« 2007年10月 | Main | 2007年12月 »
いよいよ師走ですね
明日から師走ですね。

急に冷え込み、ダウンを始めとするアウターも動いているようですね。

寒さといえば、先週、行った中国東北部のマイナス20度を経験しました。街中が凍てついていました。ただ、街中の道路にはや幹線道路には雪や氷が見られず「不思議だな〜」と思っていると、地方からの出稼ぎ労働者が雪かきや氷かきをしている風景を見ました。高速道路のようなところでも、人々が道路の中で一生懸命、作業をやっています。その風景は、21世紀とは思えない風景です。
そして、暖房の効いた車の中やホテルにいる私としては複雑な気持ちになったのを覚えています。


それと比べると東京は温暖な気候であり、生活水準も高く、恵まれていますが、やっぱり寒さは体力を奪います。
お互い体に気をつけ、よい年末を迎えましょう!

 2007/11/30 18:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

北京チェック
今、私は北京にいます。

実は北京は初めてなのですが、その大きさ、広さにびっくりです。中国の方は、大きいもの、広いものを自慢しますが、その気持ちがすべてこの首都に現れています。なので、商業施設をまわるのに結構苦労しています。

まずは、北京の銀座と言われる王府井をチェック。



高級ブランドや人気ショップが集合している東方広場は確かにそれなりの見応えでしたが、やはり上海と比べると面白みには欠けます。

ただ、王府井のナイキ北京は、面白いですよ。ナイキはパリ、大阪と、新たなパッケージの店舗を見かけることが多いですが、このナイキ北京もこれらと同様にテーマ性とファッション性を感じさせる店でした。

そして、次は、建国門路へ移動。三越がてがける新光天地をチェック。



ここはまさしく日本流の百貨店+ラグジュアリーモールです。名古屋のミッドランドスクエアに、百貨店がついたような感じです。ラグジュアリーブランドでは、お約束のグッチ、プラダに加え、ジューシークチュール、ジルサンダーなんかも加わっています。そして紅茶で有名なフォションもあり、以前の伝統的な店構えでなく、ラグジュアリーなカフェ(ほとんどレストラン)併設のショップです。ただし、私がお茶をした時は3組しかおらず、日本人2組とフランス人1組だけだったのが気になりました。

今回は駆け足だったので、今度ゆっくりと来ようと思います。
 2007/11/20 21:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

日本の旅5 札幌ウォーキング
札幌は三年ぶりです。


落ち葉が舞い散り、結構ロマンチックです。


早速、丸井今井へ。福岡の岩田屋のように伊勢丹化しているのかと思いきや、そうでもありませんでした。ただクリスマスの広告写真は伊勢丹スタンダードですね。この写真は長く使われてます。



そして、新しくなった地元のファッションビルをチェック。ここのハンジローは面白い。ヨーロッパの田舎道を彷彿させる内装です。鳥やリスがカゴにかわれたり、IPの中にトルソーがあったり、楽しい演出でいっばいです。ハンジローの新店は、どんどんエンターテイメント性が高くなってきていますね。



その後、狸小路を南に一本下がった路地を入ったところにある話題のスープカレー「イエロー」でランチ。この店は前職の同僚で、飲食店コンサルタントの推薦で、クラブのようなお洒落な内装の中で、スープカレーがいただけます。

その後、あたりを散策すると、ヤングメンズのセレクトショップが点在していることに気づき、いくつかのショップに顔を出していました。



ナンバーナインなどを扱うデザイナー系セレクト、フランクリンマーシャルなどを扱うカジュアル系セレクトなどそれぞれのファッショングループ別にショップが点在しており、よい感じです。

どのショップも、セレクトショップっぽいフル接客で、東京都心のショップなどに参考にして欲しいことが満載です。

あと、気づいたのが、どのショップもPCなどを接客に上手く使っています。取り寄せや次回入荷案内、カスタマイズのときなどにPCのモニターをお客様と見ながら、楽しそうにすすめています。私がいつも申し上げている「リアルとWEBの連動」はこのような街のセレクトショップから萌芽していくのかもしれません。

古い洋館や街路樹が美しく、会話を楽しみながら買物ができる札幌はやっぱりヨーロッパの都市みたいですね。
 2007/11/17 21:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

日本の旅4 拡大する長島ジャズドリーム
先日、名古屋出張があり、足を伸ばして、長島ジャズドリームに行きました。
プレミアムアウトレット神戸三田に負けず劣らず、ブランドが大集結です。

ボッテガヴェネタ、サンローラン、Dスクエアドなどのインポート人気ブランドから、国内新興ブランドまで、グレードの幅、パワーブランドの集結ぶりは見応えがあります。

また、買物に興味にない同伴者への配慮として、レストスペースも充実し、畳スペース、マッサージチェアなんかもありました。


同地区のプレミアムアウトレット土岐に三井不動産の長島ジャズドリームが差をつけている感じです。そういえば、仙台でもプレミアムアウトレットと三井不動産のアウトレットが競合しますよね。どうなるんでしょうか。
 2007/11/14 22:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

接客スタイルについて考える
先月から接客サービスについてのお仕事が多く、接客についてじくりと考えてみました。ちょっと長いですが、興味のある方は是非一緒に考えてみてください。

アメリカのチェーンストア経営に詳しい著名な先生は次のようなことを仰っていました。「セルフこそ最高のサービス」である。その一方、日本は「押し売り」が基本であると。皆さんはいかがお考えですか?確かに早すぎるアプローチ、威圧的なアプローチは嫌ですよね。中国の百貨店などは、アプローチがとても早いです。店に入ったら、必ず声をかけ、こちらが外国人とわかっても、どんどん話してきます。いわゆる「追っかけ販売」です。昔の日本もこのような感じですね。このような販売スタイルは私も嫌いですし、今の日本の消費者も望んでいないと思います。

それでは、アメリカのSPAなどで行われているセルフ販売はどうでしょうか?まず、とてもフレンドリーに挨拶をします。そしてスピーディーに「何か困っていることはないですか?」などの声はかけてきます。「大丈夫です、もう少し見ていっていいですか?」というと、「勿論、是非見ていって」といいながらスタッフは離れていきます。そこで、気持ちが固まったお客様は声をかけ、試着をセルフで行い、気に入れば買うし、気に入らなかったらスタッフに商品をかえします。とても合理的な接客スタイルですよね?でも、日本人はここまではっきりと物を言うのはためらいますし、日本で声をかけてくるスタッフにこのようにハッキリ言えません。同じ人物でも、アメリカでは堂々とそのように言えるのに、日本ではなぜ、遠慮するのでしょうか?

「販売スタッフ=売りつける人」というイメージはまだまだ拭い去れていません。なので、こちらがまだ興味の対象が定まっていないのに、「何かお探しですか」「よろしければ広げて見てください」などの具体的な声をかけられるのは嫌なのです。しかし、「とりあえず、見ているだけです」なんて言ったら、お店のスタッフに悪いと思い遠慮して言えないため、店を出るしかないのです。

その一方、本当に欲しい商品があるのだけど、どこか悩みがある状態の時に、放置されるのも嫌なものです。しかも、スタッフがおしゃべりしていたり、作業に夢中になっていたりしたら、なおさら嫌です。「無視されている」と思うのです。

なので、私はこう思います。「お客様をさりげなくウォッチングをして、ヘルプを必要としているお客様の気持ちを読み取って声をかけることが必要である」と。そして、それはとても高度なことであるけれども、接客の始点として最も大事なことであると。そして、これはセルフを基本としている業態でもできることであると。このことができれば、お客様のニーズを汲み取り、悩みが解決できるようになると思います。
 2007/11/09 10:13  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)

山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集