なのです。

ラグジュアリーブランドが、アイコンを使って切手を発行するのは、日本初です。



このデザインどうですか?恰好いいですよね。子供のころ、切手を収集していただけあって(世代がわかりますね)、涎水ものです。


この展覧会は、11月24日(日)までやっています。場所は、切手だけに旧東京中央郵便局である商業施設“KITTE”。このあたりのコラボぐあいもいい感じですね。

宮田さんも記事をかかれているので、ぜひ。
 2013/11/18 14:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

VIA BUS STOP MUSEUM×DEVASTTE
昨晩は、代官山にあるVIA BUS STOPのフラッグシップショップVIA BUS STOP MUSEUMのイベントに行ってまいりました。

このイベントは、パリのカップルデザイナーDEVASTTE(デヴァステ)とのコラボレーションライン、DEVASTTE POUR MUSEUMのローンチを祝してのもの。



また、パリコレで発表された14SSコレクションのプレゼンテーションも行われました。

テーマはなんと青山墓地。フランスの田舎で育った彼は、小さいころから近くの墓地で遊び、お絵かきなどをしていたとのこと、その彼が青山墓地を見て、興味をもってコレクションを組み立てたそうです。ダークでキュートでファニーなコレクションでした。

動画で雰囲気を味わってください。最後に登場するTシャツにはなんと「I LOVE 青山墓地」のメッセージが。。。



 2013/11/16 10:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集