« オイル、塩、出汁が決め手 | Main | 今年はサル年だった »
アナログはもはや贅沢?
最近、アナログ、デジタルという言い方をあまりしなくなったように思う。
それほど、デジタルが当たり前に私たちの生活の端々に浸透している。
ここまできたせいか、一種のノスタルジーとして、街中ではアナログ感覚の店が人気を得ているようだ。

例えば、喫茶店。「カフェ」でも「スタバ」でもなく、昔ながらのクラシックな「喫茶店」が街で目につく。
客層は中高年中心かとおもいきや、意外に若い人も少なくない。
懐かしさではなく、新しいものとして楽しんでいるのかもしれない。

その隣にあったのが、レコード屋さん。今や、音楽はネットを通して聞くのが当たりまえになっているが、それがすっかり浸透したせいか、最近ではレコードやカセットが見直されているという。

服にしても、ここまで合理化が進み、何でも便利なものばかり(しかも安い)が重宝されると、古着によってかつての趣味や嗜好性がよみがえる。

行きつくところまで行くと、人はその対極のものを求めるようだ。
ただ機能的で便利なだけでなく、不便であっても、その風情を楽しむというような。
アナログは一種のぜいたく品になってしまったのかもしれない。
常にアナログな立ち位置にいる私は、その振り幅が少ないが。
 2016/12/08 20:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/775


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ