« 2013年03月 | Main | 2013年05月 »
「今日はどうだった?」
母との生活もようやく1年に近づいてきた。
平凡な毎日のようでも、いろいろなことがおこっている。

私が仕事などで終日家を空けるような時、出先からの電話、あるいは帰宅してから、母に必ずこう聞くようにしている。
「今日はどうだった?」「なにか変わったことあった?」

昨日は、母がこう答えた。
「悲しいこと、よかったこと、おもしろいことがあった」。

悲しいことは、仲の良かった従兄の奥さん(近年は電話でお互いに励ましあっていた)がすい臓がんで余命2、3カ月と言われたと連絡があったということ。

よかったことは、同じマンションに住んでいる高齢の知人が最近音沙汰なくて心配していたけれど、連絡がとれたということ。

おもしろいことは、郵便ポストに手紙を出しに行ったら、近くに住んでいるヨボヨボのお婆さんと出会い(会うのは初めて)、いろいろ話をするうち、同い年であることや、お互いの夫の仕事に共通点があって、話がはずんだということ。

悲しいこともあるけれど、良いこともある。
老人にとっては「病」や「死」は避けては通れないけれど、人との交流から生きる力をもらう。最後に残るのはそこにあるように思う。

 2013/04/26 22:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

グリーンカーテン始動
今週は、母が退院(とっても入院期間は1週間)してきたからというわけではないが、東京にも出ずにずっと小田原で過ごしている。いわば、休暇。
友人、知人の展示会には失礼して欠席させていただいた。
食事の支度の他、ほとんどはバルコニーに出て、庭いじり(?)をしている。

夏の日よけのためのシェードの準備も完了した。
山の上にあるマンションのバルコニーというかなり厳しい条件(風が強い、取り付けがかなり高い位置)なので、取り外しの問題がネックとなっているが。

今年は桜も藤もツツジも開花が早いが、ゴーヤの苗も既に園芸店に出ている。例年では5月連休後に出るらしい。
日射しが強い仕事場をどうにかしなきゃと、前々から計画していたグリーンカーテンをいよいよスタートさせた。

突っ張り棒式の支柱、かなり大きいプランター(90センチ)、そして底石や土など、必要なものはすべてネットで購入。車を運転しない私にとっては、ネット販売は本当に助かる。

今朝、ゴーヤの苗をプランターに植えこむ。
しっかり育ってほしい。


日当たりがいいので、前の家から持ってきた植物たちも、ここに来てから新たに加わった植物たちも、皆、元気。
地植えに比べると、鉢植えの限界はあるが、大切に育てていきたい。
太陽のエネルギーを有効利用するために、野菜の苗も買いに行こうかな。



 2013/04/19 10:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

足首を出すのは冷える
何かの紙面で見かけたのだが、人気スタイリストが大人の女性の着こなしのポイントとして、首、手首、足首の3つのポイントを見せるということを指南していた。
とくに柄パン全盛の今年、足首が着こなしの要になっていて、デニムでも何でもパンツの裾はロールアップしてはくのが「お約束」のようだ。

しかし、あえて言いたいのだが、真夏ならまだしも(いや真夏でも冷房の入った場所や電車の中は冷える!)、この時季に素足で、しかも足首を出すというのは相当に寒い。
私は足元が少し冷えただけですぐ具合が悪くなってしまう。
ついでに言うと、私はまだ首周りに巻くウールのストールも手放せない。

元気ぴちぴちの若い人が、素足にハイヒールというのはよく見かけるし、あのバランスがかっこいいことは分かるのだが、私は到底ムリである。
かといって、ロールアップの裾からタイツやソックス、あるいは肌色の透明なストッキングの脚がのぞくのは、どうも様にならない。

ブーツの季節は楽だが、これからの季節は実に悩み深い。
何かいい方法はないものだろうか。
 2013/04/16 21:24  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

肉体の痛みは共有できない

この1週間強、同居している母が、ある体の痛みでずっと苦しんでいたので、このブログもご無沙汰してしまった。

心の痛みというものはある程度、共有できるが、肉体の痛みというのを共有することは本当に難しい――。
肉体の痛みは代わってあげることができなということを改めて痛感した。

痛みに苦しんでいる横で、私は何の役にも立たない。
何か声をかけても、痛みで苦しんでいる当人にとっては、的外れだったり、時には邪魔に感じたりするものだ。
結構つらい日々であった。

こういう時はやはりプロ(医師や看護師)にお任せするしかない。
ついに母は3日前から入院。今は原因も分かって、快方に向かっている。

それにしても加齢とともに、人は痛みに敏感になり、痛みも増す。
私は耐えられるであろうか。
 2013/04/11 00:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ