« EU | Main | お知らせ »
有力デザイナーとトウキョウベース
メゾンミハラヤスヒロの会社であるソスウがトウキョウベースと資本業務提携されることが発表されました。トウキョウベースは、ファクトタムも傘下にしています。

今年は、他にもファセッタズムが人材派遣・コンサルティングサービスのバーサスタイルの傘下に入るなど、有力日本人デザイナーが代表を務める会社の経営変化が目立っています。

このような会社が、他の会社の傘下に入ると、ネガティブな声が聞かれることがありますが、私はデザイナーにとっては悪いことではないと思います。デザイナービジネスは業界内評価と売上にギャップもあり、資金や経営ノウハウがやりたいことに追いついていないものです。特に、海外に打って出るならなおさらです。海外でショーを行うことはもちろん、展示会をやるだけで大変なリスクです。そして、3年は続けないと成果は出ません。それらを、志を同じくするパートナーと組むことでクリアにできる可能性があるかと思います。

しかし、これまで失敗例がなかったわけではありません。どちらかというと失敗した例が多かったのではないでしょうか。創業デザイナーの思いとビジネスパートナーの狙いが一致しないことも多いようです。

ただ、今回のトウキョウベースの例はこれまでと違うようにも思うのです。同社は日本ブランドを海外へ進出するということをスローガンとしてきました。すでにヨーロッパでコレクションを行うソスウや展示会出展を始めているファクトタムと志も同じですし、取引関係にありますので、良い関係なのかもしれません。

デザイナーたちよりトウキョウベース側の方が、多くの苦しい局面を迎えるかもしれませんが、初志貫徹で、これまでと違うハッピーエンドになることを願いたいと思います。



(写真 18年春夏ロンドンメンズでのメゾンミハラヤスヒロのショー)

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/08/30 15:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

行く店・来る店・さばく店
AI接客、パーソナルショッピング、声がけ不要バッグ・・・と、接客について色々な取り組みが生まれています。今日は久しぶりに、店づくり、接客について考えてみたいと思います。

自分専門家の時代、「アプローチされなくても買い物できる」と思っている消費者も多い一方、売上を上げなければならない企業とのせめぎ合いから色々と取り組みなされいるのだと思うのです。

コンサルティングでお邪魔している企業の皆様も、大変悩んでいます。

その時に、思い浮かぶのが「行く店・来る店・さばく店」という言葉。これは前職で教えてもらったもの。客数と接客スタイルの関連性を言い表した言葉です。

「行く店」というのは、「店から行かなければならない」という意味で、客数がとても少ない店のあり方を表しています。イメージとしては、買い上げ率25%以上の店でしょうか。代表的なのは、地方の専門店でしょう。このような店は、完全顧客対応が必要です。顧客の顔を思い浮かべて仕入れをしたり、顧客向けイベントを行って価値観共有をしたりして、顧客と共に生きて行く店です。だいたい気持ちの良いお声がけができ、そして会話も弾んで、良い買い物ができます。

今は、このような店はだいぶ少なくなってきました。このような店が生き残るのが難しい世の中になったのでしょう。しかし、今、地方では、厳しい環境に生き残ったため、素晴らしい対応をする店と出会えます。私が地方に行く楽しみの一つです。また、このような地方の専門店だけでなく、ブームに乗っていないラグジュアリーブランドの路面店、百貨店の大人対象店なども、今やこのタイプになると思います。このタイプが陥りやすいのが、顧客偏重の対応です。顧客はどんどん卒業していきますので、新規客を魅了するための取り組みが必要です。そのためには、ブログやSNSで自店のポリシーと発信し、来店前の期待と来店後の満足を高めること、あと新規客の視点での店づくりをしていくことでしょう。

「来る店」というのが、SCやファッションビルにあるお店などです。イメージとしては買い上げ率10%から25%未満でしょうか。これらの店は、お声がけモレが起きやすい店ですので、アプローチ強化という命題が掲げられることも多いでしょう。しかし、悩みが多いのもこのタイプ。「さばく店」ほど来店客数が多くなく、「行く店」ほど店頭対応力がない。そのような場合は、自店の客数が減少傾向にあるのか増加傾向にあるのかということを見極め、「行く店」「さばく店」の対応手法で導入できる部分を入れると良いのではないかと思います。

「さばく店」というのは、入店客数の大変多い店で、買い上げ率10%未満、多くは5%前後ぐらいではないでしょうか。人気のグローバルSPA、集客力のある百貨店の一等地ショップなどがまさにそうでしょう。この「さばく店」は、人的対応に頼らない店づくりを行うことが多いようです。海外の低価格店舗などはこれに徹しています。例えば、ユニクロはアプローチなどをすることはないですが、笑顔や基本動作、レジ対応などで感じの良さを伝達して、同じタイプの中で差異性を発揮しています。また、海外では、パーソナルショッピングなど「行く店」の手法を取り入れいているSPA店舗もあったりします。これまでの「さばく」だけでなく、「行く店」の良いところをデジタルの力で導入するようになって行くのでしょう。

実は今は「行く店」の良いところをどのようにできるかを考えている企業が多いのです。単純作業は、仕組みで解決し、店の本来価値であるサービスを人の力で対応しようとしているのです。

消費者や販売スタッフの意識の変化、店内業務の改善、人手不足など様々な課題はありますが、「人的サービス不要」みたいな論調で、いろいろ言われるのはやはり違和感を覚える次第です。



★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/08/29 15:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コレット閉店ニュースに思うこと
昨晩、欧米のファッションオンラインニュースが取り上げたパリのセレクトショップ「コレット閉店」のニュース。今年の12月20日で、20年の歴史に幕を閉じるそうです。

とても寂しいですね。パリのファッションリテールのあり方を変えた同店。それまでは、閉鎖的だったブティックが中心だったパリ。誰でも気楽に見られる販売形態、ファッション、アート、ライフスタイル関連品をミックスした商品構成、ハイブランドでも躊躇しない独自編集、セレクトショップだけにとどまらずショールーム的に機能も備えたビジネスモデル。いつも勉強になる店でした。

先月は、バレンシアガが2F全体を使って期間限定店を開き、そのあとはサカイも続き、ショーケースとして変換していくのかと思った矢先だったのでショックでした。

このようなショックとともに、やはり時代の変化を感じます。ヨーロッパの有名セレクトショップの多くは、ECを強化。ECが、3分の2の売上を占める店も珍しくありません。歴史あるマッチーズもルイザ・ヴィア・ローマは、店名の最後に“.com”とつけるほどで、セレクトショップがECサイトをやっているというよりも、ECサイトがリアルショップをやっているかのようなです。NYでは、リアルショップを閉じて、EC専業となる例も。粗利の低い”純然たるセレクトショップ“が、家賃の高い世界の一等地で店を構えることの厳しさも感じます。

コレットは、H&Mとのコラボレーションを発表。もしかしたら、その先に、コレットをブランドとして展開したりするのかもしれせんね。期待を込めて。。。。



写真は、先月行ったコレット。バレンシアガがテイクオーバーした斬新な空間が印象的でした。

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/07/13 07:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2016年「MD WATCHING」記事ベスト10
2016年も、もう少しで終わりですね。そこで、今年、こちらのブログで多くの方に読んでいただいた記事を元に今年を振り返りたいと思います。

1.アパレルも”サードプレイス的発想”の時代
来店客数ダウンが続くアパレルショップ。海外などではサードプレイス的な発想の店が見られることをお伝えした記事が、もっとも多くの方に読んでいただきました。世界有数の高スペース効率を誇る東京なので、なかなか取り組みづらいテーマですが、地方店などでは有効かと思います。また、都心でもテクノロジーやオムニチャネルを組み合わせれば可能かと思います。

2.セレクトショップの雄が放つ2大コンセプトストア
ユナイテッドアローズとビームスが開いた新店のレポートです。この2店もサードプレイス的発想の店舗だと思います。ユナイテッドアローズは、秋に服のミュージアム的店舗を六本木ヒルズに開きましたね。

3.17SSメンズコレ ランウェイではタックパンツはもはや基本
数シーズン前から、「どうなんだろう」という感じで、ルーズパンツやタックパンツについて書いています。すでにセレクトショップチェーンや大人マーケットでも見かけるタックパンツ。ファッションコンシャス層と年配無頓着の間にある、ニューノーマル層にどれだけ広がるか気になるところです。

4.ザ・パーキング/業態として注目すべき3つのポイント
2017年春に建て替えのために、取り壊されるソニービル。その地下にある、ジュングループの大型セレクトショップに関する記事です。その後もプレビューパーティーを開いたり、ミッドナイトマーケットを開いたり、新たな取り組みが刺激なる店舗です。

5.日本版ライフスタイルセンター「枚方T-SITE」
CCCが創業の地に開いた、CCC流百貨店。まさしくサードプレイス的発想の店舗です。枚方のあの地にあのような店が出来て、ビックリしたのを良く覚えています。今の日本で、マストチェック筆頭店舗と言えるかもしれません。

6.マリン&ウォークが旬な理由
爆買いの余韻が残る頃のオープン。国内外の観光客を魅了できるSCとして取り上げました。日本における高度化した観光商業施設として、今後の施設に影響を与える施設と言えます。

7.2016年NYレポート2 ヘルシー&スロー
現在のライフスタイルのキーワードでもっともパワフルなものでしょう。「ヘルシー&コンビニエンス」が日本の主流ですが、スローで不便だけど幸せを感じるような業態が、食以外にも広がっていてくでしょう。

8.2016秋冬 東京ファッション・ウィーク 私的ベスト5
今年の3月のファッション・ウィークまとめ記事です。また、このシーズンは、メルセデスベンツが冠スポンサーとして行った最後のファッション・ウィークとなりましたね。

9. イセタン ザ ジャパンストア
今月のレポートです。ミッションとリアル、コンセプトと商売、プロダクトアウトとマーケットイン、相反する課題に悩んでいる様子を書かせていただきました。しかし、日本のファッション&コンテンツのために、リスクを背負って取り組む伊勢丹は本当に立派だと思います。

10. 2016年NYレポート1 観光商業の上質化
今年のNYレポートの第一弾となるレポートです。あからさまなインバウンド対応でなく、国内外の観光客を魅了する取り組みを紹介させていただきました。

月に4本ペースでの投稿ですので、母数が少ないですが、「トレンド、新業態」が共通項でしょうか。来年も、皆さまに読んでいただけるよう精進してまいります。お付き合いのほどお願いいたします。

皆さま、どうぞ良い年末年始をお迎えください。

★年末年始もSNSでも情報を発信!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2016/12/30 13:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

小売業が海外進出するということ
欧米やアジアで、日本の小売業の進出を見るにつけ、非常に難易度の高い挑戦だということを実感します。

そもそも、小売業というのはローカルに向く業種。商圏内顧客のニーズにあわせて商品を仕入れるのですから、仕入れる商品の多くはローカル商材となります。そのため、海外企業というアイデンティティを貫くのは、難しくなります。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットのように最寄性の高い業態は、ローカル生業店を保護する法律を施行している国も多いです。そういう国の店は、保護の下、安穏としている場合が多く、品揃えが悪いので、規制緩和されると一気に外資が進出していきます。先日、行ったマレーシアもそうです。コンビニに外資進出するのが規制されていますが、今後緩和されるため、外資が地元資本と組んで進出しています。ちょうど私が行った時に、ファミリーマートがオープン。行列ができるほどの賑わいです。このように、マーケットサイズの大きく、高度化が進んでいない市場に進出するのであれば、外資の小売業は優位性があるでしょう。

また、小売業であればローカライズがどこまでできるかが、重要になります。イオンなどはまさしく、ローカライズで売上を伸ばしてきた代表です。多民族国家のマレーシアでは、中華系が多い地域とマレー系の多い地域では、品揃えを変えて対応しています。

また、百貨店もローカライズをしてきました。日式百貨店(香港や台湾のそごう、中国の久光、新光三越など)や日系百貨店(伊勢丹、シンガポールの高島屋)も欧米や、アジア、日本、ローカルブランドをニーズにあわせて対応してきました。

しかし、アパレルブランドやファッションSPAはそうはいきません。徹底したイメージコントロールとプロモーションでブランディングしていかなければなりません。だから、費用を捻出できる値入れ率が必要なのです。そのため、大手セレクトショップは、セレクトショップという小売業態というよりも、PBをブランド化し、ブランドショップとして戦略を組んでいるものです。

小売業が海外進出するには徹底したローカル化、もしくはブランド化していかなければならいのです。



★SNSでも情報を発信中!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2016/12/27 10:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集