« フィールドMD | Main | マーケティングって »
主力業態を超えるには
先日の繊研新聞に「アバクロ」の直近4半期の数字がのっていましたね。

「アバクロ」は主力業態の「アバクロンビー&フィッチ」は既存店売上を伸ばしているものの、「ルール」「ホリスター」などの派生業態は既存店売上減少のようです。

このような現象は、多くの企業で見られることですね。日本のアパレルメーカー、チェーン店でも主力はよくとも、新業態は不振ということが多いようです。
まあ、主力が良いだけでもいいのですが。

やはり別業態においては、別の文化を創らないといけないのかもしれません。
主力業態の延長戦上では、主力業態を超えることができないのでしょう。

一方、ライフスタイル提案型カジュアル業態アーバンアウトフィッターズの好調が伝えられてます。アーバンアウトフィターズは、主力業態である「アーバンアウトフィッターズ」のほか「アンソロポロジー」も好調のようです。
「アンソロポロジー」はずいぶん前にアーバンアウトフィッターズの傘下に入りましたね。しかし、同じライフスタイル提案型カジュアル業態でも、ロハスでフェミニンな「アンソロポロジー」は、単独のキャラ立ちができています。

業態ミックスは、まるっきり違うドメインを貫き通せる「業態文化」をそれぞれ持てることが必要ということでしょう。つまりブランド(業態)哲学を明確化させ、行動指針に落とし込むことを徹底することが必要です。M&Aだけでなく、社内業態開発でも、絶対必要なことなのでしょう。

 2008/08/20 23:01  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

その他の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/yamanaka/tb_ping/178


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集