Main | 2007年11月 »
大切な友人が里帰り
「年をとるって素敵なことじゃない!」
月日の流れ方がどんどん早くなり、ああ、また1歳年を取る…とおびえる私をこう諭すのは、パリに住むK子さん。
化学者として大手化粧品メーカーに勤めるご主人の転勤のため、東京に2、3年暮らしていたが、昨年夏、バカンス中のヨーロッパで具合が悪くなって、大腸癌が見つかり、東京に帰って来られなくなった。それ以来、抗がん剤を打ちながら、パリ郊外で療養生活を続けている。

そんなK子さんが、里帰りを兼ねて、ご主人と久々に日本にやってきた。
短い東京滞在の間、ホテルの近くの居酒屋に、かつて夫妻の家に集まっていた友人たちが集まり、前と同じようにワイワイがやがや。昨夜は楽しいひとときを過ごした。

彼女はお料理上手、もてなし上手の、まさにホームパーティの達人。神楽坂の家には何度となく遊びに行った。「気心の知れた友人たちとゆっくり会話を楽しむのがパーティ」という通り、彼女の心遣いは実に自然で、ゲストたちはいつもリラックスして心から楽しんだ。
そこで彼女の音大時代の同級生、ドイツ留学時代の友人、子供たちの通うリセ(フランス人対象の小学校・中学校)の父母たち(ほとんど日仏カップル)と、多くの友人と知り合った。
彼女の病気を私が最初に知ったのも、「ホームパーティ」がきっかけ。ある雑誌にホームパーティを気軽に開こうというテーマで原稿を書こうとしていたとき、これはK子さんに取材しない手はないと電話したものの、なぜか全然連絡がつかないというのが発端だった。
彼女の病気が判明してからというもの、彼女の家で親しくなっていた友人同士が連絡をとりあい、新しい情報に一喜一憂してきたのだ。

幸いなことに、私はこれまで大病をしたことがないし、家族や友人など周りにも癌を患った人が誰もいなかったから、突然療養生活を余儀なくされてしまった人に何をしてあげたらいいのか、どう接していいのか、全然わからなかった。
家で着る部屋着とかパジャマとか、彼女が読みたいという本を送る位しか、考えつかない。抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまった時は、パリ在住の友人の帽子デザイナーに、夏用の涼しい帽子を子供たちとおそろいで作ってもらった。
今回の東京滞在中は、私が信奉する植物療法士のセラピーを薦めたりしている。
でも、そういうこと以上に、今は一緒にいる時間を思いっきり楽しみたい、自分は何もできないけれど彼女を遠くから見ていたいと思っている。

K子さんはもともとフルーティスト。音楽を勉強していたドイツで、フランス人のご主人と出会って結婚。新婚時代は神戸で震災に遭遇している。そういう強運の持ち主だから、今回の病気もどうにか切り抜けられると私は信じている。
私が最初にK子さんに会ったのはパリ。病気になってからも、仕事でパリに行くたびに、K子さんに会いに行っている。
体調はどんな感じかなと、いつもおそるおそる会いに行くのだが、聡明で明るい彼女といる時間はいつも理屈抜きに楽しくて、アッという間に時間が過ぎてしまう。お見舞いに行ったはずの私の方が、励まされて帰ってくるのだ。

明日はもう東京を離れる前日。彼女の大好きなフランス料理レストランで、一緒に昼食をとる約束をしている。

K子さんが東京の家を引き払うときに、私が受け継いだ観葉植物の鉢。1年経って2倍の大きさに育った。
 2007/10/30 17:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ジム通いはルーティン
日曜日午後はたいていジムに行く。時間を見つけて平日も行くが、日曜日はやはり気分がリラックスできる。
何を隠そう、私は、フィットネスクラブチェーン「ティップネス」のオープン時から、20年来(!)の会員だ。途中、企業吸収もあって、今はものすごい数のチェーン展開をしているが、最初の第1号目は渋谷店。今も変わらずロフトの隣にある。

最初の10数年は、重い腰をあげて、週1回、エアロビクスをやりに行く程度だったが、4、5年前からパワーラッシュ(ダンベルを使った筋肉トレーニング)、2年ほど前からヨガをやるようになって、通う頻度が増えた。渋谷、五反田、六本木の各店を、都合に合わせて使い分けている。マシンエクササイズは嫌いなので一切やらないし、エアロビクスはもうしんどいので止めた。
月1万円強の会費で何回でも通えるというシステムは、私にとってはとても便利。2005年は122回、2006年は117回と、手帳に記録されている。今年も10ヶ月で既に116回(クラス)とっている。1回のクラスは通常45分、短いもので30分、長いもので60分。3日に1クラスはとっている計算になる。我ながらよく通っている。週1回のパワーラッシュに週2回のヨガというのが、今の自分にとって適度なバランスだ。今日のように、時間に余裕のある日曜日は、パワーラッシュとヨガの両方を続けてとる。
本当はもっと通いたいが、これ以上は仕事に支障をきたすと思う。実は今でも、夕方からのショーやショップのプレオープンなどに行かなくてはならないところ、ストレス高じて、ジムへ行き先変更という日も少なくない。(失礼ながら)つまらないショーを見るくらいだったら、ヨガをしている方が心の平安が保てるが、そんなことをしているとどんどん人前に出るのが億劫になってくる。それも危険だ。

「ティップネス」の宣伝をするつもりはないが、会費が安い割に内容が充実した、なかなか優れたフィットネスクラブだと思う。常に時代のニーズに対応して、プログラムを見直している。他社をあまり知らないから比較は出来ないが、掃除やメンテナンスでいつも清潔に保たれているし、若いスタッフも皆きちんと挨拶して礼儀正しい。長年通っていても、とくに嫌な経験はない。

ただ、一つ、不満なことがある。新入会キャンペーンはうるさいほどいつもやっているのに、20年会費を払い続けている会員に対しては何のサービスもない。今まで1回もないと思う。
ランニングコストのためには稼動会員数を常に保っておくことが必至なのは分かるが、長年のお得意さんに対して、何かもう少し、感謝をあらわすことをしてもいいのではないか。
古くからの顧客を大切にすること、これはあらゆる流通サービス業に共通していえることだろう。
 2007/10/28 23:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

はじめまして
1週間後、11月3日で満「50歳」になる。自分にとってこの節目は、重い。
組織の中にいないこともあって、普段、自分の年齢をあえて語ることはほとんどない。いや、もう誰も聞いてくれなくなった。
別段隠しているわけではないが、自分の年齢を率先して明かすと、いかにも「若く見える」という反応を期待する下心見え見えで、そういう自分があさましい感じがして嫌だ。

それに、異常に年齢を気にする日本の社会の中で、年代の枠組みから解放された人間関係を築きたいという思いも強い。年上であっても年下であっても、どういうポジションの人であっても、態度を極端に変えることは私の主義ではない。

とにかく、年齢不詳というか、年齢のない女でいたい。
少なくとも、年齢を重ねていくことに肯定的でいたい。そのために、今まで敬遠していたブログという手段を通して、自分自身をもう一度見直してみたいと決心した。
題して、「アンチエイジング日記」――。
医療や美容に特化した内容ではない。個人的な生活を通して、感じるあれこれを伝えたいと思っている。

さらに、ファッションビジネスに携わる皆さんにとって、50女ライフスタイル市場の参考になればという思いもある。
80代の母が「女学生時代と気持ちは同じ」と言うように、人の本質はいくつになってもあまり変わらないものだと思うが、肉体は刻々と変化している。あまり言いたくないが、「老化と闘っている」のは実感で、確かに(広い意味での)ボディケアに費やす時間とお金が増えた。
「肉体の変化」といっても、世にいうような「体型の変化」というレベルではない。
40代、50代を対象にした商品開発は昔からあるが、正直言って、そういう中に欲しいものはほとんどなかった。今でも、作り手と実際のターゲット層の意識には、何か大きな隔たりがあるような気がしてしかたがないのだ。

このブログが、業界に対する一つの提言になれば、幸せです。どうぞ暖かく見守ってください。
よろしくお願いします。











 2007/10/27 12:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ