« どぎゃんでんよか | Main | GOING HOME »
極寒のパリを離れる
今回のパリは寒かった。
この時季に取材を始めて31回目だが、今までで一番か二番位の寒さではなかったか。
マイナス5度を超えると、体の感覚がなくなる。

とにかく具合が悪くなりませんように、風邪をひきませんように、特にインフルエンザになりませんように、ウイルスが体に入ってもそれと戦う力をくださいと、まさに祈るような気持ちだった。

インフルエンザも困るが、帯状疱疹などはもっと困る。
ただの発熱は一晩でどうにかできるが、そういうわけにはいかない。

海外に来ると、感謝の気持ちが強まる。
激務の中で、いつも以上に守られていることを感じた。
元気で活動できるのは決して当たり前のことではない。

街歩く人は、たいていダウンコート(それも今年はフードに毛皮付のアウトドア風が多い)に帽子。
こう寒いと、コートは軽くて温かいという機能性が優先される。
私のダウンはけっこう薄手だが、保温性に優れていることが分かった。あと、耳を隠すことが大事。
寒さ、熱さという気温の変化に対処していくことが衣服の基本であることを痛感する出張でもあった。
 2017/01/27 07:31  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/783


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ