« 2016年11月 | Main | 2017年01月 »
祖母40回忌に独り想う
今日、12月29日は祖母の40回忌だった。
それに気が付いたのは、1、2か月前のこと。祖母が亡くなったのは私が19歳の時だったから…と、ふと気が付いたのだった。
実は12月29日は祖母の誕生日でもある。誕生日と命日が同じ日なのだ。

あの日のことは忘れない。
当時、休みとなるとスキーに泊りがけで出かけていた私は、その時、出かける際に玄関先まで送ってくれた祖母に、何気なしに「さようなら」と言ってしまった。
そして、数日経った早朝、宿の人が足早に家からの電話を知らせに来る気配に、「あ、祖母に何かあったな」とすぐ察知した。出かける時は普通に元気だったが、風邪が悪化して容態が急変したのだった。
既に年賀状をすっかり書き上げて投函していたので、新年には亡くなった祖母の年賀状が方々に届けられた(母も祖母も筆まめ。何事も早め早めに準備する)。

祖母と一緒に暮らした時間より、その何倍も年月が経っているのに、私には祖母の存在が常に身近に感じられていた。夢にもよく出てきた。
母の晩年、母と一緒に暮らすようになると、母と祖母が私の中では同化したような気さえする。

祖母の40回忌にぜひお墓参りをと思い、先週、私としては約25年ぶりに祖母の故郷である熊本へ行ってきた。これは一つのケジメのようなものである。
本家の当主が亡くなったというのも大きなきっかけとなった。

これまでは母を通した親戚づきあいだったが、母が亡くなり誰もいなくなった今、はじめて一人で向き合うという機会を得て、今年になって多くの親類縁者に積極的に会う機会をつくってきた。
写真や名前だけでなく、その人柄やエピソードなどを知れば知るほど、家の歴史というものに対する興味も深まっていたからだ。

特に今回の熊本は、長くご無沙汰していたにもかかわらず、至れり尽くせりの歓待を受け、本当にありがたかった。何よりゆっくり話をする機会をいただいたことによって、今まで知らなかった新たな発見がいろいろあった。人というのはお互いに実際に会って話してみないと見えないことがたくさんある。
今回はお墓参りだけで4箇所(4家)、まさに祖先への供養の旅だったといえる。

今日は、古いアルバムを見ながら(整理しながら)、祖母のことを想う一日となった。



縁側でくつろぐ祖母(右)とまだ幼い母。昭和初期の幸せな時代

その昔、この家が建っていたところの現在の様子。白川の拡張工事によって、遊歩道となっている(目の前が白川小学校)


 2016/12/29 17:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ニュージーランドのワイン
ニュージーランドのお土産で買ってきた白ワインを開けて、ちびちび飲んでいるのだが、これがおいしい。葡萄の芳醇な香りに加え、微発砲の飲みごこち。ニュージーランドの風を感じる。

ワイヘキ島では方々のワイナリーに連れていっていただいたのに、試飲だけで買い物はしなかったこともあり、最後にオークランドの空港で、やっぱり1本位と思って、時間ぎりぎりに駆け込みで購入。
割と一般的な産地のものだが、21NZ$(1700円位)という手頃な価格帯と「オーガニック」というところが決め手だった。店員さんにもとても良い選択だと言われたのを思いだす。

友人が集まる機会でもなければ、私は普段の家のみワインで1000円以上出すことがないので、私としてはかなり高い方だが、物価の高いニュージーランドではまず1000円以下のワインというのはない(あったとしても、わざわざ買ってくる意味もない)。
ワイン好きのマニアの方々には笑われそうだが、本当に上質なワインはそれなりのレストランでたまにいただく位でいい。

日本ではニュージーランドのワインにはあまりお目にかかれないが、知る人ぞ知るワイン王国。
はっきり言って、かの国の食べ物は凡庸(まずくはないが、何を食べても味が似通っていて、とびきりおいしいものがない)、コーヒーに至ってはおいしいコーヒーに出会えなかったが、ワインはおいしかった。

スーパーのワイン売り場はたっぷりしたスペースの中に、フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリアなどと並んで、地元のニュージーランドワインがずらり。
せっかくニュージーランドに来たのだから、ローカルな食べ物とお酒をいただかない手はないというわけで、レストラン、コテージ、アパートメントホテルなど随所で味わったのも、今となってはいい思い出だ。
マヌカハニーと同様、もっと買っておけばよかったかとチラと考えたが、いや足りない位がちょうどよかったのかもしれない。そのうちに日本にももう少しは流通するようになるかもしれない。


ニュージーランドワインは産地も種類も多彩なバリエーションがある(オークランドのあるワイン専門店でNZワインのコーナーを撮らせてもらった)

 2016/12/19 21:26  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

今年はサル年だった
その年の干支が何であるかを思いだすのは、年末年始のわずかな期間のみになってしまっている。年賀状を準備するこの季節、来年の干支が酉(何と私は年女!)であることを確認した。

これだけインターネットが発達すると、わざわざ郵便の年賀状を出すのはどうなのか、そもそも住所を知らない人が多くなっている(フリーランスで仕事をしている人は名刺に住所を印刷していない人も少なくない)こともあって、一瞬どうしようか考えたが、次々に両親を送った私にとって、今回は久しぶりの年賀状なので、やはり年賀状は郵便で出そうと決めた。
決まり文句だけの賀状はおもしろくないが、近況を一言でも書いてあるのをいただくのはやはりうれしいものだ。

そして、ああ、今年は申(さる)年だったと思い出した。

「さる」といえば、ここ数年、私は猿に悩まされている。
近年、我が家周辺は山の方から下りてくる猿が頻繁に出没するようになって、昨年はマンション敷地内の階段で猿と鉢合わせして心臓がとまりそうになったし、バルコニーの手すりを猿ファミリーのご一同が横断したりする。
それ以上に、猿のキーキーした鳴き声が聞こえたり、空砲を打つ音が聞こえたりすると、「ああ、またか」と身構える。
そう、私は猿が苦手、いや嫌い。なるべく見たくない、会いたくないのだ。

不思議なもので、カラッと晴れているような日中にお出ましになることはほとんどない。今日はなんだか出そうだなと思うのは、湿っぽい曇りの日や明け方。
雨がしょぼしょぼ降っていた今日も、なんとなく嫌な予感がしていたのだが、昼頃、寝室で出かける用意をしていたら、窓の外でカサっという音と共に、何かが横切る影が見えたと思ったら、大きな木が植わったこんもりとした小山でご一家が盛んにエサを探していらっしゃる。
ミカンなど実のなる木はないが、木の下の土の中をほじくって、何かの根をむさぼっている様子。
外が暗すぎず、こちらから見ていることも気づかれないようにしたので、珍しく撮影に成功した。
そして、すぐに市役所に電話。野猿の監視や管理をしている部署があって、猿を見たらすぐに電話するようにと通達されているのだ。
電話してから10分も経たないうちに、空砲が数発(市役所の連絡を受けて専門家がやってくる)。すぐに猿たちは飛び散ったが、少しすると、また元のところにもどって同じようにエサを探している。
もう空砲にも慣れっこになっているのか、困ったものだ。

それにしても、今年もあとわずかになってしまった。
「申(猿)」と共に、イヤなことは去っていってほしい。


 2016/12/14 21:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アナログはもはや贅沢?
最近、アナログ、デジタルという言い方をあまりしなくなったように思う。
それほど、デジタルが当たり前に私たちの生活の端々に浸透している。
ここまできたせいか、一種のノスタルジーとして、街中ではアナログ感覚の店が人気を得ているようだ。

例えば、喫茶店。「カフェ」でも「スタバ」でもなく、昔ながらのクラシックな「喫茶店」が街で目につく。
客層は中高年中心かとおもいきや、意外に若い人も少なくない。
懐かしさではなく、新しいものとして楽しんでいるのかもしれない。

その隣にあったのが、レコード屋さん。今や、音楽はネットを通して聞くのが当たりまえになっているが、それがすっかり浸透したせいか、最近ではレコードやカセットが見直されているという。

服にしても、ここまで合理化が進み、何でも便利なものばかり(しかも安い)が重宝されると、古着によってかつての趣味や嗜好性がよみがえる。

行きつくところまで行くと、人はその対極のものを求めるようだ。
ただ機能的で便利なだけでなく、不便であっても、その風情を楽しむというような。
アナログは一種のぜいたく品になってしまったのかもしれない。
常にアナログな立ち位置にいる私は、その振り幅が少ないが。
 2016/12/08 20:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ