« 2015年01月 | Main | 2015年03月 »
パリの新しい食品売り場
パリからもどって、もうそろそろ1か月経つというのに、またパリの話題。
この1か月は数種類の仕事の同時進行と、家の雑事に追われていたので、ゆとりがなかった。したがってここで紹介するようなニュースもあまりない。

今回はパリの街を歩き回る時間も限られていたが、話題のスポットは最低限おさえようと、ギャラリー・ラファイエットの新しいグルメ館をのぞいた。
以前からあるメゾン館の1階と地下にオープンしていたせいか、正直言って期待していたほどのことはなかった。
規模でいうと、同じデパートでも、ボンマルシェの方が広い。

でも、日本に帰ってくると、こういう売り場が恋しい。
1階の吹き抜けから地下の食品売り場を見下ろしたところ。カラフルで美しい。

気軽なイートインは、マルシェの中にある食堂の雰囲気。

ハムやソーセージのコーナー。この豊富さがフランス!

チーズも縦長の大きな冷蔵庫の中にぎっしり。

使いやすいように小分けされているが、どちらかというと昔風の売り方の方が私は好き。
ああ、ワインがのみたくなった…。

一方、日本の方が断然充実していると思うものもある。
それはスイーツ類。
フランスはレストランのデザートや超高級なショコラはおいしいが、ちょっと気軽な日持ちする菓子類のパッケージがあまりない。
日本のデパ地下のスイーツ(和菓子・洋菓子)の豊富さは世界中どこにもないのではないだろうか。
これはお菓子のお持たせ文化の国ならではの現象だ。






 2015/02/27 22:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

声を失って1週間
過酷な海外取材のお土産として、パリを発つ日の朝から声が出なくなった。
その数日前から喉が嫌な感じだったので、早めにいろいろ手を打っていたのだが。

今回は私としたことか、愛用のうがい薬を持参することを忘れてしまったので、緑茶のティーパックの出がらしでせっせとうがいをしていた。外出先では困るので、薬局で以前に購入したことのある赤いうがい薬も購入した(写真の右奥)。
「フランス人はうがいをする習慣がない」というのがホントかウソか、フランスの薬局で「うがい薬」といって出してくれるのは、いつもこれ。
そのまま原液でうがいするもので、強烈な刺激がある。だいたい色からして体に悪そう。ふたが緩いので、ある時にこぼれているのをふくと、手が虹色に光っていた(やはりこの薬、不気味)。こういうのを使う私も相当の度胸と言わざるを得ない。
ついでにトローチ(写真左奥)も購入したが、これは薬局の人が「よく効く」と言った割には非常にマイルドでソフト。堅いゼリーのような感じで、そろそろ1箱がカラになる。

日本に帰ったその日(木曜日)に、予約していた鍼灸院に行くと、「これは長くかかる、肺に熱がこもっている」と言われた。
そのうちに治るだろうと思って週末を迎えたが、一向に改善の兆しが見られない(週末の接客の仕事はキャンセル)ので、週明けの月曜日に、耳鼻咽喉科のドアをたたいた。
風邪が流行っているのか、ものすごい混みよう。

鼻から喉へ管を通され(あれだけはもうやりたくない)検査・撮影した結果、「声帯が炎症を起こしている」とのこと。今となってはもう周りに感染する段階ではないが、何らかのウイルスにやられたということだ。
あの会場は確かに空気も悪いうえに乾燥していたから、よほど多品種のたちの悪いウイルスがのさばっていたのだろう。
「無理して声を出さないように」「エヘンと咳払いしないように」という注意事項の後、「これだけ経っていると、あともう1週間位はかかるかも」などと言われた。

そこで処方してもらった薬(写真前の、抗生物質をはじめ3種類)をのんで3日。
それまでは空気しか出なかったのが、ようやく音らしきものも出るようになってきたが、まだ声のレベルではない。

この1週間、声を失ってみて実感するのは、当然のことながら声というものの大切さ。声が出ないと人に何かを伝えることができない。
ショートステイ初体験の母の話もゆっくり聞いてあげたかったのに、会話にならないから、いろいろ話ははずまない。
一生懸命、身振り手振りで伝えようとしても、母はなかなか気づいてくれない。だんだん感覚が鈍っていくようで、このままでいくとボケてしまうのではないかと心配になった。
私自身も、声だけでなく頭がぼんやりして、何となく鬱陶しい。

帰国一番、Facebookで訴えると、ことのほか多くの人が心配してくれた。「私も同じ経験をした」「そのうちに治るから大丈夫」と。
失ってみていろいろ見えてくることがある。
今回も貴重な経験だったと思う。何はともあれ、ウイルスに負けない心身の状態を維持しよう。



 2015/02/04 23:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ