« 壊れて分かる機械のありがたさ | Main | 利休に出会う »
食の変化を体験した出張
そろそろ7月も終わり。今回のヨーロッパ出張は、特に後半は外食の機会が多く、食のバリエーションを堪能したので、ちょっとそれをご紹介。

オーストリアのとある町では、地元でも評判の伝統的な郷土料理の店へ。いずれも建物が歴史的な記念物。
ディナーのメインはゆで牛肉(ホウレンソウのクリームソースをかけて)。中央にこんもりしているのはホースラディッシュ(西洋わさび)。皿全体を撮らなかったので、ボリューム感は伝わらないだろう。

翌日のランチは、山の上の方にあった別の店で、わらじのように(いやそれ以上に)大きいカツレツ。レモンをぎゅっとしぼって。この半分はいただいた。

サワークラフトのサラダは完食。つけあわせは、必ずポテトだ。
私はこんなに肉を大量に食べることは、普段はほとんどない。
両方とも美味であったが、1年に1回で十分。

フランスでも伝統的な食の宝庫といわれるリヨン。正直いうと、全体的に味付けが濃くて、あまり舌に合わない。
これは前菜のジャガイモ冷製スープ。

繊細さと芸術性では、やはりパリ。これは日本人シェフによるものだが、旅の
最終日の心身の疲れをいやしてくれた。やはり野菜が多いのがうれしい。
前菜はオマールエビのサラダ、メインは赤魚のグリル。見た目にも美しく、夏らしい風情が漂っている。

ちなみに食事の相方は、前菜がフォアグラ、メインが鳩と、完全に肉食系。

ホテルの部屋での質素な夕食の夜があるからこそ、これらの特別な食事もとてもおいしくいただける。
また、どういうシチュエーションで誰と一緒に食事したかが重要なことは言うまでもない。
 2016/07/28 20:52  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/759


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ