« 日本その他 | Main | 気づき »
ボンマルシェもデジタル強化
世界で初めての百貨店として知られるパリ左岸の「ボンマルシェ」。LVMHグループの総力をあげて、すっかりラグジュアリー百貨店となり、その後、メゾン館を充実させ、高級ライフスタイル百貨店になりました。そして、今年6月に新たなサイト「24 Sevres」をローンチ。

24 Sevres」は、ボンマルシェの住所。ルイヴィトンやヴァレンティをはじめとする150を超えるブランドを取り扱うECのほか、サービスやソリューションも充実。ライブ動画を通してのスタイリストによる接客、世界75か国への発送、ボンマルシェでの店舗受け取りが可能なクリック&コレクトサービスなどを提供しています。IOS版のアプリもリリースしました。

私が6月にボンマルシェに行った時は、1Fで「24 Sevres」のポップアップショップを開催。サイネージに囲まれたブースにはタブレット設置し、試用体験を提供。取り扱っているハイブランドのバッグを、インスタレーション形式で展示していました。

LVMHグループは、新たなプラットフォームとして位置付けています。ラグジュアリーブランドの巨大グループ傘下という商品調達メリット、世界最古の百貨店でありながらコンテンポラリー&ラグジュアリーな空間を持つボンマルシェという場とイメージ。いち百貨店のサイトという範囲で止まるのか、リシュモングループ傘下の「YOOX Net-a-Porte」に迫るのか、今後が気になるところです。

そして、このような動きが、パリで出ている点に注目したいと思います。世界のファッションキャピタルを見ると、デジタルに対して新しい取り組みをしているのはNYです。しかし、NYでの取り組みは、ファッズ的なものが多いのも事実。多くが姿を消しながら、その中で残ったものが次の時代を創っているように感じます。EC化率世界トップクラスの英国の首都、ロンドンではNYで残ったものが多く見られます。そして、デジタルに超保守的なのがフランス。イタリアやドイツより、デジタルの取り組みが大きく遅れています。そのフランスで、このような取り組みがなされるということが大きな意味を持つと思う次第です。

◆ボンマルシェの「24 Sevres」ポップアップ






★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/08/20 11:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

欧州先端百貨店の平場回帰が意味すること
ここ数年、欧州の先端百貨店のリニューアルを見に行くと、自主編集のブランド平場が多くなっていることに気づきます。

アメリカのバーグドルフやバーニーズ、日本の伊勢丹のようなブランド平場が、セルフリッジ、ボンマルシェ、そして今年リニューアルオープンしたプランタンに誕生してます。

日本のファッション好きの方からすると、「伊勢丹みたい」という感想で終わったしまいそうですが、これは、小売とモードを取り巻く環境の変化に対応しているのだと思います。

1.ファッションマニア対応の必要性
ハイファッションの主要顧客は、富裕層、エリート、ファッションピープルです。これは今も変わりませんが、ファッションピープルと若いファッションコンシャスのマニア化が進んでいます。一般層のファッションに対しての関心が低下していますが、ファッションに興味がある層の知識はますます深化しているのです。今は、SNSやウェブで情報をどんどん収集でき、ビッグメゾンも新進デザイナーもフラットに評価されています。コレクションデビューしたばかりでも、話題を呼んだデザイナーは、すぐに知られます。一方、ビジネスではビッグメゾンと新進デザイナーでは、資本、マーチャンダイジング力に大きな差があります。本来であればビッグメゾンや大手アパレル企業で売場ができれば、百貨店側としては手間がかかりません。以前の欧州百貨店がそうだったように。しかし、マニア化するファッション購買層に対応するためにはイキのいい新進デザイナーが必要です。しかし、このマニアが好きな新進デザイナーは、店を持てません。また、百貨店にインショップを持つこともできません。そのため、百貨店が編集した売場が出来上がるのでしょう。

2.強かった専門店が弱体化
かつては、ヨーロッパは専門店が強いマーケットでした。ハイファッションを購買する富裕層やエリート、ファッションピープルを顧客に持つ専門店が、その街のリテールシーンをリードしてきました。新進デザイナーにとっても、インキュベーション的存在でした。しかし、今、専門店のビジネスは非常に厳しくなっています。地方都市ならまだしも、ファションキャピタルの家賃を払うための粗利を確保するのは至難の技です。そのため、店を閉じたり、 ECシフトしたりして、淘汰され、新進デザイナーたちの受け皿がなくなってきています。この役割を先端百貨店が担うようになっているのでしょう。

欧州の先端百貨店の平場回帰が示すのは、ハイファッションの購買層が“狭く濃く”なっているという事実なのではないでしょうか。


プランタンパリ メンズ館

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/07/31 17:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

自店でポップアップ
ポップアップという言葉もすっかりと日本に馴染みました。

多くは、百貨店やセレクトショップ内の一部に期間限定店舗を設けることを指しますが、それとは違う概念でのポップアップを知りました。

ラグジュアリーなレザーグッズブランド、ヴァレクストラの取り組みです。ミラノの本店で、新テーマのポップアップをしたのです。そのプレスビューがミラノメンズ期間中に行われたのでお邪魔しました。

NY拠点の建築スタジオ、スナーキチャーと組んで、店内を真っ白でアーティスティックな空間にしました。1年間の限定だそうで、この前は別のアーティストとポップアップしており、同ブランドにとってはポップアップ第二弾です。平たく言えば、1年間限定の模様替えですが、商品もコンセプトに合わせて白のみを陳列です。アーティストとのコラボをポップアップしたというアプローチでしょう。

この手法、なかなか新しいのではないでしょうか。大型店でなく中小型店でも大胆なポップアップができるという点、そしてアートとの結びつきが強くなっているファッションだからこそという点が。

改装前のトライアルにも使用できるアプローチです。





関連画像はこちら

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/02/28 19:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

セルフリッジの売場分類変化
私は、「MDは分類で始まり、分類で終わる」と前職時代に叩きこまれ、この視点で売場を見続けてきました。

マクロな視点で見ると、アイテム別の「分類志向」からアイテムミックスの「編集志向」へと変化をしています。しかし、それは、「分類志向」と「編集志向」の間を行ったり、来たりするのです。

今回、ロンドンやミラノ、パリのラグジュアリー百貨店を見ていくと、「分類志向」が強くなっているようです。

その代表が、セルフリッジの改装したグランドフロアにあるラグジュアリーなバッグ・アクセサリー売場です。

ここは、以前はH&MやMONKI、香港ITなどが集積するヤングカジュアルの売場でした。ブランド別編成で、それぞれがトータルでファッションを提案する売場です。

そして、今回は、グッチ、ジミー・チュウ、クロムハーツなど、ビッグメゾンのバッグやSLG(革小物)を集めた、ラグジュアリーなブランド別平場です。もちろん、ファションフロアにはそのブランドのウエアを販売しています。

新宿伊勢丹やパリのプランタンも同じ手法でやっていますが、セルフリッジもその手法を取り入れています。

この背景には、2つの狙いがあるのではないかと思います。1つは観光客対応。アジアや中近東、アフリカの富裕層が買うラグジュアリーブランドたち。しかし、彼の多くはファションではなく、バッグやSLGを買います。これらの層への利便性を図ったのでしょう。

もう一つが編集志向のあり方の見直し。編集志向の売場は、見た目は美しいですが、やはり買上率が落ちます。一定の商品アイテム数をしっかりと集めて、アイテムパワーを発揮することが大事です。強いアイテムを一定の量で束ねて、そのアイテム別売場をさらに編集力を持って束ねるというのが、今の時流のようです。





★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/02/25 11:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Le BHV から学ぶ事
先月のヨーロッパ出張でショップリサーチが感じたとことを、何回かに分けて書きたいと思います。これは、昨年の夏に行ったNYでも感じたことですが、ファッション系は小売の中堅どころに新鮮さがありません。地元客のファッション消費の減退、EC消費の高まりによるリアル店舗の存在感の低下、グローバル化における業態・取り扱いブランド・商品の同質化などが要因でしょう。個店はその規模に合わせた工夫が見られますが、不特定多数を相手にし、資金も溢れるばかりには用意できない中堅の苦しさが伝わる事が多いのです。

一方、ラグジュアリー系コングロマリットは、必死に新しいことを行いファッション、ムーブメント、ライフスタイルを提案しています。彼らの事例から学ぶことはまだまだ多いのです。

この、BHV(ベー・アッシュ・ベー)もその一つです。「Bazar de l'Hotel de Ville」というのがもともとの名前。パリ市民にとってのレトロ感漂う住関連デパートでした。ギャラリーラファイエットの傘下に入り、少しずつ変革していき、今はコンテンポラリーなライフスタイルデパートメントストアへと大変身をしています。




名前も「LE BHV MALAIS」とし、店を構えている「マレエリア」のライフスタイルを具現化するという取り組みをしています。

マレエリアといえば、ファション、アート、サブカルチャー、住民や来街者の多様性が特徴。「アーティスティックでファッショナブルなライフスタイル」を感じさせる編集と店内演出が魅力です。

もともと得意であったDIYやホームユースな家庭用品などは、地下鉄直結の地下と最上階に移転させ、館の大部分はパーソナルユースな家庭用品とインテリア、フードなどをミックスさせたフロア別MDを組んでいます。



日本では中高級百貨店やショッピングセンターのファッション比率を下げていますが、この事例はその逆パターン。住関連品の比率をさげて、ファッション比率を上げています。

どんなファッションを提案しているかというと、オスマンのギャラリーラファイエット本店ときちんと差異化。コンテンポラリーグレード(amiやギャルソンのPocket、ポロ、アンソロボロジー)ぐらいが最上級です。ブランドもヨーロッパのラグジュアリーではなく、アメリカやイギリスなどのポピュラーブランドを取り扱っています。



そして、この事例で学ぶべきことは、リアル店舗だけでなくウェブもそして周辺エリアもコンセプトに基づいてイメージを整えていること。

ウェブサイトは、オリジナルコンテンツも充実してハイセンスなエリアガイドのサイトのよう。

パリのゲイストリートとして有名であるアルシーブ通りには、ジバンシィやグッチ、ヴァレンティノのメンズストアが軒を連ねるようになっています。その合間には、ヘルシー&スローなフードやコスメの店の集まるように。以前は、昼はしょぼく、夜は危なっかしい雰囲気だったのが、歩いて回りたい通りに変わっています。





例えるなら、新宿3丁目駅近くの世界堂を三越伊勢丹が買って、そこにギャルソンやアミがテナントとして入居し、新宿2丁目にジバンシィやグッチ、ヴァレンティノのメンズストアが軒を連ねる。。。。そのような衝撃です。前に、BHVに行ったことがある人は、まさに驚愕でしょう。

この事例、私はファション業界にとっては好事例ではないかと思っています。非ファッションチャネルに参入し、自社ブランドと編集する。そんな可能性を感じるのです。

チャネルと業態と業界がスクランブル状になる。すぐにそういう店や事例が日本で生まれてくるのではないでしょうか。

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/02/21 18:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集