« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
阪急MEN’S TOKYO
昨日は、東京タワーの横にある業界誌の会社さんで対談のお仕事をさせていただいた後に、




行きそびれていた阪急MEN'S TOKYOに行ってきました。




正直、あまり期待していませんでした。梅田阪急の阪急メンズが放ったティファニーやルイヴィトンの世界初のメンズストアや、トムブラウン上陸といったニュースがなかったこともその要因です。

で、行ってみて、、、。

個人的に好きか嫌いか、といえば「大好き」。

上手くいくかどうかというと「頑張ってほしい」とったのが感想です。

ブランド構成は、私がパリ・ミラノメンズで取材したブランドはぜんぶそろっていて、見応えがありました。希望を言えば、東京にあるのだから、もっと東京デザイナーを増やしてほしいと思いました。

一番、気に入ったのは1Fのバッグ売場。バッグ好きの心をそそぎます。

あと、地下の居心地の良さも好きです。

イトーヤ・ウィズ・ユナイテッドアローズもいいし、好きな雑誌モノクルをテーマにしたカフェでは、ちょっと一杯飲んでくつろぎました。



フロア構成も、梅田阪急の反省を生かしたようですね。

今後も頑張って欲しいなぁ。
 2011/10/26 09:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Versus Tokyo
週末に上海から戻り、どうにか東京コレクションの最終日に間に合いました。

最終日は「Versus Tokyo」と銘打ち、東京の新世代デザイナーシーンのメインプレイヤーのショーが行われました。プロデューサーはTHE CONTEMPORARY FIXの 吉井 雄一氏。

そのうち、私は4つのショーにお邪魔しました。

まず、最初は、FACETASM。



デザイナー落合 宏理氏が手掛けるブランドで、ランウェイショーはこれが初。凝ったテキスタイルでレイヤードスタイルを提案。


次がソーイ。
ミッドタウンの芝生の上で、レトロなベースボールスタイルを提案。



そして、フェノメノンは山下達郎(!!)の曲に乗せてマリンスタイルを紹介。






最後は、WHIZ LIMITED。



ミッドランドの広場で行われた会場は、一般客も含め、満杯。スカーフをモチーフにコレクションを紹介していました。


東京メンズの力強さと、消費者のファッションへの関心の高さを感じた一日でした。

写真がそろい次第、アパレルウェブのコレクションサイトで解説していきます。

もう少々、お待ちください。

http://www.apparel-web.com/collection/2012ss/tokyo/
 2011/10/25 14:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

インターテキスタイル上海
私は今、インターテキスタイル上海に来ています。

各国から一組ずつ集められるプレス団のメンバーとして、取材をさせていただいています。
みなさんヨーロッパ、アジアさまざまな国から集まってきており、本当に英語漬けの毎日です(もっと勉強せねば)。

展示会詳細は、アパレルウェブの特集ページでお伝えしますが、とにかく、すごい人、人、人です。



そして、とにかく大きくて、びっくりです。

一緒に回っている香港のベテラン女性記者さんの話では、今年で17年を迎える本展示会も、第一回はほんとうに小さく、ホームテキスタイルをいれて、100ほどの展示会だったとのこと。

本当に、大きく、そして立派になったものです。

継続は力なりですね。
 2011/10/19 17:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

シアタープロダクツ 海のバレエ
パリに続き、東京もファッションウィークが始まりましたね。

私は、今日、シアタープロダクツのショーに行ってまいりました。
場所は、横浜みなとみらいの日本丸で、「海のバレエ」と題したショーでした。

日本丸を、シアタープロダクツの工場に見立て、ショーが始まりました。

日本丸に乗船しようと待っていると「工場長」が、アナウンス。
この後、彼は海に飛び込んでいきました。




そして、乗船すると最初に案内されたのは、「製図室」。



少女バレリーナたちの踊りが始まると、黒いフレアドレスのモデルが、製図を書くパフォーマンスを。

次に案内された「縫製場」では、ミシンが並べられ、少女バレリーナとモデルの競演が見られました。



モデルがまとっていたのは、ベージュや黒のクラシカルなワンピースやテーラードジャケットのセットアップなど。



そしては、最後は甲板にある、「検品と出荷」場所。



少年バレリーナの手旗信号の後、バレリーナ、モデルが登場し、出庫のパフォーマンス。

紹介されアイテムはプリーツドレスや、ラップスカート、プリントワンピースなどクラシカルなものばかり。特に印象に残ったのが、横浜港のモチーフを配したプリントドレス。



最後は、レモンイエローとフラワープリントを纏ったバレリーナの踊りでフィニッシュ。



シアタープロダクツらしいロマンティックでレトロなレディススタイルで魅了したショーでした。


 2011/10/16 20:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アバクロ@シンガポール
無事、シンガポールに着き、ばたばたしているうちに2日間が経ってしまいました。

やっと、店をチェックする時間ができたので、オーチャードロードに行ってきました。オーチャードロードはますますパワーアップしています。

そして、オープンしているはずのアバクロに行ったのですが、、、、。




まだオープンしていません。原因はこの広告写真。

現地のメジャー新聞紙で取り上げられ、不謹慎だと物議を醸しだし、開店を延期したそうです。


日本だと「なんで?」なんて、感じですが、同様の問題は、本国米国でも、かつて起きています。

しかし、アバクロさん、現地のメジャー新聞紙で大きく取り上げられるなんて、無料ですごい認知度アップになりましたね。
 2011/10/06 08:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集