« 2008年02月 | Main | 2008年04月 »
NYC8 ハウスオブフープス
米の靴チェーンストア、フットロッカーとナイキのコラボ業態「ハウスオブフープス」に行ってきました。バスケットボールというカテゴリーに絞ったフットウェアとアパレルの専門店でハーレムにあります。近年、開発がすすみ、安全になった目抜き通りにあり、有名な「アポロシアター」の近くにあります。当然、通行客の99%はアフリカ系アメリカ人で占めており、NYCの他のストリートとは異なる雰囲気があります。

店舗は、ナイキだけでなく、コンバース(これもナイキが親会社になりましたが)のフットウェアとアパレルで、シーズン、Doing、Casualなどのシーン別カテゴリーに分類され、キッズも扱っています。HIPHOPが大音量で流れ、ハーレムの雰囲気と合致し、独特の雰囲気が演出されています。

業態をブランディングする際、立地イメージを上手く使う手法があります。今回の場合も、バスケットボールというカテゴリーに特化した業態を、ハーレムに構えるということで、前衛的なイメージを与えることができている事例といえそうです。






 2008/03/31 15:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

NYC7 ウォールペイント広告
NYCをあるいているとウォールペイント広告を見かけます。
日本でもも看板広告はよく見ますが、建物の壁にペイントしているものは少ないですよね。



最近、このウォールペイント広告が再び注目されているそうです。
センサーをつけて声がでるようにしたり、段階的に仕上げたり、凝ったものが生まれています。


今回私が行ったときに目だっていたのは、PSの広告です。これはいかにも日本的ですよね。
 2008/03/28 23:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2008NYC6 F.S.C
ロウワーイーストとSOHOの南方の間ぐらいの場所、リヴィングストンストリートにあるフリーマンズスポーティングクラブは、1920年代を思わせるサロン風の店舗です。インテリアも商品もオールドアメリカそのものです。

店の入口半分は、クラッシッククロージングを中心とし、ジーンズや小物などを展開するショップです。カスタムメードも行っています。店の奥半分は、バーバーになっています。このバーバーですが、よくあるようなイメージ訴求のものではなく、待っているお客様もいるほどの繁盛ぶりでした。

近年、メンズマーケットでは、特定客層にあわせて商品やサービスを付加したメンズのサロンのような小型店舗がトレンドとなっています。日本でもこのような業態が見られる日が来るのでしょうか?

 2008/03/27 06:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2008NYC5 「MADAME KILLER」から学ぶ
今、最も面白いと言われているロウアーイースト。ストリートカジュアル、ヴィンテージのショップなどが集積していて、日本の裏原宿のようなエリアです。



特にオーチャードストリートには、デザイナーズとストリートが融合したようなメンズのセレクトがポツポツとできています。



そして、CLINTONストリートには、日本人オーナーが経営するセレクトショップがあります。名前は「MADAME KILLER」です。すべて日本のブランドで、日本の持つPOPなテイストを取り入れたカジュアルなスタイリングで売場を編集しています。




ショップでオーナーのNICHIさんに話をうかがいました。NICHIさんは元大手百貨店のバイヤーで、NYCにはよく仕入れに来られていたそうです。その後、百貨店を退職され、FITに留学して、今から5年前に「日本のファッションを世界に紹介したい」という思いで店を開いたそうです。

NICHIさんのお話によれば、日本の持つテイストは、現地の方から注目されており、特にコーディネートが簡単なワンピースはとても人気のようです。

ただ、「日本の服=小さい」という先入観は、アメリカの方も持たれているようです。しかし、多様な人種がいるNYCですから、小さい服を探している方も多く、十分にマーケットあるとのことでした。

NICHIさんの熱い思いをうかがううちに、日本のファッション業界に不足していること、そして成長の鍵となることなどを考えさせられました。
 2008/03/26 09:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2008BOSTON4 RUGBYの早業
ニューベリーストリートにあるラグビーで買物をしました。

ラグビーは、昨年7月のNYCのユニバシティーストリートでお伝えした通り、ラルフローレンが手がけるラグビーシャツをアイコンとしたキャンパスファッションのブランドです。

前回、買物した時と同様にメール会員のおすすめがありました。今回、ちょっとびっくりしたのは、私にメールアドレスを聞き取り、その場で、スタッフがパソコンに入力していた点です。お客様は購買した時点がもっとも、そのブランドに親近感を抱いています。その際にさりげなく聞き取り、瞬時に登録を終了してしまうという早業は、すばらしいと思いました。

どんなメールが届くか楽しみです。

 2008/03/25 12:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集