« 2018年の助走スタート | Main | ネット通販の失敗3例 »
「江之浦測候所」で自分に出会う
今日の肌寒さからはウソのようだが、つい数日前は10月の最高気温では記録的な暑さ(日中の最高気温が30度)だった。ちょうどその日、夏から予約しておいた「江之浦測候所」(小田原文化財団)に見学に行ってきた。
自分にとって大切な区切りの日でもあったのだ。

「測候所」というと何やら天体か気象でも観測するようなイメージだが、現代美術のアーティストとして知られる杉本博司氏のまさに総合芸術が見られる新しい拠点。杉本氏自らがファンデーション(財団)を作り、10年の歳月をかけてこれまでの仕事の集大成をここに作ったのだという(まだ作業中)。

敷地面積全体では1万坪ともいえるらしいその広大な立地は、もと櫁柑山のあった所。
駅からしてタイムスリップしたような、ひなびた雰囲気の根府川の櫁柑山や、漁村のような風情の江之浦の海岸がもともと好きだったこともあって、何かよく分からないが、小田原の江之浦にできたここにぜひ見学に行きたいと思っていたのだ。
ディテールの一つ一つもすごいが、その施設全体がアート。
アートも人間も、それらを取り巻く自然や環境と融合し、一体化したかたちで存在していく。そうでないものは空しいのではないか、そんなことを想った。


天空の測候所で、私は自分の内側を測候した。
光学ガラスでできた舞台の上で演じられるものを観るのが楽しみ。
夏至の太陽の光がまっすぐに入ってくるように作られた細長いギャラリーは、相模湾に向かって伸びている。内部には世界の静かな海を写した写真が展示されていた。

高所恐怖症の私はやや怖い場所も。不規則な石段も多いので、足元にはご注意。


季節が大きく切り替わる直前に、実に稀有な体験をした。
私はこの日を境に、からだの中に何か新しいものが宿ったような気がしている。
こういうものが私の住む小田原にできたことは本当に喜ばしい。
 2017/10/16 13:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/813


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ