« 2017年03月 | Main | 2017年05月 »
お稽古事はお金がかかる
ローカルではあるが、茶道の家元の家に祖母が生まれ育ち、祖母自身も茶道の先生だった影響で、最近になって、私も急激に茶道というものに興味を持つようになった。
家に少しだけ残っているお茶道具を活用して、来客をもてなすのにお抹茶を出したいというのが当面の目標だ。

単発で気軽に受講できるところはないかと探している中で、電車で数駅行った箱根湯本にあるお寺で茶道講座が行われていることをつきとめた。
ここは利休の高弟子である山上宗二が秀吉に殺された悲劇の場所として知られるところ。小田原というのは、茶道にとってもゆかりが深い。カルチャーセンターより、こういう歴史的な舞台でお茶を習うことができるのはすてきだ。
そして、畳に正座するのが苦手な私にとっては、そのお寺の講座では立礼式があるというのもうれしい。月1回というのも適度な頻度だ。

すばらしく気持ちのいい環境のお寺で、講座のトライアルを受けてきた。
お菓子とお茶のいただき方の実践に加え、上野の博物館で開かれている「茶の湯」の図録を見ながらの茶の湯の歴史の座学まで、2時間にわたって変化に富んだ内容だった。参加者は皆感じのいい大人ばかり、10人以下でこじんまりしているのもいい。
書や和歌、季節を背景にした和菓子にまで話題は及び、日本の文化というものが横軸でつながっているおもしろさを堪能した。
トライアルだから、お茶を点てるところを見るだけで、自らやるまではいかなかった。

受講料1回が5000円というのは納得。正式に入会するとなると、入会金10000円というのもまあ、ゆるせる。だが、入会に必要なお稽古道具の一覧を見て、考え込んでしまった。
出袱紗11,880円、使い袱紗5,200円、扇子2,160円、点法前掛(着物の代わりにするエプロン)6,300〜6,900円、懐紙820円。
袱紗に最初から1万円以上かかるとは! 合計すると4万円近くかかる。
それ以上に、二の足を踏んでしまったのは、こういう場でもやはりその流派の段階にしたがい、進歩のレベルに応じて、家元にお金を払わなくてはならないというシステムがあるという事実。私はこういう家元制度が苦手なのだ。
さらに、好きなお道具集めなどし始めたら、これこそお金がいくらあってもきりがない。

というわけで、所詮、身分不相応だったと、受講を続けることをあきらめた。
お金をかけなくても勉強はできる。
本を読んだり、博物館に行ったり(少しはお金はかかるが)、独学でやってみよう。

フラメンコを習っている友人が、普段のレッスン代に加え、発表会にドレス代にお金がかかると話していたのを思い出した。
習い事というのは、所詮は時間やお金に余裕がある人向けのものなのかもしれない。それでも仕事以外のパッションがかけられるものがあるというのはやはり幸せなことだ。
お金にまったく余裕のない私は、ないなりの楽しみ方を探したいと思う。

今、この本を読んで勉強中。

 2017/04/27 14:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

衣替えで持ち物点検
ここのところ寒暖の差が激しくてまいってしまう。体調がイマイチという人も多いようだ。
私も毎年、春先の冷えが真冬以上にこたえるのだが、桜も散って、ようやく落ち着いてきた。電車にいきなり冷房が入っているのは困るのだが。

欧米のように寒暖の差が激しくなる(一日の間に四季がある)と、衣替えなどせずに、冬物も夏物も出しておいた方が便利かもしれないが、やっぱり衣替えはいい。自分の持ち物を点検して整理できるいい機会なのだ。

今日は久しぶりに一日家でゆっくりできる日だったので、気になっていた「衣替え」をすることにした。
コート類はすでにクリーニングに出してあるのだが、冬の間にさんざん着用したセーターなどをより分けて家で洗濯する準備をしたり、春夏物の入ったケースを奥から引っ張り出して、冬物のケースと交換したりという具合。
もう着なくなったものを捨てるいい機会なのだが、好きで買ったものを私はなかなか捨てられない。さんざん着古してボロボロになったカットソーなども、その肌になじんだ感じがよかったりする。結局、元通りということになる。

着るものや身につけるものはもうたくさん持っているのに、(以前よりかなり控えめになったとはいえ)やはり毎シーズン何点か購入している。
商売柄、人前に出ることも少なくないし、ファッション関係の展示会に行って個人発注するというような環境のせいもある。
それ以上に、最近はネットで買い物チェックすることが一つの気分転換(娯楽)になっている。これは危ない。
私はいわゆるブランド物好きではないし、宝石も着物も買わないから、単価は知れているが、それでも数点買っているとそれなりの価格になる。

ただ、これはいつまでも続かないということは自覚している。
経済的な問題も大きいし、いつかは、自分の持ち物を管理できなくなる日が来るだろう。
それより前に持ち物を減らして、少ない持ち物で暮らす生活に切り替えなくてはならないことは自分でも分かっているのだが。

あまりに持ち物が堆積してくると、自分が何を持っていたかを忘れていて、衣替えの時に「あ、これがあったんだ」というふうに気が付くことも少なくない。
以前に比べると、いろいろ引っ張り出して着ることが面倒になって、身近にある数点のものを着回すような傾向になっている。そろそろ持ち物を減らす時期に来ているのだろう。

ただ、これから30年(そんなにはないかもしれないが)の人生。自分の持っている古着だけで過ごすというのはあまりに寂しい。
前から持っているものの中にほんのちょっと新しいものを加えながら、おしゃれを楽しむシニアになりたいと思う。
そのためには、ひたすら働け、死ぬまで働けということのみ。
 2017/04/20 20:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

TVドラマの反撃?
インターネット全盛。自宅でも、PCの前に腰かけている時間が長い。
アナログな私でもこんなふうだから、旧メディア離れは相当に進んでいるのだろう。

購読している人も少なくなったようだが、私は毎日配達してくれる新聞を読むのが楽しみ。
それも、ソファでゆっくり毎朝30分という時間は10年前までで、近年は都心への移動時間や夜寝る前にベッドの中で目を通す。それでも私にとっては貴重な情報源として手放せない。

TVは食事しながらつけていることは少なくないが、TVドラマを観ることはほとんどなくなった。
そんな私が、今はまっているのが、テレ朝の昼ドラとして始まった『やすらぎの郷』。あの倉本聰の脚本。
退屈に成り下がっていた昼ドラの改革をと、名付けて「シルバータイムドラマ」と名付けたところがいい。
NHKプロフェッショナルでその内容を知ってからずっと楽しみにしていたのだが、第2回放映が終わった今日の段階で、その期待を少しも裏切っていない。

まず中島みゆきの主題歌からぐっとくる。
今のところ、登場人物は主人公の石坂浩二がメイン。大した俳優だと思ったことはあまりなかったけれど、うまい。はまり役。70代半ばであの仕事は大変だろう。セリフを覚えられるだけでも尊敬する。
石坂浩二の実際の元妻や元カノなど、とにかく、私が若い時にあこがれたような女優さんが次々に出てくる。皆、高齢でもがんばっている。

高齢化社会をベースにした介護の問題、老後の問題など、まさに今日の社会を反映した色々な要素がこめられているだが、それとともに テレビ業界への皮肉たっぷりというところが、さすが倉本聰。彼の反骨精神と枯れないエネルギーを感じさせる。とにかく質の高いドラマなのだ。

ただ、20分の時間帯なので、もっと先を観たいと思っても、すぐに終わってしまう。
録画するほどマメな性格でないから、次に在宅で観られる時にはかなりストーリーが進んでいることだろう。

 2017/04/04 13:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ