« 2017年06月 | Main | 2017年08月 »
海外出張は何はともあれ体力
先週末、1週間強の海外出張からもどってきた。
その直後から連日仕事だったこともあり、家のことや旅の片づけも早めに済まそうと、ものすごい勢いで動いているのだが、この酷暑の影響もあってかなりバテぎみ。
出張中も何度か具合の悪くなる手前まで行ったが、タイミングよく薬を服用したのでどうにか持ちこたえたのだから、ここで倒れるわけにはいかない。

リアルな自分の年齢も考えて、もう少し手を抜くようにしなければ、これはもう限界だなと実感した。手を抜くというとヘンだが、めいっぱいがんばろうというのではなく、やるべきこと、やりたいことの7割位でよしとするという謙虚な姿勢。
これから年々体力は減退していくのだから、そういう抜き方の術を知る必要があると思うのだ。

それにしても、パリ出発時の空港の混雑時にはまいった。
フランスは伝統的に7月14日の革命記念日(日本でいう「パリ祭」)を境にバカンス大移動になるのだが、ちょうどその前日の木曜日だったこともあって、空港の出国を待つ人々はまさに長蛇の列だった。フランスから海外に出る人、自分の国に帰る外国人合わせて数千人はいたと思う。
下にあるように、機内で見た新聞にちょうどその記事があった。

約2時間立ったまま、ひたすら行列が少しずつ前に進むのを辛抱強く並ぶのはつらかった。今回は手荷物に思いパソコンやカメラを入れなくてよかったとつくづく思った。
ビジネスクラスやファーストクラスなどの人々、さらに車椅子の人や赤ちゃん連れは明確に優遇される。
70代位までの普通の老人は、皆と同様に、その列に並ばないといけないので、つくづく旅するのは体力が必要だと思う。

こんな時にテロがおこったらどうしようと頭をかすめたが、何事もなく帰って来られたことにただただ感謝する。


 2017/07/17 15:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

パリで2つのモード展覧会
パリ初日。
パリで行われている2つのモードの展覧会に行ってきた。

まず、午前中は、モンパルナスに近いブルーデル美術館で開催されているバレンシアガ展。ここはこじんまりとした美術館であるが味があって心地よい。彫刻とモードがしっくり溶け合っていた。

そして午後は、ルーブルの装飾美術館で開催が始まったばかりのディオール展。
両者の規模や性質の違いはいうまでもないが、どちらもパリならではのクオリティの高さ。
前者やある程度モードの知識のある人向けなのに対し、後者は誰でも楽しめる盛沢山の豪華絢爛さ。
最近、パリではどこもそうであるように写真撮影は自由なので、数百枚も撮ってしまった。
いずれ機会があれば、皆さんにご紹介したい。

嫌なことやストレスがすべて吹っ飛ぶ。
30年にわたり約60回もこうしてパリに来続けられるのは、こういう大いなる感動があるから。それはパリでしか味わえないものなのである。



 2017/07/08 14:51  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

熱中症にかかった
空梅雨のせいもあってか、ここのところの高温高湿にぐったり。
小田原や湘南はまだしも、都心に出ると、その蒸し暑さは半端ではない。
一昨日から軽い熱中症になってしまったようだ。
当初、下痢や胃痛がひどかったので、食あたりに違いないと思っていたが、どうもそうではないようだ。

身体が熱い。
眠れない。
それほどひどくはないけれど、頭痛がする。
トイレに行ってもあまり尿が出ない。
気をつけてはいるけれど、あまり喉も乾かない。

仕事場で同僚に症状を訴えていたら、「それは熱中症に違いない」と指摘された。
特に、尿が出ないのはその可能性が大だという。
私自身もその病名が何か腑に落ちた。
一番心配していたのは「帯状疱疹」なのだが、どうもそうではないようなのでホッとした(体の神経はちょっと痛むのだが、まだ発疹はない)。

熱中症といえば、夏場の海外で陽射しの強い所を歩いて何度か経験済みなのだが、今回は陽射しの強い外を歩いていたわけではない。
ただ、都会の熱気で体が蒸されながらも、いちいち脱いだり着たりが面倒なので、上着を着たまま我慢していて、頭がボーっとなっていた。
そういえば、老人が熱中症にかかって救急車で運ばれるのは、戸外ではなく室内が多いといわれている。

さらに思い出したのは、父のこと。
冷え性体質で冷房に弱いので、冷房を嫌い、寒い寒いといいながら真夏でも冬の上着を着たがった(認知症が進んでいたせいもあるが)。
私は父に体質が酷似しているのだった。

以前と違って、夏になっても素足が苦手になり、着るものもたいてい長袖になった。一昨日はパンツの下にストッキングを重ねてはいていた。
長時間の移動の車中、体が冷えてしまうことを恐れてしまうからだ(少しでも冷えると私は途端に具合が悪くなる)。

矛盾する冷え対策と熱中症対策。
これからどうやって夏を乗り越えよう。
今年は昨年までとは大きく加齢のステージが上がってしまったように思う。
とりあえずは4日後からの出張が無事でありますように。


 2017/07/02 21:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ