« 2008年10月 | Main | 2008年12月 »
展示会のおみやげ
仕事柄、展示会やレセプションパーティに行くことが多いが、決まって、帰りにおみやげをいただく。
プレスやバイヤーなど、そのイベントに出席したゲストへのちょっとした心遣いだ。
この「アパログ」は、メーカーや小売業の方々がたくさん見ていらっしゃると思うので、ちょっと気が引けるのだが、タブーを覚悟であえて言おう。
あれは、もう少し考えた方がいいと思います。

その会社の方の思いを込めているのは分かるが、ブランドのロゴの入ったプレミアムというのが、一番始末が悪い。
そのブランドが余程好きな人ならいいが、ブランドロゴの入ったガラクタ(失礼!)というのはたいていゴミにしかならない。いただいていきなり捨てるのは申し訳ないから、部屋の隅に置いた専用袋にどんどん入れていくようにしているが、すぐたまる。
誰かに差し上げられるようなものならいいが、誰にもあげられないようなものも少なくない。
商品在庫ならまだいいが、わざわざ作るというのは、本当に無駄だと思う。だいたい、エコにも反する。仰々しいパッケージや紙袋に入っていただく場合が多いから、ゴミの量もものすごい。
ただ、日本は細かいものを器用に作る会社が多いし(今やほとんどは中国製だが)、こういうガラクタ(失礼!)で生計を立てている卸業もあるわけだから、その方々の身になって考えればあまり強いことは言えないが、でも、捨てられるものを作る方がもっと虚しいのではないか。

では、何がうれしいかというと…。
おいしいお菓子とか、食べられるもの。つまり、無くなるもの。
デザインの好き嫌いに関係ない消耗品とか。そして、軽く小さなもの(会社のロゴ入りの紙袋をぶらぶら提げて、他を回らなきゃいけないのは結構つらい)。
コンビニやドラッグストアで使えるクオカードみたいなものもいい(厚かましくてすみません)。
以前、ルームスでいただいた「ハバイアナス」のビーサンもうれしかった(自分のサイズ、しかも好みの配色で作ってくれた、待ち時間が長くてその分、会場を見る時間が減ったが)。
最近、エコバックというのが多いが、あれもたくさんたまってしまって、もういいかな(そんなにたくさんあっても仕方がない)。

誰もあまり口にはしないけれど、同じ意見の人は少なくないように思う。

 2008/11/29 22:01  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

美文字ブームに思う
世の中、何やら「美文字」ブームである。任天堂DSも盛んに宣伝している。
私もきれいな字が書きたい。でもあの文字矯正法はちょっとどうかなと思う。
少し前にブームになった「絵手紙」のヘタウマ文字も好きになれなかった。
「美文字」も「絵手紙」も、根の部分はとても似ている。
つまり、誰かのお手本があって、それを真似て書いているのだ。お勉強好きの日本人はこういうのが昔から大好きだ。

私は子供の頃は、几帳面と言われ、印刷文字のようなきっちりした文字を書いていたものだが、いつの間にか、ものすごい悪筆になってしまった。
職業柄、人の話を聞きながらものすごい速さでメモしなくてはならないということもあるが、いつの頃か、字はすべて走り書きになってしまって、きちんとした字が書けなくなってしまったのだ。
インタビューしながらの取材ノートなんて、自慢でないが、自分でも何て書いてあるか判明不能なことが少なくない。

きれいな字を書くといえば、編集者という職業の、特に女性には字のきれいな人が多い(今はどうか分からないが)。
しかも決して無個性でなく、その人の人柄や教養も伝わってくるようなきちんとした字。あんなきれいな字で原稿依頼状とか、お礼状とかいただいたら、私のようなへぼライターでもその気になってがんばってしまう。
皆、子供のころから優等生で、きれいな字を書くことが嗜みの一つとして教育されてきた人々なのだろう。
最近は編集者ともほとんどメールのやりとりになってしまったが、美しい字で手紙をいただくのは本当にうれしい。

それでも、お手本をなぞっただけの「美文字」には魅力がない。文章も絵も音楽もそうであるように、ただ上手いというだけでは、人を感動させることはできないのだ。
いくらテクニックはレベルが高くても、その人が伝えたい何か、つまり強烈な「個」のないものは空虚なだけ。
「美は乱調にあり」を信条とする(?)私としては、何事も下手は下手なりにがんばっていこう。
でも、悪筆はどうにかしたい。少なくとも、自分の字を後から見てつくづく嫌気がさすのは悲しい。
 2008/11/22 23:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

オンラインシアターの夜
先週、衛星放送で観た『恋人たちの距離』(原題は「ビフォア・サンライズ」)にえらく感動した私。ネットでいろいろ調べていたら、続編があることが分かり、ついでにオンラインで映画を観るというシステムを初めて利用してみた。

画質はやや劣るが、それさえ気にしなければ、とにかく観たい時に観たい映画がすぐ観られるので、本当に便利。
1作品単位で、24時間367円。レンタル屋さんに借りに行く手間を考えると、これは安い。
私は映画を見るのは絶対映画館派だが、同じ家のパソコンで観るなら、オンラインシアターという選択肢は使えると思った。

ところで、映画の題名は『ビフォア・サンセット』。「夜明けまで」の前編に対し、続編は「日暮れまで」と、実にしゃれている。
偶然に出会い、限られた時間を過ごす男女の物語(イーサン・ホーク&ジュリー・デルピー)。前編はウィーンを舞台に、9年後の続編はパリを舞台に、2人でほとんど歩きながら英語でしゃべり続けているのだが、その会話やお互いのやりとりが実にいいのだ。
この映画の監督や脚本を手掛けているのは、アメリカのインディペンデント系映画出身のリチャード・リンクレイターという人。ものすごいセンスの持ち主だと思う。
前編の最後の場面、2人が再会を約束して別れた後、少し前まで2人がいたウィーンのいろいろな場所が不思議な余韻で映し出されたように、続編の方では最初のタイトルバックの場面で、これから2人が行くパリのいくつかの場所が逆回しで映し出される。この演出はものすごく強烈な印象を残す。いずれも観光名所というより、何気ない街角とか、2人が存在していた空気感を伝えてくれる場所。

とくに何がおきるわけでもないし、いわゆるラブシーンはほとんどない(特に続編は「触れもみで」といった風情)のだが、久々にものすごくロマンチックな映画だった。両方とも。
ああ、この映画好きだなあ。
 2008/11/18 23:37  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)

「大琳派展」最終日
大好評の「大琳派展」。行きたい、行きたいと思っているうちに、ついに最終日になってしまった。
今日は午後から友人の演奏会があったので、その前に走りこんできた。

上野まで行くのも遠いが、駅からも結構歩く。国立博物館に到着したと思ったら、そこからがまた歩く。そして入場するのにまた時間が。
(運よく5分位しか並ばなかった。これと同じことを最近経験したなと思ったら、そうだ、原宿の「H&M」。銀座に比べると予想以上にすんなり入れてびっくり)

最終日の日曜日、会場の混雑は予想していたが、やっぱりすごかった。
とにかく正味30分弱しかないから(「大琳派展」を30分で見ようというのも我ながらすごい)、小品はスキップ。大きな作品のみに絞ることにした。人だかりの頭の山の上から、作品をのぞきこみながら移動するという感じ。

こんなあわただしい見方をしてもったいなかったが、でも、やっぱり行って良かった。
日本の伝統的な美術の、真髄のようなものに触れることができた。
動物を描いたものもダイナミックでよかったが、四季の自然をあらわしたものが、本当に繊細で美しい。
そこに吹く風、空気の動きを感じさせるものにとくに引かれた。
世襲ではなく、時代を超えていろいろな人が継承してきた「琳派」という世界には、普遍的な魅力がある。

題材が題材だけに外国人の割合も多かったが、とくに今回は、全体的に熱心に鑑賞しているインテリ層が多かったように思う。
日本人は皆、本当にお勉強好きだとつくづく思う。
今が、日本の伝統的なものを見直すのに絶好のタイミングだったこともあるだろう。
でも、これだけ同国の人が集中的に詰め掛けるというのは、海外ではそうないように思う。
それにしても、この展覧会はもう一度ゆっくり観てみたい。

 2008/11/16 23:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

簡単パスタでランチ
週に何日と決まっているわけではないが、家で終日、仕事をしていることもある。
そんな時、昼食はたいてい麺類で、スパゲッティが多い。
原稿書きの途中なので、何より簡単にできるし、程よく気分転換ができるのがいい。
よく作るのは、以下…。どれもパスタをゆでている間に用意できちゃう。つまり所要時間10分。

・トマトとバジルのスパゲッティ(皮をむき種をとったトマトとバジルを適当に切って、塩コショウ、オリーブオイルで合えるだけ。どちらかというと夏向き)
・アサリのスパゲッティ(フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくスライスを入れ、砂抜きしたアサリを入れて、口が開いたら白ワインをたらす。さらにバターを入れて固めにゆでたパスタを入れてまぜる。最後は万能ねぎのみじん切りをたっぷり)
・納豆スパゲッティ(ゆであがったパスタの上に、混ぜ混ぜした納豆、大根おろし、時々生卵、市販のつゆの素を上からかける。最後に万能ねぎのみじん切り、海苔をたっぷり)
・キャベツと桜エビのスパゲッティ(パスタと一緒にキャベツもゆでて、塩コショウ、オリーブオイルで合えるだけ) 

今日は初めて、一度作ってみたかったバジリコスパゲッティに挑戦。
きっかけは、よく行く青果売り場で6パック100円!のバジルを見つけたこと。
(ついでに買った3パック10円!のスペアミントはそのままハーブティにして昨日、今日といただいた)
松の実やハードチーズも買っておいたので、準備万端。
まず、松の実1袋を器に開けて、すりつぶす(何しろ家にはすり鉢、すりこぎがないのでちょっと大変)。
そこにチーズを削ってたっぷりと入れ、にんにくを1かけおろして入れる。
たくさんのバジルはみじん切り(ミキサーがあったら楽だろうな)。これを加えてよく混ぜ、塩コショウで味付け、カップ半分以上のオリーブオイルを少しずつ入れて、ペースト状にする。

スパゲッティがのびちゃう、早く食べなきゃ。テーブルセットにはかまっていられず、そっけない写真になってしまった。
味の方は? ちょっとにんにくが強過ぎたが、まあまあ。
とにかく栄養満点なので、食べているに体がぽかぽか温まってきた。
スタミナがついたせいか、予定の原稿もさらさら進んで、完了。

残りは瓶詰にして冷蔵庫へ。あと2回は楽しめる。
 2008/11/12 15:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ