« 2013年04月 | Main | 2013年06月 »
60年前の今日、BALLYはエベレストに登った
今日、5月29日は、エベレスト人類初登頂の日だそうです。

1953年5月29日、ジェルパのテイジン・ノルゲイがエドモンド・ヒラリー卿に同行して世界最高峰の登頂に成功した際、彼はBALLYのレインディア・ヒマラヤブーツを履いていたとのこと。

そこで、BALLYは記念すべき出来事にインスパイアされたカプセルコレクションを発表します。

今年の1月にミラノの展示会に行ったときも、エベレストの氷をイメージした空間を創り上げていました。





中でも印象に残ったのが、このファーブーツ。当時のブーツを再現したそうです、迫力です。



洗練されたイメージのBALLYですが、その歴史の中には、人類の偉業もあったのですね。
 2013/05/29 08:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ベルンハルト ウィルヘルム氏はやっぱり個性的
ベルンハルトウィルヘム氏のインタビュー記事をアップしました。

http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/parismens/bernhard-willhelm/37.html

ルンハルト ウィルヘルムは、ドイツ出身のデザイナーで、毎回、奇想天外なショーを行います。

パリのシャンゼリゼでこんなショーをしたり、





凍った人間を表現したり、



<photo by Koji Hirano>

はちゃめちゃな演劇風のショーをしたり、


<photo by Yumi Yamanane>

ハチャメチャですよね?ただ、毎回、印象に残るショーなのです。
そして、ここ数シーズン、マキシマムなファッションが注目され始めています。
なので、どんな人物なのか、楽しみでした。

そして、インタビューをした後の感想は、思春期の少年のような感じ。いつも難しいことを考えている、夢想家というイメージです。

そんな人柄が出るインタビュー記事に仕上がっていると思います。ぜひご一読ください。
 2013/05/28 17:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ものづくりをコンセプトとした「モンクレールW」
モンクレールWは、ホワイトマウンテニアリングの相澤氏がデザインしたモンクレールの新しいラインです。


そのデビューコレクションを、24日の金曜日の夜、見てきました。デビューコレクションは、国立競技場のスタジアムの下に設けられた会場で、インスタレーション形式で発表。





時折、雪を降らすという演出も。



モンクレールは、アウトドアブランドから、ラグジュアリーブランドに成長し、事業拡大してきました。その過程で、トムブラウンの「ガムブルー」、ジャンバティスタ・ヴァリ、の「ガムルージュ」を発表し、コレクションブランドとしてのイメージも加わり、ダウンジャケット以外のアイテム開発も推進。

そして、サカイの阿部千登勢氏とのコラボ「モンクレールS」、VISVIMの中村ヒロキ氏との「モンクレールV」、クリストファー・レイバーンとの「モンクレールR」も発表してきました。

このコラボにより、モンクレールは客層を拡大してきました。

今回の、モンクレールWでは、ものづくりをコンセプトとしており、その素材ミックスの手法は、さすが、相澤氏のお仕事です。ディテールやつくりにこだわる客層を呼び寄せそうです。

8月上旬から、モンクレール直営店や有力セレクトショップで発売されるそうです。

関連記事:「モンクレールW」満を持してデビュー
 2013/05/26 10:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ゼニアが提案するシンプルでセンシャルなスーツスタイル
ゼニアといえば、素材の豊かさが強みですよね。その上質さ、バリエーションの多さを最大に活かしたのが、2013秋冬コレクションでした。

ということで、コレクションピースを手にとって確かめるため、エルメネジルド・ゼニアの展示会に行ってきました。

会場には、1月のランウェイショーをフラッシュバックさせるような陳列が。やっぱりいいですね。



ワントーンで重ねながら、素材の違いをバランスよく着合せています。






私が気に入ったのは、これらのルックです。



このカマー風のウェストマーク。恰好いいです。もっとお腹を引き締めなければ。

さて、来月のショーでは、いよいよステファノ・ピラーティを迎えます。この目でじっと見てきます。
 2013/05/22 08:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ステラ・マッカートニー 英国大使館でパーティー
ステラ・マッカートニーが来日し、英国大使館でパーティーを行いました。

あいにくの雨ですが、業界有名人、ファッションセレブリティ、報道関係者が多く、集まり、華やかな夜となりました。

門があくと、バグパイプの音色、キャンドル、Stella Nina McCartneyの文字が書かれた提灯がお出迎え。







館内は、メタリックピンクの風船と英国式にアレンジされた芍薬などの生花で可憐かつ華麗な雰囲気に。







ステラのバッグやアクセサリーの展示も。



モデルプレゼンテーションショーも行われました。









おもてなしは、洒落たカクテルとフィンガーフィードの他、アイスクリームも。




マニッシュとフェミニンの融合をテーマにしているステラ、メタリックと生花、英国式と日本流、可憐と華麗、相反するもの融合させたパーティーに仕上がっていました。




セレブ画像など、パーティーの画像をこちらで多くご覧いただけます。よろしければ、ぜひ。
http://www.apalog.com/report/archive/1779

 2013/05/21 11:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集