« 2010年02月 | Main | 2010年04月 »
PCのデータが全部消えた!
今、夜中の1時。ここのところPCが調子悪かったので、9時少し前からPC会社の電話テクニカルサポートのもとで、ウインドウズの初期化を行った。それに際しての大量のデータのバックアップの仕方も、手取り足取り丁寧に教えてくれた。

そもそもの問題は、データ保存に外付けのハードディスクを、私はこれまで一切使っていなかったということ。PCのドライブの中に入れていたから、空き領域が少なくなっていたのだ。
今夕、急いて買いに行って、バックアップと初期化を今日中に何とかと思ったのだ。

ようやく初期化が無事完了したのが11時。定時をとっくに過ぎているというのに、テクニカルサポートのその女性は親切に最後までつきあってくれた。
ところが! 電話を切って数分後、大変なことに気が付く。

さっき、バックアップのために必死で一つにまとめたファイル(かなりの容量)はPCのデスクトップに置いたままだったはず。
・・・ということは、初期化とともに消えてしまっていた!のである。
そもそも外付けディスクに移していたら、相当の時間がかかったに違いない。
電話先のその人も、とにかく早く初期化の作業をと思ったのであろう。
私もだんだん頭が朦朧としてきて、その人の言うがままに従っていたのが失敗のもとであった。

写真は別のUSBに入れておいたものもあるので何とかなるが、このPCに変えて1年半の原稿やらメールアドレスやメールのやりとりは、どこを探しても見当たらない(当たり前だ)。ものの見事に消えてしまった。

普通なら怒りで頭が爆発しているところだが、意外にも、電話先のその人を責める気持ちが意外におこらない自分にびっくり。
私自身もうっかりしていたのが悪かった。
それ以上に、失くしてこまるデータというのは実はそれほど多くないのではないのかと思ったりしている。

すっきりとこの1年半の情報を失って、さっぱり新年度を迎えられそうな気もしているから、不思議だ。
困ることはいろいろ出てきそうではあるが‥。
とにかく今日はもう寝よう。
続きを読む...
 2010/03/31 00:50  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

それでも企業文化や品格が大事
この1年、人知れず、「就活」というか、「自分探し」ならぬ「仕事探し」を続けてきた。
ファッションという分野や、書くことにはもう固執できない。というより、ちょっと離れたところで、違う角度から、自分のライフワークを見てみてもいい時だと思ったのだ。

その中で、いくつかの企業研修を受ける機会があった。
私は社会人になって30年来、大企業に勤めた経験がないから、企業研修を受けたり、制服を着用したりするような経験は皆無である。
30歳からずっとフリーランスでやってきて、これまで個人としてどう生きるか、どう仕事をするか、さらに何を伝えるかということしか考えなかった私にとって、組織の中でどうあるべきという視点を詰め込まれるという体験は新鮮なものであった。
50代になって初めて!である。

これは2000年以降顕著なことだと思うが、企業研修の共通テーマは、「個人情報」と「危機管理」である。
その研修を通して痛感したのは、その企業の「企業文化」、つまり何を大切にしているかという価値観が浮き彫りにされるということであった。
受講者参加型はいいけれど日本的恐怖研修のスタイルもあったし、資料棒読みの講習もあった。
その中でも一番素晴らしいと思ったのは、日本を代表する老舗洋酒メーカーグループである。講師がすばらしく、受講者をリラックスさせながら企業の理念を伝える雰囲気は印象的であった。

企業文化とか人間の品格といったものは、一朝一夕でつくろえるものではない。目には見えないものだが、敏感なユーザーには確実に伝わるものだと思う。
ファッションビジネスでもいえることだが、いくら成功している企業であっても、拡大志向やメジャー志向だけで突き進む企業、彼らの価値観にそぐわない「負け犬」を排除していくやり方に、私はあまり共感できない。
残念なことだが、今のファッションビジネスは、品のない人たちが勝つ時代になってしまった(少なくとも以前は「選択肢」というものがあった)。
ただ、時代というものは常に変化するもの。今日の成功者もいつかは淘汰されていくのだ。

 2010/03/30 12:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

休日の朝、うれしい発見
今年もベランダのクリスマスローズが花をつけました。
いつもうちのは少し季節がずれているような気もするけれど、まあ、いいか。
 2010/03/27 10:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ドーナツ屋の行列に並ぶ
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」に初めて入った。
ドーナツそのものは、知人のオフィスでいただいたことがあったのだが、店に入ったのは初めて。
最近、あちらこちらに大型カフェがオープンしている。
行列までして?と思っていたのに、今日はなぜか並ぼうという気になった。


春休みに入っただけあって、ここ渋谷店は小学生から、中・高校生や若い人たちでいっぱい。あと、外国人の姿もちらほら。
行列で順番を待っている間、ガラスの向こうにあるドーナツ工場を見学(?)する仕組み。
そろそろドーナツを選んで注文という時になって、ドーナツを1個ずつ無料で配られる。
噂には聞いていたけど、これってどうなの? 50代の身にはドーナツ2個は多すぎる。かといって飲み物だけ頼むわけにはいかないし。

それにしても何だか懐かしい。
私はハンバーガーチェーンには昔からあまり興味がないのだが、学生時代、ミスタードーナツやサーティンワンアイスクリームにはよく行ったものだ。とくにサーティンワンは、文字通り31種類全部に挑戦しようと、毎日のように通っていた頃もある。
それにシェーキーズのピザも新鮮だったな(今も店の前を通るとあの匂いがプ〜ンと)。
もう40年近くも前の思い出だ。

 2010/03/26 22:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ウディ・アレンの新作
新作映画をすぐ観に行くということはあまりなくなったが、ペドロ・アルモドバルとウディ・アレンの映画は、ほとんどロードショーの時点で観るようにしている。というより、観てしまう。

というわけで、今日は近所の恵比寿ガーデンプレイスのガーデンシネマで上映中の『ウディ・アレンの夢と犯罪』へ(今日は1000円のサービスデー)。
ウディ・アレンの新作はたいていこの映画館でスタートする。

う〜ん、シリアスな犯罪心理ドラマ。ロンドンを舞台に、労働者階級の家に生まれた仲のいい兄弟の「夢」をえがいたもの。

教訓。ギャンブルは人生を破滅させる。一攫千金は夢見るな。
 2010/03/24 19:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ