« 2007年12月 | Main | 2008年02月 »
1920年代のファッション展
パリでサロン(展示会)回りに明け暮れている中、ちょっと抜け出して、ガリエラ博物館で開かれている「LES ANNEES FOLLES 1919−1929(激動の20年代)」という展覧会へ行ってきた。
パリではいつも、その時々のトレンドというか、時代の空気を先読みしたファッションの展覧会を行っている。

1920年代といえば、私の最も好きな時代。アールデコ真っ盛り、日本はちょうど昭和初期、モボモガが闊歩していた時代だ。
西洋の女性たちは、長く続いたコルセットから解放され、スポーツにダンスにと、活動的になり、男性のようなギャルソンスタイルも登場。
ポール・ポワレやシャネルをはじめ、職業としてのファッションデザイナーが台頭した時代でもある。私のお気に入り、ヴィオネも数点。
文化の関心も世界に解放され、シノワズリーやジャポニズムなど、海外のエスニックな文化も色濃く受けるようになった。

コート好きの私としては、贅沢な織物や金糸の刺繍などの装飾をあしらったもの、卵型シルエットや着物風でもあるゆったりしたおしゃれなコートに目が釘付け。
腰で着るよううな、ローウエストをポイントにしたストンとしたドレスも、ぜひこの春に着てみたくなった。
1920年代のファッションは、それ以前のものとは違って、今もそのまま着られるようなものがいっぱい。
靴やアクセサリー・小物類、化粧品や香水もなじみがある。
パリでしか見られないコレクションのすばらしさはもとより、映像や写真も含めた展示の仕方、趣のある空間もあいまった、すばらしい展覧会であった。
やっぱり私はファッションが好き、と再確認させてくれた。

それにしてもつくづく思ったのは、ファッションというのは、その時代を生きる女性の気持ちの変化であるということ。
日本のファッションビジネスにかかわる人々は、それを忘れている人があまりにも多いのではないだろうか。

 2008/01/28 02:40  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

パリの「UNBRIDALED」展
セーヌにかかる橋、ポンヌフの目の前にあるモネ・ド・パリで、スワロフスキーの「UNBRIDALED」という展覧会が開催されている。
「伝統とアヴァンギャルドの結婚」という副題がついている通り、ウェディングをコンセプトに、世界のクリエイターに作品を依頼したもの。

日本からは、ドレスキャンプ、ユミ・カツラ、ワコールディア(神尾敦子)、神田うのなど、数人が参加していた。
「日本」を意識したもの、意識しないもの、日本の美意識を違う角度から表現したものなど、多様なウェディングの表現が見られた。

フランスならではの伝統的な建造物の中で、夢幻の世界が広がっていた。

DRESSCAMP
神田うの
WACOALDIA(左側)
YUMI KATSURA


 2008/01/26 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

開拓の余地ある国際空港
海外取材に出発の朝、東京はこの冬初めての雪になった。いつものように、家の近くのホテルからバスに2時間近くゆられて、成田空港に向かう。この「儀式」も、もう50回近くになろうか。
インターネットでチケット予約やチェックインが簡単に出来るようになったからだいぶ楽になったが、それでも、やっと空港に到着すると、預ける荷物が規定より重いとか、希望していた座席がないとか、カウンターで必ず不条理なひと悶着がある。最初は3キロオーバーといいながら、やりとりしているうちに結局はスーツケースの外側に入っていた袋物などガラクタを1キロ弱減らしただけでパスとなり、座席も最初はもういっぱいといっていた非常口前の広々とした席がとれたりする。何事も粘り強く会話をしながら交渉。日本の社会では普段あまり必要のないこういうことが、旅の快適性を左右する。日本の空港でさえこういうふうだから、海外ではますます重要になってくる。特に荷物に関しては、まさに「行きはよいよい、帰りは怖い」なのである。
レートのなるべくお得な銀行を探して、外貨を換金。機内の食事にたどりつけるまでは時間があるから、少し蕎麦で腹ごしらえ。さあ、そろそろ中に入ろうかというところまで、起床から5時間以上が経過している。やれやれ。

今回は、六本木ミッドタウンにある「ジカバー・ニッポン」が、北ウイング5階に新店をオープンさせたというお知らせをいただいていたので、出国手続きに入る前にちょっと寄ってみた。
同店は、日本全国の物づくりを現代のライフスタイルに合うかたちで提案している注目店。NPOと連携したネットワークで活動している会社が運営していて、社長は岡山県にある家具木工メーカーの2代目だ。
場所が分かりにくい所にあるのと、まだ知名度不足か、お客は誰もいなかったが、これまでのお土産物屋とは一味もふた味も違ういい雰囲気。ミッドタウン店のような充実した品揃えとはいかないが、日本手ぬぐいやおせんべいなど、海外への気軽なお土産にぴったりな小物から、日本通の人も納得するような質の高い工芸品が並ぶ。和菓子がいただけるカフェもある。

東京都の石原知事が、三宅一生、コムデギャルソンといった日本を代表するデザイナーの店を国際空港に作りたいと、先日、新聞紙上で発言していたが、こういう日本のクリエーションや技術の高さを表現した店が成田空港に出たのは、待ってましたという感じ。海外への買い物需要だけでなく、空港につきもののストレスも鎮めてくれる。
「駅なか」が発展した今日、次なる開拓チャネルとして、空港はもっと活用されてもいいと思う。
 2008/01/23 04:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

春は内側からやってくる
今日は「大寒」。その名の通り、この冬一番の寒さの中、ふわりとした春の優しさに包まれた。
青山にある邸宅風の結婚式場、「コンヴィヴィオン」を会場に開かれた、「ワコールディア」の2008春夏の新製品展示会。
「空の力」をテーマに、エアリーなクリームやポピーピンクのシルクのナイトドレスをはじめ、雲の合間からはるか遠くをみわたしたような微妙なニュアンスの色がいっぱい。しゃくなげやデイジー、チェックなど、抽象的な思いの込められた具象柄のレースが彩りを添えていた。

同ブランドは、東京ミッドタウン内への出店を機に、まさにランジェリーのラグジュアリーブランドとして軌道に乗せてきている。デビューから4年、感覚も技術も業界トップの実力を持つデザイナー、神尾敦子さんの指揮のもと、着実にファンを固めている。このテンポこそが重要だ。
見えない部分への美意識の高い層が、日本にも確実にいるんだと勇気づけられる。

従来のインナーウエアしか知らない人にとっては、同ブランドのコレクションは奇異に映るかもしれない。
レギンスなどいろいろなボトムとの重ね着が楽しめるペチコート、ブラウスとしてそのまま着られるキャミソール、華奢にしかもきれいにバストを見せるブラジャー…。
ファッションアイテムとして自由にコーディネイトできるものばかりだ。

春はインナーウエアから、心の解放は内側からやってくる。
 2008/01/21 21:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

フランス語で1日1文
今年になってから、フランス語で日記を書いている。
といってもまだ2週間。「日記」といえるようなものではなく、1日1文でもいいから、フランス語を書こうと年初に決めたのだ。
フランス語でうまく表現できないときは、英語で書くようにしている。
私にとっては、フランス語に比べると英語は実にuseful! 頼りになる存在だ(あくまでフランス語と比べて)。
ひとまず英語で書いておいて、後で、パリに数年住んでいた友人のNさんにちゃっかり聞くというわけだ。

例えばこんなふう。美容院で「髪の毛を切ってもらった」日。
I had my hair cut. (英語)
Je me fais coupe les cheveux. (フランス語 :アクセント記号省略)
言葉の違いだけでなく、英語とフランス語との文法の違いが興味深い。

フランス語を最初に習い始めたのは、もう21年前。仕事でフランスに行くようになったのがきっかけだった。
途中大きなブランクがあったが、それでも日仏学院、アテネフランセとフランス語学校に通い、近年は個人レッスンを受けるなど、恥ずかしながら合計7・8年はフランス語レッスンを定期的に受けてきた。それなのにまったく上達しない。
その原因は歴然としている。まず、何度やっても基本的な文法が覚えられない。というより、「習う」のは好きだけど、自分で勉強しないのだ。特にあの動詞変化がやっかい。あれは覚えるしか手がないが、全然頭に入らない(ではなく、勉強しないからなのだが)。
フランス語を習得している人の共通項は、お勉強が好きということ。どちらかというと内向的なガリ勉タイプが多い。フランス語が堪能な人は、たいてい頭の柔軟な大学時代に基本をみっちり叩き込んでいる。
とくに暗記優先のお勉強が大嫌いな私は、フランス語習得に一番遠いタイプなのはよく分かっているが、それでも止めたくない。その理由は、やっぱり「好き」だから。

とにかく、フランス語を習いに行っても、私の場合、お金をドブに捨てているようなものなので、こうなったら自分一人、家で無理せずに少しずつ、できる範囲で続けようと思ったのだ。
これは日本語の文章修業も同じ。このブログを利用させていただいて、毎日、何かしろ「書く」という行為を続けようというのが今年の大きな課題である。
 2008/01/15 12:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ