« 偉大なるアマチュア | Main | 人気のあじさい電車 »
自家製生姜パウダー
生姜がいつもより安めだったので、2袋買って、生姜パウダーを作った。
もともとは、母がガンになってから、生姜は生よりパウダーにして使うのがいいと、どこかのお医者さんの本に書いてあったのを見て、試してみたのがきっかけだ。
今回作ったのは久しぶりで、母が亡くなってから初めて。母が亡くなってこの夏で2年になるから、だいぶ間が空いたということだ。

作り方は以下の通り。
1 生姜を洗って皮のまま薄目の輪切りにする
2 シリコンの蓋付き鍋に入れて、電子レンジで10分チン(2袋だと2回に分ける)。部屋中に香ばしい生姜の匂いが広がる
3 驚くほど小さく縮んだのを、今度は天日干し(うちの場合は網をかけて日当たりのいいベランダで半日)
4 すり鉢に入れ、すりこ木で擦って粉末にする
5 密閉容器に入れて保存すると1年以上持つ

一番大変なのは4の作業。グラインダーがあればそれが便利だが、うちにはそういう文明の利器がないので、手でけっこう時間がかかる。カラカラに生姜が乾燥(長期保存のためにも必須)しているので、ものすごく堅い。
母が存命の時は、母が食卓の上で根気よくやってくれた。けっこう力も要るので大変。病気の母もこういうのは積極的に協力してくれた。

この粉末パウダーは生姜のエキスがぎゅっと凝縮しているので、栄養も満点。
煮物など火にかける料理に使うと最適だ。
特に冷え性体質の私にはぴったり。すりこぎですりながら生姜の香りを体に吸い込んだだけで、体が気持ちよくなった。
これで梅雨と夏、いや少なくとも今年いっぱい乗り切るぞ。

 2017/06/19 21:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/798


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ