Main | 体と心にいいこと »
コレクションの変わらぬ風景
ファッションといえば、一般には華やかなファッションショーのイメージが先行する。しかし、少しでもあの中に身を置いた経験のある人の中には、あの独特の雰囲気が苦手という人が少なくない。
美しいコレクションそのものには何の罪もないのだが、そこに群がる人々によって排他的なムラ社会が形成されているのがファッション業界。映画『プラダを着た悪魔』までいかなくても、あれに近い虚飾や格付けは日本にも存在する。

東京コレクションが最も華やかなりし1980年代後半のテントの時代から細く長く見続けている私も、最近は遠方に住んでいることもあってなかなか足を運ぶことが難しくなった。
メルセデスベンツファッションウィークTOKYOとスポンサーの名を冠してから数回目になる今回。これだけは見逃せないと楽しみにしていたあるブランド(そのブランドがデビューしたての時に取材をして、小さな会場で実施した最初の展示会から知っていることもあるので私としては愛着がある)のコレクションに時間を合わせて行くと、既に会場は長蛇の列だった。
通常、プレス関係者は、業者や学生など一般来場者よりも早く着席することができるのだが、人気ブランドだけあって、プレスの印付のインヴィテーションを持った人々も並ぶような態勢になっていた。

そこでじっと観察していると、何人かの著名な人々も、私と同様に列に並べといわれている。その1人(スタイリスト)はたぶんそれに気分を害して帰った様子。もう1人(ファッションビジネス大御所)は、ショーが始まってから立ち見で観ていらっしゃることを遠くから確認。そして一番若いストリート写真を得意とする人は、何とブランド関係者の知り合いを中から呼び出し、最前列の席にちゃっかり座っていたことを後で発見した(ジャーナリストはある意味、このずうずうしさ、要領の良さが必須要素)。
ちなみに私は最後列の椅子で、重い荷物を足元に置き、煩わしい社交をすることもなく、コレクションを堪能することができた。

ショー会場に入ると、席はほぼ埋まっていて、最前列などは、こういっては失礼だがまだご存命でいらしたのかと思うような方々が、しっかり着席していらっしゃる。それは20年前と変わらない風景だ。
時代が変わって世代交代がおこり、メディアの勢力図がだいぶ変化していても、変わらないものは変わらないものだと感慨深いものがあった。

どんなにベテランでも有名人であっても、特等席に座ることにこだわるより、地べたに座れる覚悟のある人の方がかっこいいと私は思うのだが、そういう価値観の人はファッション業界にはあまりいない。
でも、そんなことは、すばらしいコレクションを観た後ではすっかり浄化されて忘れてしまうんだけどね。

 2014/03/19 21:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

サンダルとブーツの間
10月、11月という時期(つまり秋ですね)は、足元のおしゃれが楽しめる季節だ。
夏はどうしてもサンダルがメインだし、冬はやっぱりブーツが活躍する。
柄物のストッキングやタイツとパンプスの組み合わせが楽しめる時季というのは、結構短いのだ。
冷え症の私はついついブーツに頼ってしまうので、その前にこの時季を大切にして、10月になったら、レッグウエアのおしゃれをしようと思っている。
海外でもタイツや柄物はついつい買い込んでしまうので、まだはいていないものも少なくない。

靴といえば、この夏は壮絶な体験をした。
ここ小田原に来てから、毎日、坂道を下ったり上ったりなので、どうしても歩きやすい靴ばかりになり、きちんとしたパンプスはほとんどはかなくなってしまっていた。
ある酷暑の日、友人のお通夜に当たって、下駄箱から久しぶりに取りだした黒のパンプスを履いて家を出たのだが、家から歩くこと5分強。駅までの道のりの半分位に差しかかった時に、靴のかかとが壊れていることに気がついた。
そういえば、さっきから靴底がなぜかポコポコするなと思っていたのだが、見ると、靴底全体が破壊されているではないか(!)。
樹脂製の靴底というのは、はきやすいというメリットはあるが、温度差に弱い。
そういえば、冬の雪の日に靴底が壊れたことを思い出した。
いったんこうなると修理のしようがないという。
大好きな靴で、まだまだアッパーは大丈夫だったが、泣く泣く破棄した(下の写真は、その前に撮っておいたもの)。

あわてて家にもどり、別のベーシックな革底のパンプスをはいて、改めて出かけた(暑さで服は汗びっしょり)。実はこちらも、長年はかなかったうちに足の形が変化しているのか、踵がぱかぱかして歩きにくい。
足をひきずりながら、やっとのこと、目的の最寄駅に到着。改札口を出たところに、運よく、靴修理店があったので駆け込み、靴の中敷きを購入して、それ以降は事なきを得た。

久しぶりにはく靴には要注意。
それはストッキングやタイツも同様で、新品でも年月が経っているものは、ウエストのゴムなどが伸びきってしまっているから、注意が必要です。

 2013/09/21 20:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

足首を出すのは冷える
何かの紙面で見かけたのだが、人気スタイリストが大人の女性の着こなしのポイントとして、首、手首、足首の3つのポイントを見せるということを指南していた。
とくに柄パン全盛の今年、足首が着こなしの要になっていて、デニムでも何でもパンツの裾はロールアップしてはくのが「お約束」のようだ。

しかし、あえて言いたいのだが、真夏ならまだしも(いや真夏でも冷房の入った場所や電車の中は冷える!)、この時季に素足で、しかも足首を出すというのは相当に寒い。
私は足元が少し冷えただけですぐ具合が悪くなってしまう。
ついでに言うと、私はまだ首周りに巻くウールのストールも手放せない。

元気ぴちぴちの若い人が、素足にハイヒールというのはよく見かけるし、あのバランスがかっこいいことは分かるのだが、私は到底ムリである。
かといって、ロールアップの裾からタイツやソックス、あるいは肌色の透明なストッキングの脚がのぞくのは、どうも様にならない。

ブーツの季節は楽だが、これからの季節は実に悩み深い。
何かいい方法はないものだろうか。
 2013/04/16 21:24  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

セールで防寒必須アイテムを
年明け早々から、巷では恒例の秋冬物セールが始まっているが、私はどうも食指が動かない。
先立つものがないのと、周りに興味をひくような店がないこと。節約には絶好の環境にいるからである。

そういっても、最近のあまりのしゃれっ気のなさに我ながら嫌気がさし、ちょっとのぞきに行こうと、辻堂駅前のショッピングセンター、湘南テラスモールへ出かけた。

「ロンハーマン」は冷やかしで入り、「ZARA」は東京にいた頃のように結構念入りに見たが、結局は何も買わずじまい。ほかのチェーン店に比べると質がいいとはいわれているが、それでも「これを長く愛せるだろうか」と自問自答してみると、購入をやめてしまうのだ。

小物好きの私らしく、この日の戦利品は、帽子と手袋だった。

ファーのたっぷりしたベレーは、帽子メーカーの直営店(専業メーカーの直営店というのはあらゆる意味で良心的だと思う)で。

ファーを編みこんだニットという素材は、くしゃくしゃっとバッグの中にも入れられるし、どんな装いにも不思議に合う。冬に大活躍してくれる便利なアイテムなのだが、先日、大山の神社で10年近く愛用したもの(ゴムが伸びきっていたが捨てられなかった)を失くしてしまったこともあって、ちょうど欲しいと思っていたのだ。

先代のは明るいベージュのキャップだったが、今回はブラウンやグレーがまだらのようになっている色で、以前のよりシック。ベレーといってもたっぷりしているからアレンジがきく。
この店では、ニットファーは色も形も多彩な品ぞろえであった。
こういうのが売れ残っているなんて、皆、見る目がない。

「GAP」で購入した手袋の方は、柔らかなムートンで、裏側がフリースであたたか。微妙なグレーの色もいい。
私は人一倍、手が大きいので、まず日本製はまず無理。かといってメンズは幅が大きすぎて、がばがばでフィットしない。
GAPのような海外チェーンは狙い目なのだ。

何より、両方ともかなりお買い得になっていて、2つ合わせて、5000円強であった。
我ながらかなり価値ある買い物ができたと思う。
とくに手袋というのは、片方をどこかに失くしてしまったり、指先などに穴があいたりと、結構、消耗品なので、高いものは買わない。

これらは今月中旬からの海外出張で大活躍してくれるだろう。
 2012/01/12 15:44  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

現代のライフスタイルに合う服とは
アパログでも誰も話題にしないユニクロの新ライン。
私はこういうモダンなスポーツタイプの服はきらいではない。モード性はあまり感じないけれど、今のリアルなライフスタイルに便利。
新しいものはとにかく体験することが大事というジャーナリスト魂(というより単なるミーハー)のせいで、早速、購入してみた。
もちろん10月初旬の限定価格の際にネットで(田舎に住んでいると、ネット通販はホントに便利です)。

オフ白とグレーの組み合わせがかわいいボンディングパーカ、ブーツに合わせたい黒のストレッチパンツ(カットがきれい)、それにヨガウエアとしても普段のセーターのインナーとしても着れるウォームドライなどスポーツ機能系のトップス2点(色がきれい)、これだけ購入して11,260円。

もちろん、こういう機能素材のスポーツラインばかりじゃ味気なくて、おしゃれ心は満足できないけれど、ワードローブのコアアイテムになることは間違いない。
クラシックなウールアイテムといろいろコーディネイトしながら楽しみたい。本当に便利な服かどうか、結果が出るのはまだもう少し先だが。
 2011/10/04 22:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

前へ | 次へ
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ