« AFWT レビュー3 東京メンズトレンド | Main | ERDEMxH&M »
AFWT レビュー4 東京を担う者たち
今回は、「AT TOKYO」の大物デザイナー、認知度の高い商業系ブランドによって、大きな盛り上がりを見せました。しかし、常連の海外進出や、ショーから展示会への変更など、中堅不在という感じでもありました。東京のファッションウィークらしいプレイヤーが減り、将来的に不安が残ったとも言えます。
HYKE(ハイク)matohu(まとふ)MIKIOSAKABE(ミキオサカべ)G.V.G.V(ジーヴィージーヴィー)と同等、もしくはこれらに次ぐクラスのブランドが欲しいところです。

そこで、将来中堅に伸びそうなデザイナーたちに期待が集まります。若者の合同ショー「東京ニューエイジ」出身のAKIKOAOKI(アキコ アオキ)RYOTAMURAKAMI(リョウタ ムラカミ)や、YOHEI OHNO (ヨウヘイオオノ)5 Knot(ファイブ ノット)MURRAL(ミューラル)、そして今回初参加であるENHANCE(エンハンス)らのショーが高い評価を得ました。彼らは、まだセレクトショップへの卸という小規模のブランドですが、これらがショップを持てるぐらいの力を持てるようになると、東京ファッションウィークに厚みが出てくると思います。

ファッションキャピタルの条件としては、その都市を表すファッションがあるかというのが重要なポイントです。東京はこれまで、アヴァンギャルド、裏原系ストリート、原宿系POP、渋谷ギャルなど様々なファッションを生んできました。それらは、ストリートから生まれたものが多いのですが、東京がアジアのファッションキャピタルとしてあり続けるためには、海外に進出した大物デザイナーを下支えする東京モードのデザイナーたちも必要であるの感じる次第です。


(RYOTA MURAKAMI)

Via Collection by Apparel-web
Photo by KoTsuchiya

★SNSでも情報を発信しています!
https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
https://twitter.com/takeru_yamanaka
 2017/10/30 17:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

その他の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/yamanaka/tb_ping/1069


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


山中健 公式サイト


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
山中 健(やまなか たける)
ファッションビジネスコンサルタント
大手百貨店、外資系ブランド、大手経営コンサルタント会社を経て、ファッションビジネスコンサルタントとして独立。アパレル業界を中心に、ライフスタイルショップ、百貨店、SCなど幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。トレンド分析、市場調査、戦略策定などのマクロなテーマから、個店支援、研修などの現場へのブレイクダウンまで様々なテーマのコンサルティングに対応可能。

また、欧米、アジア、国内のコレクション取材やファッションマーケット調査を数多く行っており、国内外のファッションビジネスの動向を語ることができる貴重な存在として注目されている。

2009年にアパレルウェブコンサルティングファーム主席研究員、2011年にアパレルウェブ編集長就任。

山中健 プロフィール
山中健 公式サイト
コラム 山中健のWorld Report

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
山中
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
mie
金環日食を見ながら感じたこと (2012年05月21日)
Rina
メンズの死角 (2011年12月08日)
山中
新サイトオープンしました (2011年06月07日)
山中
銀座シャネル (2011年03月25日)
morimo
銀座シャネル (2011年03月25日)
最新トラックバック
3区カフェと20区カフェ (2009年07月21日)

http://apalog.com/yamanaka/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集