« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »
バルコニーで昼食を
梅雨の晴れ間。久しぶりに家にいたので、母とバルコニーで昼食をとることにした。
両親の家に引っ越ししてきてから既に3週間。家の中はだいぶ落ち着いてきたこともあって、前からやりたいと思うことを少しずつ実行している。

そんなに難しいことではないはずなのに、外で食事というのは日本人のライフスタイルにはあまりぴったりくるものではないらしい。
都心に出た時も、お天気のいい日は外でと思うが、以前よりもオープンスタイルが少なくなったように思う。
ここは周りにバルコニーのある家は多いが、あまり食事をしている姿は見られない。

我が家は室内は物でいっぱいだが、バルコニーは比較的広々としているので、海と山をバックにひとときを過ごさない手はないというわけだ。
それに、ここはよその家や通りからも見えないようなロケーションにあるから、バルコニーの活用のし甲斐がある。
誰かが言っていたようにバーベキューとまでいくと、さすがに臭いや煙が気になるが、通常の食事やお茶なら何も問題ない(きちんと日焼け対策と虫対策をしていれば)。要は習慣なのだ。

瓶詰のトマトソースを使った手抜きのパスタでも、安いワインと一緒に、ごちそうのひとときであった。母も残さずに食べてくれた。
 2012/06/27 13:48  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

神奈川県民に定着
最近、「神奈川県」がいろいろなところに登場している。

何かのテレビ番組で、腰痛が一番少ない県が神奈川県ということだった(これは母も、ジムのインストラクターも異口同音で話題にしていた)。
その理由は、長い通勤時間、立ちっぱなしのことが多く、電車の中でバランスを取りながら足腰が鍛えられているということ。そして、地理環境として起伏が激しく、坂道の上り下りがやはり足腰にいいらしい。
これはまさにそこに住んでいるものの実感だが、足腰にいいのはおそらくある限られた年代までで、老年には本当につらい。
うちの両親もこの土地で随分鍛えられたが、今後の生活には不安はつきない。

もう一つは、これは新聞だったか、首都圏に住む人のあこがれの土地ナンバーワン、つまり仕事をリタイアしてから住みたい所のトップが神奈川県というアンケート結果。
東京に隣接していながら、恵まれた自然環境や歴史文化などが、皆の関心を誘う。神奈川県のイメージとしては鎌倉や湘南が筆頭にあげられるようだ。
海のそばという点も人気の秘密だろう(私も新鮮でおいしい魚が食べられない所にはあまり住みたくない)。

もともと神奈川県生まれだった私が、30年ぶりに再びその住人になってまる2年。ついに3日前からは、母との暮らしを始めた。
ここ数カ月、本当に肉体を酷使しながら、我ながらよく働いた。おそらく一生のうちで一番と言えるかもしれない。今は引っ越しにまつわることで疲労困憊しているが、落ち着いたらそのこともおいおいお伝えしたい。

というわけで、このブログも随分ご無沙汰してしまったが、新生活スタートと共にできるだけ更新していきたいと思っている。
よろしくお願いします!

続きを読む...
 2012/06/09 22:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ