« ワイヘキ島でワイナリー巡り | Main | アナログはもはや贅沢? »
オイル、塩、出汁が決め手
最近つくづく、塩をはじめ、おいしいものは調味料やだしが決め手だなと思う。

おみやげのつもりで買ってきたワイヘキ島のオリーブオイルを自分で使い始めたのだが、これが絶品。
いいもの、おいしいものを何でも知っている同島在住の芹澤さんのお勧めは確かであった。
こんなにおいしいなら、大瓶を買ってくるべきであったと後悔。

家にいる時、昼食は簡単なパスタが多いので、オリーブオイルをよく使う。
今日も定番パスタの一つ。パスタを茹でている中に適当に刻んだキャベツを入れて、ゆであがったら、ジャコを入れたザルにあげ、塩、コショウ、オリーブオイル、そして醤油少々たらすという超カンタンなもの。
いつもに増して、感激の味だったのは、オリーブオイルの効果に違いない。
夏だと、トマトと庭のバジルでこれをよくやる(ゆであがったパスタに混ぜて、塩とコショウ、オリーブオイルであえるだけ)。先日同じようにこのオリーブオイルを使ったら、絶妙の味であった。

もちろん、サラダにも大活躍。いいオリーブオイルがあれば、既製のドレッシングはいらない。

塩は、洋の料理にはフランス・ゲランドの塩、和の料理には友人にいただいた新潟県村上市の塩を使っている。自然のミネラルがいっぱい。
よくないのは、ついつい使い過ぎてしまう点。減塩は健康のために欠かせないが、どうせおいしいものをいただくのなら、いい塩を適量でいきたい。

だしについていえば、私はできるだけヨードを控えなくてはいけないので、家で使うのは、鰹節を基本にしただしパック。少量ずつ分かれているので、簡単で便利。以前のような粉末のだしの素は使わなくなった。


もともと化学調味料はあまり使わなかったが、最近はこういったものによって調味料がますますシンプルになってきている。味もシンプルでおいしい。
普段、忙しい時、面倒な時は店のお惣菜を買ってくることも少なくないが、どうもその味付けには飽きがくる。特にコンビニ弁当系には違和感覚えながらも、利用せざるを得ない時もあるというのが実情だ。
あまり純粋を追求すると、それと対極のものを体が受け付けなくなるのも、ある意味、困るので、要はバランスの問題と思っている。
 2016/11/27 13:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/774


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ