« 2008年09月 | Main | 2008年11月 »
老父母の3番目の娘
50歳ともなると、両親ともに健在という人は少数派だ。
幸いにも、うちは大病をすることもなく、2人で何とか暮らしている。私は、ドアツードア片道2時間弱で行ける距離のところに住んでいるのに、これまで年3回位しか帰省しなかったほどだ。
周りの同年代に比べると若いと思っていたが、さすがに80代になってから老いを感じさせるようになり、最近になって人並みにいろいろなことが起こり始めている。

今月は、父の入院騒ぎが2回あった。脳に出来た血の塊を取る手術で、手術そのものは1時間かからないような簡単なものなのだが、その後に4・5日入院しなくてはならず、病院に通って世話をする母の健康状態も心配だ。
病気になった老人の心身のケアも大変だが、看病する側の老人も大変。私たち子供たちは普段別々に暮らしているので、どうしても母一人に負担がかかってしまう。

こういうときこそ、大切なのは家族の協力体制だろう。一人っ子で両親の介護に追われる人に比べると、役割分担できるきょうだいがいるというのはありがたい。
普段は、私より両親の近くに住む妹に任せっきりの面が多いが、妹も自分で小さな店をやっているので、そう店を空けるわけにはいかない。私も実はこの時期、年間でも最も多忙な時期にさしかかっている。
今回はどうなることやらと思っていたら、普段、両親が何かとお世話になっているHさんが車で送り迎えしてくださった。それだけでなく、手作りの夕食を携えて、一人の夜を過ごさなくてはならない母に遅くまでつきあってくれたのだ。
40代前半の女性(専業主婦)で、車を運転しない両親を時々ドライブに連れ出してくださったり、多忙なご主人の出張の時などには家に遊びにきてくださったりしている。「遠くの親戚より近くの他人」ではないが、実の娘たち以上に、普段から細やかな心遣いで両親に優しく接してくれる。まるで3番目の娘のよう。

昨日、手術を無事終えた父は、一晩は病院で過ごしたが、「もう病院の食事は嫌だ」と、先生のおゆるしを得て母を呼び出し、さっさと退院してきてしまった。
最近の病院の設備はきちんとしているし、先生も看護婦さんも申し分ない。それでもやはり家がいいのだという。やれやれ。
何よりお世話になったHさんに、電話でお礼を伝えた。「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と。

 2008/10/31 22:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

仏アウトドアブランド
久し振りに渋谷のキャットストリートに行って、驚いた。
ナイキ、パタゴニアをはじめ、スポーツブランドやアウトドアブランドのショップが軒を連ねているのだ。
UAもいつのまにか「チャンジス」がなくなり、アウトドア風のセレクトの店に変っていた。
表通りと違ってサブカルチャー色の強いこの通りにも、時代の変化が克明に反映されている。

久々にキャットストリートに行ったきっかけというのは、フランスのアウトドアブランド「ラフマ」の直営店のオープニング。
ハイテクイメージの強いアメリカのブランドとは違って、どことなく泥臭いクラシックな雰囲気は、さすがフランスのブランドだ。

店内にあった伝統的な麻のリュックに、目が釘付け。
数十年前、こういうリュックを背負って、登山なんかしてたなあ。

(店内でリアルな写真を撮ったのに、操作ミスで消してしまったので、代わりに同ブランドの絵葉書から)
 2008/10/29 21:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

最終に間に合わない
また、やってしまった。
六本木の国立新美術館で開かれていた「独立展」の最終日。午後6時の閉館に間に合うように、5時前に美術館に到着した。
独立美術協会に属す画家のCさんが送ってくれた招待状を入口で差し出そうとして、ふとチケット売り場の上を見ると、独立展のポスターの上に、ど〜んと「終了しました」の文字。
え!そんなはずが…。 「小さくですが、その招待状に書いてあるはずです」と係員。
こんな小さい字は読めない!

六本木は近くて便利だし、いつでも行けると思ってのんきに構えていたのが良くなかった。2週間の会期はあっという間。行こう行こうと思っているうちに最終日が来てしまったのだ。
月曜日の昨日は、朝からバタバタ、わさわさしていて、家を出るのがすっかり遅くなってしまったというわけ。
後悔しても始まらない、Cさんにはお詫びの手紙を出そう。気を取り直して、ちょうど同館でやっている「巨匠ピカソ展」を観ることにした。独立展の招待状で100円割引にしてくれた。

セルフマネージメント力抜群(?)と言われる私だが、こういうことは多々ある。最終ぎりぎりで飛び込んだつもりで行くと、もう終っていたということが。

教訓。
招待状やチケットの類は、老眼鏡をかけて、隅から隅までチェックすべし。

 2008/10/28 10:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ブログ1周年記念!?
おかげさまでブログを初めて、今日でまる1年となりました。
50歳を目の前に意を決して(?)始めたブログなので、つまり、また誕生日が近づいいてきたということ。ああ、1年経つのは速い。
物書きの性か、どれだけの人にどんなふうに読んでいただいているかは気になるところ。微増の右肩上がりで安定したアクセス数をいただいている。
まさに、継続は力なり、である。
どれだけの情報価値があるかは分からない(少なくともトレンド情報にはなっていない)が、コアな読者(?)の方々のおかげで、ここまで続けてくることができた。
これからもよろしくお願いいたします。

さて、自分への誕生日プレゼントというわけではないが、最近、気に入って購入したネックレスがある。
グレーや茶色などいろいろな服に映える、淡いグリーンの石のネックレス。「サーペンティン」という名の石で、「ニュージェイド」とも呼ばれているらしい。
ペンダントヘッドの部分は、樹脂の中にハンガリーの古い切手が封印されている。
アンティーク切手と天然石を組み合わせた一点ものジュエリーを作っている、川浪友花子さんの「yukunia」というブランドだ。
http://www.yukunia.com
10月30日から1週間、赤坂にある60年代のマンションの一室で開く「ネックレス展」に参加するそうなので、興味のある人はのぞいてください。

私は大のアクセサリー好き(狭義でなく、雑貨全般)。
細部にこそ、その人の個性があらわれるものだと思うし、いわゆるトレンドに関係なく、ずっと身につけられるところがいい。
今持っているアクセサリーは、きっと、おばあさんになってもずっと身につけていると思う。

ジュエリー類については、以前は圧倒的にシルバー派だったが、近年はゴールド(本物に限らず)が自分になじむようになった。
ある「見える」人に、「あなたはゴールドがいい」と言われたのもきっかけになった。
より肌に密接するもの、たとえばピアスやシンプルな指輪は、やはり本物のゴールドがしっくりくる。これは何だか、シルクのランジェリーと似ている。
デザインの重要性はもちろんだが、ジュエリーはお守りでもあるから、皮膚感覚を大事にしたい。


妹からもらった(早めの)誕生日プレゼントも紹介しよう。
熊本・小代(しょうだい)焼きの井上尚之さん作の湯飲み茶碗。
手に持った時の感触、大きさ、重さなどが、私にしっくりして、いい感じ。
日本各地の窯元から若い作家が続々登場しているが、伝統を受けつぎながらも、今の時代の風を受けているのがおもしろい。日常的に気軽に使えるものを作っている人が多いのも特徴だ。
井上さんの作品も、スリップウエアなどには北欧の雰囲気を感じさせるものがある。

 2008/10/27 12:54  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

今の気分は、シャツ
ここのところ何が着たいかって、布帛のシャツが着たい。ブラウスもいい。
カットソーは着やすくって便利なのだが、ちょっと厭きが来たのだ。
そういうわけで、普段はカットソー派の私も、あちらこちら、意識してシャツやブラウスを物色しているのだが、ぴったり来るものがなかなかない。

もともとシャツの苦手な私にとって、なかなか合うものが見つからない。
メンズのTシャツやポロシャツが、厚い胸板のある男性でないと難しいように、女性のシャツも、ある程度ボリュームのあるバストに似合う。もっといえば、長い首、骨格のはっきりした立体的な顔立ちも欲しい。
まるで正反対の私は、最もシャツの似合わないタイプであることは十分承知している。

それでもシャツの気分なのだ。
しかもストレッチの入ったプレーンなビジネスシャツというタイプでなく、肌ざわりのいいもの、インナーとして肌になじむものが欲しい。
「45rpm」でアンティーク風の白いシャツブラウスに引かれたが、2万円近くする価格にはちょっと尻ごみ。
そこで見つけたのが、「無印良品」のオーガニックコットンの二重ガーゼ製。丈が短めなのが気になったが、3045円だから贅沢は言っていられない。
かなりの妥協ではあるが、試着もせずに購入してしまった。

これからの季節、ウールのセーターやカーディガンにさりげなく合わせたい白のシャツ。
そして、ちょっと女性らしい雰囲気の出せるブラウス。
昨年とは違う着こなしをするために必須アイテムなのに、市場ではなかなかお目にかかれない。
 2008/10/25 22:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ