« ニュージーランドのワイン | Main | 新しい年も粛々と »
祖母40回忌に独り想う
今日、12月29日は祖母の40回忌だった。
それに気が付いたのは、1、2か月前のこと。祖母が亡くなったのは私が19歳の時だったから…と、ふと気が付いたのだった。
実は12月29日は祖母の誕生日でもある。誕生日と命日が同じ日なのだ。

あの日のことは忘れない。
当時、休みとなるとスキーに泊りがけで出かけていた私は、その時、出かける際に玄関先まで送ってくれた祖母に、何気なしに「さようなら」と言ってしまった。
そして、数日経った早朝、宿の人が足早に家からの電話を知らせに来る気配に、「あ、祖母に何かあったな」とすぐ察知した。出かける時は普通に元気だったが、風邪が悪化して容態が急変したのだった。
既に年賀状をすっかり書き上げて投函していたので、新年には亡くなった祖母の年賀状が方々に届けられた(母も祖母も筆まめ。何事も早め早めに準備する)。

祖母と一緒に暮らした時間より、その何倍も年月が経っているのに、私には祖母の存在が常に身近に感じられていた。夢にもよく出てきた。
母の晩年、母と一緒に暮らすようになると、母と祖母が私の中では同化したような気さえする。

祖母の40回忌にぜひお墓参りをと思い、先週、私としては約25年ぶりに祖母の故郷である熊本へ行ってきた。これは一つのケジメのようなものである。
本家の当主が亡くなったというのも大きなきっかけとなった。

これまでは母を通した親戚づきあいだったが、母が亡くなり誰もいなくなった今、はじめて一人で向き合うという機会を得て、今年になって多くの親類縁者に積極的に会う機会をつくってきた。
写真や名前だけでなく、その人柄やエピソードなどを知れば知るほど、家の歴史というものに対する興味も深まっていたからだ。

特に今回の熊本は、長くご無沙汰していたにもかかわらず、至れり尽くせりの歓待を受け、本当にありがたかった。何よりゆっくり話をする機会をいただいたことによって、今まで知らなかった新たな発見がいろいろあった。人というのはお互いに実際に会って話してみないと見えないことがたくさんある。
今回はお墓参りだけで4箇所(4家)、まさに祖先への供養の旅だったといえる。

今日は、古いアルバムを見ながら(整理しながら)、祖母のことを想う一日となった。



縁側でくつろぐ祖母(右)とまだ幼い母。昭和初期の幸せな時代

その昔、この家が建っていたところの現在の様子。白川の拡張工事によって、遊歩道となっている(目の前が白川小学校)


 2016/12/29 17:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/778


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ