« 2012年10月 | Main | 2012年12月 »
アニエスベーの展示会は見応えがあった
昨日、アニエスベーの展示会に行ってまいりました。全ラインのコレクションを集めた上に、数々のプロモーションが見える展示会で、とても見応えがありました。

まずは、正面には、アニエスベー日本上陸30周年キャンペーン“ビーフォーエバー”のビジュアルが。


(※パネル前のマネキンは「b. FOREVER!」のアイテムとは別)


1983年に青学西門前に青山店にオープンして、2013年で30周年を迎えるそうです。実は、その頃は私が青学に通っていた頃でよく覚えています。学校の前にシンプルなジャージ素材のアイテム(当時はそんな言い回しを知りませんでした)を揃えた、有名人が通っている店があると話題になったものです。

アニエスは、「どの時代でも愛される“TIMELESS”なスタイルを提案してきた」と語っています。なので、80年代からの定番であるボーダーTシャツ、ジャージ、レザージャケット、カラーブロックなどのアイテムも違和感なく提案できるのでしょう。







アニエスベー オムでは、マルセイユをイメージしたマリンやシティルックと一緒に、ビジネスの提案も。ビジネススーツは、セルッティなどのイタリアの上質素材を使用し、日本の工場で縫製しているとのこと。シルエットや造作も日本男性の体型やライフスタイルにあわせて企画しています。







そして、日本企画であるトゥービー バイ アニエスべー。「25歳のリセエンヌ」をテーマに提案しているブランドです。

提案コーナーの入り口には、ギンガムチェックの写真に合わせて、ギンガムチェックのトレンチコートを展示。この写真は、数日前にアニエスがパリで撮り下ろしたそうです。



会場では、投入時期毎に提案され、ギンガムチェック、サマーツィードなどから始まり、マリン、花をテーマにした軽くふわったしたルックまで紹介されていました。





幅広いラインとリアルな商品提案の展示会でしたが、パリやフランスにまつわるMD、アニエス本人が撮ったグラフィックプリントなど、あらゆるところにアニエスのライフスタイルやこだわりが見えます。

来春の30周年キャンペーンには東京でショーも行うとのこと。楽しみですね。

関連記事:
アニエスベー 日本上陸30周年で記念ライン販売 
http://www.apalog.com/report/archive/1062
2013年春夏パリコレクション  ランウェイレポート
http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/paris/agnesb/
2013年春夏パリメンズ ランウェイレポート
http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/parismens/agnesb/
公式サイト:
アニエスベー:http://japan.agnesb.com/ja/
トゥービーバイ アニエスベー:http://tob-by-agnesb.com/
 2012/11/21 12:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

バルマン2013春夏コレクション
バルマン2013春夏コレクションの展示会に行ってまいりました。場所はバルマンを取り扱っているブルーベル社のショールーム。トロピカルフルーツを美しく盛った会場で、ブルマリンやブルーガール、ジュゼッペ・ザノッティなども一緒に紹介されていました。



早速、バルマンのコレクションをチェック。




クリストフ・ドゥカルナンが2006年にプレタポルテのデザイナーに就任して以来、再注目されたバルマン。2011秋冬からオリヴィエ ・ルステンにバトンタッチされた今も、人気を集めており、バイヤーから熱い視線を集めています。

バルマンの2013春夏のテーマは、「MIAMI DECO」。ナイトクラブやビーチ、ハバナへの郷愁に満ちたダウンタウンなど、ダイナミックなマイアミを表現したとのこと。

メタリック、ストライプ、パステル、花モチーフなど、ショーで披露したものを、展示会ではリアルなアイテムで提案。

日本発信のラグランスリーブのコートも紹介されていました。



そして、これまでなかったアイコンバッグも発表。こちらのバッグは、パリ本店、NYのバーニーズ、そして銀座店での3店のみでスタート。パリ本店ではすでに販売されていて、ケイトモスも早速使っているそうです。銀座店は12月からの展開とのことです。



公式サイト:http://balmain.co.jp/brand/
 2012/11/21 10:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アクネのショップが青山に
アクネが、トゥモローランドと提携し、南青山に路面店をオープンさせることが発表になりました。

「アクネって北欧のジーンズブランドでしょ?」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、今はラグジャリー戦略にシフト。ロンドン、パリメンズでも注目されているブランドとなりました。前回のパリメンズの時は、ショールームにもお邪魔しました。










また、Acneのショップはとっても恰好よく、世界のファッションキャピタルに次々にオープンさせています。

今年は、ロンドンやNYのショップを見てきました。

ロンドンのショップはギャラリー風で、広々とした空間にアーティスティックなオブジェを設置。



NY SOHOのショップは、パーテーションを多く使用した空間が特徴で、SOHOらしい先進的なイメージ。



Acneのショップは、街によって店のデザインや訴求する世界観が異なり、それぞれの店がまさに作品のよう。


南青山の店は、“house within the store” をコンセプトに、ブランドのルーツでもあるスウェーデンのストックホルムの家をモダンな演出とともに再現するとのこと。

12月14日のオープンが楽しみです。


<南青山のオープン予定地の様子>

関連記事
「アクネ」東京・青山に日本1号店ートゥモローランドと提携
http://www.apalog.com/report/archive/1050
2013春夏ロンドンコレクション
http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/london/acne/
2013春夏パリメンズコレクション
http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/parismens/acne/
 2012/11/19 11:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

H&M×マルジェラ
昨日、発売されたMaison Martin Margiela with H&Mを銀座店で見てきました。

ただ、行ったのは午後2:00なのでほとんど売れ切れていました。残念。。。

銀座店の3Fトップコーナーに展開されていましたが、メンズはラック1本程度しか残っておらず。

メンズで残ったのは、ビッグなシルエットなレザーや巻き毛ジャケットや、スチールの飾り襟がついたブラックジャケットのみで購入は断念。

朝一で行ってみようかと思ってもみましたが、前日深夜には100人ぐらいの方が並んでいるとのことでしたから、混乱を避けて遅れて行ったので、チャンスを逃がしてしまいました。

業界の皆様にとっては、価格が安いので、突っ込みどころは満載でしょうが、しっかりとマルジェラのDNAは表現できたと思いますし、ここまで盛り上がったのですから、評価したいですよね。


次はどことコラボするのだろうか。その時は、プレスビューに行こうっと。



関連記事:H&M×マルジェラ 徹底解剖 
http://www.apalog.com/report/archive/1037

 2012/11/16 13:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

騒動後の海外進出について
中国や韓国のあの騒動以来、初めてアジア戦略について書いてみました。
今回は、皆様から問い合わせの多いシンガポールについてです。

http://www.apalog.com/report/archive/1038

「中国、韓国はあんな状態だし、香港・台湾はもうすでにやり始めたし」という悩みを持たれるファッション企業経営者に向けたコラムです。

海外進出は、どこに行っても大変です。

香港はマーケットとしてはいいけどコストは高く、
台湾は参入してもマーケットに限りがあり、
中国はマーケティングやMD以外の問題が山積、
ASEANは暑いから商品を新たにつくらなければならない
欧米はコストも高く、競合もレベルも高い

そうなのです。完璧なマーケットはありません。日本視点で考えたら。。。

それぞれのマーケットの良いところ、悪いところを理解し、良いところに共感できるところを選び、力相応に、そして覚悟を決めて展開することが大事なのです。

「皆が行っているから」、「まずは」という考え方だけはやめましょう。
 2012/11/15 11:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集