« 家系図ソフトは潜在需要大きい | Main | 残酷な情報格差の時代 »
理想的なバッグに遭遇
ファッションアイテムの中でもアクセサリー好き、雑貨好きの私だが、年齢と共に機能性がより重要になってきたのがバッグ。
まず、持ち歩く荷物が多いから、小さいバッグはダメ。かといって大き過ぎても、中に入れる荷物が動いてバランスが悪くなるからダメ。それに長時間持って歩くことが多いので、重い素材はダメ。
シンプルなトートバッグが一番なのだが、縦長だと荷物の重心が下にいくから重くなってつらくなるからダメだし、持ち手の長さも重要。
そんなこんなで、たくさん持っていたバッグ類も、もうムリと思うものは処分した。5年、10年と使っているとボロボロになってくるものもあるし、革製のものはカビが生えるからやっかいだ。

そんななか、仕事で都心に出かける時などに便利なバッグが欲しいなと思っていたところ、かなり理想的なバッグを見つけた。
アクセサリーのデザイナーとしても以前から少し知っていた板雅子(ばん・まさこ)さんという人の「アクリリック」というブランドで、工業用素材が使われている軽いバッグ。
大きすぎず小さすぎずの程よい大きさ。厚みがあるので、いくつものポーチや小物がきちんと収まり、しかも何がどこにあるかが一目で分かる。
それ以上に、ツーウエイの持ち手(柔らかい合皮)のバランスが絶妙で、短めで肩にぴったりはまり、しかも重さが軽減される感じで心地いい。
何種類かあった素材の中で私が選んだのは、レンズという新シリーズの落ち着いたグレー(メタリック過ぎないところもいい)。
1万5000円(税抜)という価格も適正だと思う。

カジュアルでありながら、エレガント。
私のスタイルにぴったりで気にいった。大切に使いたい。

 2016/10/07 23:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/767


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ