« 2011年04月 | Main | 2011年06月 »
プチチャレンジ
昨日は、原宿のショップを見て回りました。
ついでに、来月からのコレクション取材旅行に備え、買い物の下見も。

いろいろな都市に行くと、その都市なりのトレンドがあります。
大人のメンズは極端に違わないように見えますが、やはり空気感がちがいます。

例えば、NYは、レザーでも、ベルトと靴の色をあえて違えるのがトレンドです。
黒のオールデンに、茶の靴など。地元のショップスタッフによる色を揃えるのは「だっさい」そうです。

また、この間のパリコレ会場ではMADMAN風スーツやテーラードコートがほとんどで、非ウールのアウターを着てる人は少なかったです。去年の夏は、ショートパンツ&ジャケットのセットアップが大流行でした。

自分はその都市に行く度に、自分のファッションが許せなくなり、ちょっとだけその都市にあわせて買い足したりします。ほんのちょっとだけの、プチチャレンジです。

そして、昨日はリゾーティーなワイドパンツを購入してプチチャレンジしてみました。昔、NYで発刊されたメンズファッションの本を読んだ時に書いてあった「常に2割は革新」を思い出して。



 2011/05/27 16:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

シンガポールに行ってました
更新が滞りました。すみません。

中国出張の後、すぐにシンガポールに行き、その間の日本は、バタバタしてしまい、あっという間に時間が経ってしまいました。

シンガポールでは、昼は、新しいPJのキックオフとして打ち合わせと事前調査、夜は内部打ち合わせで、PCを開く時間もほとんどありませんでした。

夜の内部打ち合わせでは、熱くなって(悪くいえばムキになる)しまい、紛糾してしまいました。

シンガポールでは、展示会にもいってきたので、そちらは後ほど報告しますね。

あと、アジアの情報サイトも立ち上げますし、6月には、ピッティ、ミラノメンズ、パリメンズの取材もしてきます。インプットに対してアウトプットが不足気味ですが、今後も、自分に甘えず、情報提供に努めます。

まとまらない文章で申し訳ありません。取り急ぎ、近況報告でした。



※シンガポールのオーチャードの一等地にある百貨店タングスの4Fのカフェから見たオーチャードの並木
 2011/05/25 11:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Shang-Xia(シャンシャ)で
4月のブログでお伝えしたエルメスが手がける中国発ブランド「上下:Shang-Xia」に今回も行ってみました。

せっかくだから何か買おうと、探してみるとカードケースを発見。



中国の伝統工芸を生かした木のカードケースで、1800元(約22,000円)で、日本人の男性スタッフからいろいろと説明を聞き、購入しました。彼いわく、「日本の方はあまりご存じなくて・・・」とのことでした。

そして、ラッピングは以下のような感じです。




(ちなみに上にあるパンダは、ホテルのノベルティです。偶然映ってしまいました。)





で、商品はこちらです。






ブランド名の上下をロゴとしてデザインし、そして中国のアイデンティティを上手く表現しています。ラグジュアリー感がでていますよね。

欧米ブランドから学ぶべき点は、まだまだ多いですね。。。
 2011/05/13 15:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

TGC IN 北京
本日、TGC IN 北京に行ってまいりました。



囲み取材にも参加し、香里奈さん、山田優さん、長谷川潤さんのお話もうかがいました。







皆さん、日本ファッションのアジアへの伝播役について、やりがいを語ってくれました。

参加ブランドは、ローズブリット、ココディール、ハニーズクローゼット、22オクトーブル、セシルマクビー、ジョイアス、リズリサ、ラブドゥローズ(東京スタイルの中国専用ブランド)、ラヴィジュール、ドレスキャンプです。

詳しくは、また改めて報告しますが、日本で有名なモデルさんは、会場を沸かせてました。あと、最後に歌った倉木麻衣さんは、大変な人気で、会場の2割ぐらいが彼女のファンでした。

個人的にびっくりしたのは、鳩山由紀夫氏の登場と、韓流スター&モデル人気ですね。

いずれにしても、日本ブランドがどのように伝播していくか、見守っていきましょう。
 2011/05/07 23:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

北京にて
昨日、新宿と、茅場町で会議に出席し、夜の便で北京に着きました。

北京でいつも、いやな思いをするのがタクシー。
客引き、乗車拒否などが、ほんとに多く、渋滞もものすごいです。

しかし、昨日、空港から乗ったタクシーは、結構強烈でした。

ドライバーに、ホテルの地図を見せると、怒りだし、ボンネットなどを殴り、怒鳴りはじめました。

空港から近いからなのでしょう(羽田と品川ぐらいの距離感でしょうか)。

車内でも「ノーメーター」(片言英語)などと言い出したので、「ちゃんとメーターを押せ」(英語)とこちらも強い口調でいい、ホテルに着いても、レシートも釣りも渡そうとしないので、出した札を引っ込め、ホテルのドアマンに言ってもらいました。

一応、アイフォンの地図で、道を遠回りしていないかをチェックしたのですが、ちゃんとした道でしたし、釣銭も間違ってませんでした。乗車拒否をしないだけ、よかったのかもしれませんね。

うーーん。ますます北京が苦手になりそう。

同じ中国でも、上海はもちろん、広州でもこんな目に会ってないのですが、なぜ、北京はこんなにタクシーの運転手の態度が悪いのでしょうか。観光客が多いからでしょうか。

さて、今日も、タクシードライバーと対峙しなければ、それとも地下鉄にしようかな。。
 2011/05/07 10:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集