« 活動報告 | Main | 私の仕事 »
「終わりの始まり」になるか、韓国イーランド日本上陸
2月18日の繊研新聞によると、とうとうイーランドが、3月に上陸します。しかも、独資です。

東アジアのファッションマーケットを語るときに、外せない韓国企業イーランド。日本のワールドとイオンを合わせたのような企業で、アパレル出身ですが流通業まで手掛けています。アパレルの取扱いグレードはしまむらぐらいから、ポイントぐらいまでです。中国での快進撃は、日本企業が中国戦略を組む時のモデルとされてきました。

そして、日本に持ってくる業態が、イーランドとしては新しいSPA業態である、ミッソとスパオ。そごう横浜店の他、三井不動産のモールやセブンアンドアイのアリオなどに出店するそうです。

イーランドは、実はNYにも進出しています。アバクロを研究したと思われる中グレードWHO.A.Uです。それよりも低価格を持ってくるとは、日本の低価格マーケットに勝算ありと思ったのでしょうか。

これまでの延長線上で考えたら、日本では上手くいきません。実際、NYは閑古鳥が鳴いています。イメージづけだけの店舗です。だけど、化ける可能性がないとはいえません。マスコミは「日本VS韓国」という図式が大好きですから、ニュースとして取り上げるでしょうし。イーランドも必死ですから、得意の韓流スターを巻き込んで大々的に売り込むでしょう。

これが、もし上手くいったら、日本のファッション業界にとって「終わりの始まり」とも言える状況になるかもしれません。世界には同グレードのSPAが、それこそ「うなるほど」あります。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、、、、。世界第二の規模を誇るファション大国日本で、このグレードの、この品質がいけるとなったら、堰をきったように進出してくれるかもしれません。特にアジア勢は、日本に出店したくて仕方がありません。ただ、受け皿であるデベロッパーが歓迎してこなかったとと、マーケットに勝算がなかったのです。しかし、これでデベロッパーがアジアのブランドも受け入れることが明白になりました。そして、これでヒットしたら。。。


食の次に、エンターテイメント、そしてファッションというのが、ソフトコンテンツ輸出の黄金律です。

韓国料理、韓流スター、そして韓国ファッションという風に広がっていくのでしょうか。

そのあたりのことも、3月のセミナー「ブローバル戦略セミナー アジア編」で話しますね。



関連記事:MD WATCHING SPAO
http://www.apalog.com/yamanaka/archive/366

トレンドソウル MIXXO(ミッソ)
http://www.apalog.com/trend_seoul/archive/4
 2013/02/19 01:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ギャルソン ソウルへ
9日の繊研新聞によると、コムデギャルソンがソウルに1700uの世界最大店舗を開くとのこと。

サムソングループのチェイルインダストリーが現地ディストリビューターとなり、FC形式で展開するとこのこと。その他、年内に北京、シンガポールにも進出するらしいですね。

アジアでは、すでに台北に店がありますが、大陸や他のアジアの国々にはオンリーショップは、なかった思います。ただ、真贋問わず、着用している若者はあちこちで見ます。

満を持してのアジア進出ですね。形式はどこも、現地企業とパートナーシップを組んだFC展開とのこと。 展開形式も王道です。

今後の展開が楽しみですね。


<2009年5月撮影 台北のコムデギャルソン>
 2010/09/10 00:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アウトドア大国 韓国

韓国はアウトドア天国です。今回のソウル出張でも、そのことに実感しました。2010年3月25日付の繊研新聞記事によると、市場規模も、ドイツを抜き、1,800億円あり、現在世界2位とのこと。

東大門エリアのチョンノ5街周辺には、アウトドア用品、ファッションが集積し、



デパートのスポーツ用品売場におけるシェアも高くなっています。

その中で、最も多く見るのは、ノースフェイスと、コロンビア、そしてパタゴニア、エーグルなども多く見ます。
また、日本であまり見ない、フランスのラフマも多く見かけます。



このブランドは、韓国の財閥LGファッションが展開しているため、百貨店のコーナー内一等地を占めています。他にも韓国のブランドも多く見かけます。

日本でも、山ガール、年配層の登山ブーム、メンズファッションにおけるアウトドアブームなど、アウトドアの存在感が増していますが、韓国のアウトドア本気度にびっくりしたソウル出張でした。
 2010/08/18 12:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ワールドレポート ソウル
こちらでもお伝えしているソウル情報ですが、ワールドレポートでソウルのファッションマーケットについて言及しています。

よろしければ、ご一読ください。

こちらのブログでも、補足説明をしていきますね。
 2010/05/07 12:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

観光都市 ソウル
私は、残念ながら、ソウルで観光をしたことがありません(他の都市もほとんどしていませんが)。スケジュールの合間を縫って短期間の滞在しかしていないので、フィールドリサーチで終わってしまうためです。

しかし、ソウルの中心地明洞を歩いているだけでも、ソウルの観光客への取り込みに対する積極性を感じることができます。明洞はショッピング観光地ということなのでしょう。

明洞のメイン通りには、赤いジャケットを着た案内スタッフが流暢な日本語(もしかしたら日本の方?)が立っていてくれて、道や店の案内をしてくれます。



そして、百貨店には、日本語通訳、中国語通訳が、インフォメーションセンターの横に控えています。


またロッテ百貨店の上には免税店があり、そこにアプローチする通りは「スターアヴェニュー」と称され、韓国のスターの写真が飾られており、記念写真の撮影スポットとして人気のようです(ほとんどが日本人女性です)。



そして、その免税店の立派なこと、、、、この中には、なんとルイヴィトンのショップもあります。その階上には、ハイセンスなレストラン街もあります。






また、明洞の化粧品専門店は、日本人女性客の呼び込みに全精力を使っているようです。昔のアジアの夜の街では、「お兄さん〜」と声がかかったものですが、今のソウルでは「お姉さん〜」と化粧品店が呼び込みをしています。

外国人客の訪問数では、日本(09年発表値 835万人)より下回る韓国(09年発表値 699万人)ですが、その商魂のたくましさ、そしてチープでない取り組み手法は、日本を上回るのではないでしょうか。
 2010/04/27 10:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集