« 肉体の痛みは共有できない | Main | グリーンカーテン始動 »
足首を出すのは冷える
何かの紙面で見かけたのだが、人気スタイリストが大人の女性の着こなしのポイントとして、首、手首、足首の3つのポイントを見せるということを指南していた。
とくに柄パン全盛の今年、足首が着こなしの要になっていて、デニムでも何でもパンツの裾はロールアップしてはくのが「お約束」のようだ。

しかし、あえて言いたいのだが、真夏ならまだしも(いや真夏でも冷房の入った場所や電車の中は冷える!)、この時季に素足で、しかも足首を出すというのは相当に寒い。
私は足元が少し冷えただけですぐ具合が悪くなってしまう。
ついでに言うと、私はまだ首周りに巻くウールのストールも手放せない。

元気ぴちぴちの若い人が、素足にハイヒールというのはよく見かけるし、あのバランスがかっこいいことは分かるのだが、私は到底ムリである。
かといって、ロールアップの裾からタイツやソックス、あるいは肌色の透明なストッキングの脚がのぞくのは、どうも様にならない。

ブーツの季節は楽だが、これからの季節は実に悩み深い。
何かいい方法はないものだろうか。
 2013/04/16 21:24  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/ueno/tb_ping/607


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

同感です。
見苦しいかもしれませんが、わたしは夏でもブーツ問題ありません。
Posted by:keix  at 2013年04月27日(土) 11:28


2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
keix
「みんなと一緒」が苦手 (2016年10月31日)
リボン
追悼 原田芳雄さま (2016年03月20日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
keix
「美」の感性を高める年に (2016年01月01日)
eriko
脳内に異常なし (2015年03月24日)
keix
オルタナティヴに生きる私 (2014年10月21日)
H・O
父のシューズを新調 (2014年09月19日)
keix
シルクの5本指ソックス (2014年07月24日)
eriko
母89歳の誕生日 (2014年06月12日)
cyoko
母89歳の誕生日 (2014年06月11日)
最新トラックバック
MOBILE ART (2008年06月30日)
服が捨てられない (2007年11月27日)

http://apalog.com/ueno/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ