« 2011年03月 | Main | 2011年05月 »
CHIC会場から「利郎」
今回のワールドレポートは、3月末に行った、CHIC(中国国際服飾博覧会)について書いています。

ブティック型展示会が主流になりつつある欧米に対し、中国の超大型展示会にどんな意味があるのかを書いています。

ご一読ください。

写真を一杯撮ったのですが、ワールドレポートに載せきれませんでした。

なので、このブログでも紹介しますね。

今回は、中国のローカルブランド利郎(liranz)です。

欧州や東京のコレクションにも出て、一部で話題になりました。
日本人の観光客や、日本ブランドが出店する施設では、あまり見られませんが、中国ではブランド10強などに上げられるほど、メジャーです。








ヤングブランドL2も展開しています。

中国メジャーは意外と、上海では存在感がない場合が多いですね。

利郎 WEBサイト
http://www.lilanz.com/
 2011/04/27 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

RoomsLINKで
昨日は、ショーの後に、RoomsLINKを覗いてみました。



時間がないので、さっと見て歩くでしたが、魅力的なブランドがたくさんありました。

途中、アパレルウェブのMINAさんや、REIちゃんとばったり会い、アパログ仲間の志賀さんのブースにもお邪魔して、いろいろとお話をうかがいましt。

志賀さんは、シンガポールなどの海外のコンクールで数々の賞を受賞された若き実力派デザイナーで、JFWでショーも行う予定でした。

私もうかがう予定でしたが、震災の影響で中止となっていまい残念でした。
次回に期待したいですね。

志賀さんのサイトはこちらです。ご興味のある方は是非!!
 2011/04/23 13:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

HEADL_INER 11AWコレクション
本日、ルームスリンクで行われた「HEADL_INER」のショーに行って参りました。

「HEADL_INER」は、ROENの立ち上げメンバーだった吉田狼鐘音氏が、ヴァンキッシュなどを展開する「株式会社せーの」のクリエイティブディレクターとして発表したメンズブランドです。

ショーは、六本木ヒルズの49階にある六本木アカデミーヒルズのホールで行われました。

吉田氏の故郷である沖縄の唄が流れ始め、ショーがスタート。黒い絆創膏を貼った、リーゼントスタイルのモデルが次々と登場しました。

前半は、ブルゾン、後半はピーコートを、細身パンツとともにスタイリングで展開していました。
全体的には、黒を中心としたリアルなバッドボーイスタイルスタイルですが、パッチドや、スタッズ、光沢石、ジップづかい、などの仕様を、あくまでさりげなく付加。



カラー、くすんだサーモンピンク、柄はチェックが彩りを与えていました。






最後には、沖縄のヒーロー「琉神マブヤー」のプチアクションショーを展開し、ショーを締めくくりました。



※写真をもっとご覧になりたい方はこちら
 2011/04/22 17:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

araisara2011AWショー@湯島聖堂
昨日は、湯島聖堂で行われたaraisaraのショーに行ってまいりました。




テーマは「勇将の美」。




弦楽四重奏のバックグランドに、大成殿の回廊を歩くモデルたちが纏っているアイテムはどれも、流れるような美しいシルエット。色は、黒を中心に、茶、深緑、そして白など、江戸の流行色のような、あいまいなトーンを多用し、光沢加工、ハリ感、透けた素材などと相まって静けさと力強さを感じさせます。また、市松模様、草花や鳥の羽根など、日本らしモチーフや装飾が目をひきました。




江戸幕府5代目将軍 徳川綱吉によって創建された孔子廟であり、日本教育発祥の地で行われたショーは、日本の雅と力強さ、そして凛としたたたずまいを感じさせるものでした。
 2011/04/20 10:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

NOZOMI ISHIGURO&IN-PROCESS BY HALL OHALA
週末には、ファッションショーがいくつか開催されており、ミニ東京コレクションウィークといった感じでしたね。私も、金曜日の夜に、2つのファッションショーに行ってまいりました。

ラフォーレ原宿で行われたNOZOMI ISHIGUROと、ラフォーレ六本木で行われたIN-PROCESS BY HALL OHALAです。



NOZOMI ISHIGUROは、暗闇に赤いランプを照らした会場で、ノスタルジックなコレクションを発表しました。



アンティーク調のプリント、ファーづかい、ぬいぐるみのような素材づかい、素材ミックスなど、どのルックも、手作り感の漂うアイテムが目立ちました。メンズ、森の狩人のようなスタイリングが目立ちました。


IN-PROCESS BY HALL OHALAは、アールデコをテーマとしてコレクションを紹介。アールデコ調のプリントがふんだんに使用されていました。シルエット、ミニ丈のビッグシルエットが中心で、モード感とかわいらしさをバランスよく提案したショーでした。



両会場では、多くの方と久々にお会いすることができました。パリでいつもお会いしている方、シンガポールで一緒に仕事した方とも、会場で再会できました。やはり、ショーが行えることは、平和と安全があればこそですね。

 2011/04/18 11:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集