« 2009年07月08日 | Main | 2009年07月16日 »
イタリアの職人芸
恵比寿のウエスティンホテルで開かれている「モーダ・イタリア」をのぞいてきた。
同時開催の「シューズ・フロム・イタリー」もあわせて70数社という出展者は、さすがに規模の縮小感が否めないし、その多くがコンサバミセス向けのファクトリーブランドだったりするのだが、中には注目に値するブランドも発見できる。




その一つが、柳・ラタンのメッシュバッグを得意とする「カパフ・ペッレッテリーエ」(capaf pelletterie)で、フィレンツエのメーカー。
今年からかぎ針ニットのきんちゃくバッグも登場し、既に方々のセレクトショップで目にする。
石のような丸くコロンとした止め具に、太めのゴールドチェーン、多様な色糸でざっくり編まれたニットに、見た目より軽いのが魅力。
荷物の多い私はとても無理だが、こういう小ぶりのバッグを粋に持ちたいものだ。

さらにシューズのフロアで気になったのが、「アレックス・バイ・マーキュリー」。
イタリア中西部にある工場で1点1点作られているもので、ソールとアッパーのつなぎ目がレザー・ステッチで縫い付けられているのが特徴。
ブーツ類はいかにもコアなイタリアという感じだが、サンダル類は軽くて涼しげ。
価格も良心的で好感が持てた。


いずれも、職人の手仕事が感じられるものたち。
ファストファッション全盛の今、人々が渇望しているのは、結局、こういう地域に根ざした伝統なのである。

 2009/07/14 10:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ