« 2012年04月 | Main | 2012年06月 »
新しいライフステージで
この2年ほど、私の生活ががらりと変化した。おそらく、半世紀以上生きてきた中で、最大かもしくはその次位の変化といえるかもしれない。
その直接的な原因は、両親の高齢化なのだが、考えてみると、自分のためにもこうなるべくしてなったという気がしている。

これまでの私はずっと、時間もお金も自分自身のために使ってきた。周りの人からは、自由に生きている人と見られていたと思う。
それが、今はそれらを家族のために使うようになってきたということが、一番の変化である。
私は残念ながら、旦那も子供も持った経験がないから、家族のために時間が割かれるという経験をしたことがない。
子育てでアイデンティティクライシスになる人の気持ちが、初めて実感として分かるような気がしている。

今はこの新しいライフステージを楽しもうと思っているし、いや、かなり楽しんでいる。
そりゃ好きな映画にも展覧会にも行くことがほとんどできないし、リラックスするひとときというのもあまりないし、私が望むアール・ドゥ・ヴィーヴルにも程遠いけれど、今はそういう時期だと受け入れている。

今の私にとっての仕事とは生計を立てていくためだけのものになっているが(ライターとしてやるべきことはお休み状態だが、あまりあせりはない)、残された両親との時間を大切に過ごしたいというのが、今の私の願いである。
この経験がきっと将来に役立つと信じているのだ。

 2012/05/21 22:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

生きる力となるのは人との交流
「パパがああなったおかげで、いろいろな人に出会ったね」
母がふとこう言った。

ここ2年位の間、父の認知症進行や体の支障がいろいろあらわれていたが、特に2月の緊急入院以来、我が家は加速度を増していろいろなことが変化している。
介護を助けてくれるケアマネさんやいくつかの病院関係者はもとより、介護用品の業者さん、最近では古物商や古書店、家のリフォームのための工務店さんなど、いろいろな人が両親の家を出入りするようになった。
そのほとんどが実によい人たち(それぞれにプロフェッショナルで思いやりがある)で、それらの方々と接することが、母の慰めにもなっている。
その反面、母にとっては残酷な経験もあって、体がだいぶ弱ってきたこともあるのだが、すべては受け入れるしかない。本当に我が家は人に恵まれているなと感謝したのだった。

父も療養型病院で、多くの他人(看護師さんをはじめとするプロフェッショナルな人々)に囲まれながら、適度な緊張感を保ちながら、何とか穏やかな日々を送っている(時々、不安定になるが)。

年をとればとるほど、何よりありがたいのは人との交流。
もちろんそれによるストレスもあるのだが、心を癒してくれるのは人とのつながり、心のふれあいに他ならない。
優しいひと言によって、人は救われる。生きていて良かったなと思うのはそういう瞬間なのである。
私も年を重ねるごとにその大切さが身にしみている。
 2012/05/17 22:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ